Top > Search of Japanese Patents > ELECTROMAGNETIC FLOWMETER

ELECTROMAGNETIC FLOWMETER

Patent code P10A015432
File No. 11607
Posted date May 14, 2010
Application number P2005-233186
Publication number P2007-047071A
Patent number P4359664
Date of filing Aug 11, 2005
Date of publication of application Feb 22, 2007
Date of registration Aug 21, 2009
Inventor
  • (In Japanese)荒 邦章
  • (In Japanese)此村 守
  • (In Japanese)近澤 佳隆
  • (In Japanese)相澤 康介
  • (In Japanese)相澤 利枝
  • (In Japanese)田口 淳三
  • (In Japanese)香月 健治
  • (In Japanese)竹島 徳幸
  • (In Japanese)清水 武司
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title ELECTROMAGNETIC FLOWMETER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electromagnetic flowmeter that can miniaturize an exciting arrangement and can be applied to pipelines in diversified sectional shapes.
SOLUTION: The electromagnetic flowmeter 10 measures the flow rate of a conductive fluid flowing in the pipeline 1. The electromagnetic flowmeter 10 comprises the exciting arrangement 11 for forming a magnetic field orthogonally crossing a pipeline outer wall 1b, and a pair of electrodes 2a, 2b for measuring electromotive force generated when the conductive fluid crosses the magnetic field. The electrodes 2a, 2b and both the magnetic poles of the exciting arrangement 11 are intensively arranged at one side of the pipeline outer wall 1b.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の電磁流量計として、例えば特許文献1に記載の液体金属電磁流量計が知られている。この電磁流量計は、液体金属の管路を挟んで対向配置されて、管の軸線と直交する向きの磁界を形成する一対の磁石と、上記磁界を液体金属が横切ることにより発生する起電力を計測するための一対の電極とを備え、上記起電力の測定値から液体金属の流量を導き出すようにしている。
【特許文献1】
特開平10-176937号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、管路を流れる液体金属等の導電性流体の流量計測を行う電磁流量計に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
管路を流れる導電性流体の流量計測を行う電磁流量計であって、
管路外壁と直交する磁界を形成するための励磁装置と、前記磁界を導電性流体が横切ることにより発生する起電力を計測するための一対の電極とを有し、それら電極と前記励磁装置の両磁極とが管路外壁の外側で、かつ片側に集約して配置され、さらに、
前記励磁装置は、所定間隔を配して管路外壁に沿って配置した板状部と、この板状部の両端および中央部より管路外壁に向かって延出する3本の柱状部とからなる鉄心と、
前記柱状部の各々に巻装した励磁コイルとを備え、
前記3本の柱状部のうち、中央の柱状部の先端に現れる磁極と、両側の柱状部の先端に現れる磁極とが互いに極性が異なるように前記励磁コイルに電流を印加するとともに、中央の柱状部の先端両側に前記一対の電極を配置していることを特徴とする電磁流量計。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005233186thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close