Top > Search of Japanese Patents > ONE-HANDED MILKER

ONE-HANDED MILKER meetings

Patent code P10A015416
File No. 20‐18
Posted date May 14, 2010
Application number P2008-269330
Publication number P2010-096685A
Patent number P5187628
Date of filing Oct 20, 2008
Date of publication of application Apr 30, 2010
Date of registration Feb 1, 2013
Inventor
  • (In Japanese)川上 浩平
  • (In Japanese)山田 高也
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
Title ONE-HANDED MILKER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a milker for a mouse or a rat which is simply introduced, and improves the workability.
SOLUTION: The one-handed milker 1 for the mouse or the rat includes: an eppendorf tube 2; a plug 3; a milking pipe 4; an air release pipe 5; and a negative pressure adjusting pipe 6. The milking pipe 4 is an L-shaped pipe, inserted to the plug at one end, and attached to a nipple at the other end. The air release pipe 5 is also an L-shaped pipe, inserted to the plug at one end, and connected to a suction pump. The negative pressure adjusting pipe 6 is a straight pipe, inserted to the plug at one end, and extended at the other end in the axial direction in comparison with both L-shaped pipes. A worker pinches the eppendorf tube 2 in one hand, holds the milking pipe 4 with a middle finger and a thumb, attaches its end to the nipple of the mouse or the rat, opens and closes the end of the negative pressure adjusting pipe 6 with an index finger, and adjusts a suction power.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、マウスやラットは、実験動物として様々に使用され、薬効調査をはじめとし、基礎的情報として血液生化学的検査は極めてよく用いられている。



また、遺伝形質を調べたり親の食生活等による子への影響調査も行われるが、このとき、血液のみでなく、子への影響が大きいと考えられる獣乳も重要な評価試料と考えられる。



【特許文献1】
国際公開WO01/067064号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、片手持ち搾乳器に関し、特に、マウスやラットなどの実験用小動物の片手持ち搾乳器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
密封キャップつきであり、搾乳量を把握可能にする目盛が付された透明エッペンチューブと、栓体と、3本の管体と、を含むマウス用又はラット用の片手持ち搾乳器であって、
三本の管体は、透明搾乳管、陰圧調整管、および、排気管であり、栓体の軸方向に空けられた孔に差し込まれてそれぞれエッペンチューブ内と導通し、
搾乳管はL字管であって一端が栓体に深く差し込まれ微量の乳をエッペンチューブ下側にたまりやすくするとともに他端は乳首にあてがわれるものであり、
排気管もL字管であって一端が栓体に差し込まれ他端は吸引ポンプに接続されるものであり、
陰圧調整管は直管であって一端が栓体に差し込まれ他端は両L字管よりも軸方向に上に突出するにように延伸しており、
作業者が片手でエッペンチューブを握りつつもしくはつまみつつ中指と親指で搾乳管を保持し当該搾乳管の前記他端をマウスまたはラットの乳首にあてがい、人差指により陰圧調整管の前記他端をタッピングにより開閉して吸引力を調整可能にし
搾乳した獣乳を密封キャップにより密封し取扱性を高めたことを特徴とする片手持ち搾乳器。

【請求項2】
 
搾乳管の前記他端は、拡径し、かつ、面取り処理がなされていることを特徴とする請求項1に記載の片手持ち搾乳器。

IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008269330thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close