Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF MANUFACTURING POROUS CERAMIC USING WASTE GLASS-REINFORCED PLASTIC

METHOD OF MANUFACTURING POROUS CERAMIC USING WASTE GLASS-REINFORCED PLASTIC meetings

Patent code P10P006706
Posted date May 21, 2010
Application number P2008-274979
Publication number P2010-100497A
Patent number P5167520
Date of filing Oct 25, 2008
Date of publication of application May 6, 2010
Date of registration Jan 11, 2013
Inventor
  • (In Japanese)木之下 広幸
  • (In Japanese)池田 清彦
  • (In Japanese)海津 浩一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 宮崎大学
Title METHOD OF MANUFACTURING POROUS CERAMIC USING WASTE GLASS-REINFORCED PLASTIC meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an effective utilization technique for a waste glass fiber-reinforced plastic.
SOLUTION: Tile of a porous ceramic is manufactured by a step of: mixing the glass fiber-reinforced plastic and clay and molding; a step of firing at a temperature at which the plastic component in the plastic is decomposed; a step of raising the temperature up to a temperature at which the strength is increased by the glass fiber component in the plastic. A water-absorbing block for pavement using the tile is obtained.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


現在、我々の身の周りには様々なプラスチック製品が使用されており、使用済みのプラスチックは廃棄プラスチックと呼ばれ、それらの処分が大きな社会問題となっている。この廃棄プラスチックの約60%はリサイクルなどの技術によって有効活用がなされているが、残りの40%は埋立てや単純焼却による廃棄処分が行なわれ、特にガラス繊維強化プラスチックは埋立て処分をする場合に、プラスチックに含まれるガラス繊維が環境を汚染する恐れがあり、その有効活用が強く求められている。



廃棄プラスチックの処理方法としては、サーマルリサイクル法、ケミカルリサイクル法、およびマテリアルリサイクル法があり、多種類の廃棄プラスチックに対して、これらの処理方法の中から最適なものが選択されている。しかしながら、これらの処理方法はいずれもプラスチックのみの廃棄プラスチックを対象とするで、上記のガラス繊維強化プラスチックを処理する場合には、プラスチックに含まれるガラス繊維の処理ができない場合があった。



そこで、廃棄ガラス繊維強化プラスチックの破砕物と熱硬化性樹脂との混合物をプレス加工して床材、舗装材ブロックとする技術が提案されている(特許文献1参照。)。また、銅製錬鉱さいに石灰石および粘土を配合した基材に、ガラス繊維強化プラスチック廃砕物を添加して成形後、焼成する多孔質セラミックの製造技術もある(特許文献2参照。)。



【特許文献1】
特開2002-294614号公報
【特許文献2】
特開平6-116057号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、セラミックの製造方法であって、とくに廃棄ガラス繊維強化プラスチックを再利用した軽量で強度の高い多孔質セラミックの製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
廃棄ガラス繊維強化プラスチックと粘土を混合して成形するステップと、該プラスチックのプラスチック成分が分解する温度の700~1000℃まで昇温する第一焼成ステップと、前記プラスチックのガラス繊維成分が溶融しない温度の1100℃までさらに昇温する第二焼成ステップを含む、前記プラスチック由来の溶融していないガラス繊維により強度増加した多孔質セラミックの製造方法。

【請求項2】
 
前記第二焼成ステップにおける焼成温度において、所定の時間保持する第三焼成ステップをさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の多孔質セラミックの製造方法。

【請求項3】
 
廃棄ガラス繊維強化プラスチックと粘土を混合して成形するステップにおいて、ガラス繊維成分を全体質量比8%以上含有するように混合することを特徴とする請求項1又は2のいずれか1項に記載の多孔質セラミックの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008274979thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close