Top > Search of Japanese Patents > EARLY BLOOMING METHOD BY SEED BREEDING, AND SEED-BRED SEEDLING PRODUCED BY THE SAME

EARLY BLOOMING METHOD BY SEED BREEDING, AND SEED-BRED SEEDLING PRODUCED BY THE SAME commons meetings

Patent code P10A015487
Posted date Jun 4, 2010
Application number P2006-228033
Publication number P2008-048664A
Patent number P4967123
Date of filing Aug 24, 2006
Date of publication of application Mar 6, 2008
Date of registration Apr 13, 2012
Inventor
  • (In Japanese)藤重 宣昭
  • (In Japanese)山根 健治
  • (In Japanese)吉田 雅夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
Title EARLY BLOOMING METHOD BY SEED BREEDING, AND SEED-BRED SEEDLING PRODUCED BY THE SAME commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an early blooming method by seed breeding, breeding seeds of peaches for appreciation so as to early bloom in a current year seedling, and to provide a seed-bred seedling produced by the early blooming method.
SOLUTION: This early blooming method comprises early blooming by seed breeding, plants belonging to a group called stone fleshy fruits in Rosaceae plants, and has a process of sowing seeds which are subjected to sprouting promoting treatment, and promoting growth until seedlings come to have a prescribed number of nodes by which the seedlings reach a mature phase from an immature phase without making the seedlings naturally dormant, and a process of subjecting the seedlings which have a prescribed number of nodes to stress treatment to promote floral differentiation of buds. The seed-bred seedling is a seedling bloomed by the early blooming method by seed breeding, and has an immature phase area and a mature phase area.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


種子を播いて果樹などの樹木作物を育てた場合には、果実が成るまでにはおよそ3年以上の長い期間を必要とする。これは、果樹などの樹木作物を種子から成育させると、初めは花芽ができない「幼若相」が存在し、ある大きさまでに生育して初めて花芽を形成できる「成熟相」に達するためである。例えばモモを例にすれば、発芽した後に栄養成長と自然休眠を繰り返し、2~3年の幼木期を経て3~4年目に花芽がつくとされている(例えば、非特許文献1を参照)。



一方、挿し木や接ぎ木により果樹などの樹木作物を育てた場合には、成熟相に既に達している樹木から、接ぎ穂や挿し穂を採り、これを挿し木や接ぎ木をして育てるので、すぐに花芽ができる。したがって、観賞樹木では、挿し木や接ぎ木をしてから1~2年で観賞でき、専ら苗は栄養繁殖で供給されている。また、挿し木などの栄養繁殖で供給されれば、同一の形質を有する苗木を無数に供給することができるので、上述した種子繁殖は品種改良を行う際の交雑実生を獲得する時に行うことがあっても、通常の苗木生産には利用されないのが実情である。
【非特許文献1】
石田雅士著、「果樹園芸大百科5 モモ」、出版元:農文協、p.21~30、p.53~54(2005年)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、種子繁殖による早期開花方法及びその方法で生産した種子繁殖苗木に関し、更に詳しくは、観賞用モモ等のバラ科植物の中で核果類と称する群に属するものを種子繁殖させ、実生当年で早期に開花させることができる種子繁殖による早期開花方法、及び、その方法で生産した種子繁殖苗木に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
バラ科植物の中で核果類と称する群に属するものを種子繁殖により早期に開花させる方法であって、
発芽促進処理された種子を播き、実生苗を自然休眠させることなく当該実生苗が幼若相から成熟相に達する所定の節数に至らせるまで生育を促進する工程と、
前記所定の節数に至った実生苗にストレス処理を行って花芽分化を促進する工程と、を有することを特徴とする種子繁殖による早期開花方法。

【請求項2】
 
前記花芽分化促進工程におけるストレス処理が、前記実生苗の主幹周囲の断根処理、又は、水欠乏処理である、請求項1に記載の種子繁殖による早期開花方法。

【請求項3】
 
前記花芽分化促進工程において、前記ストレス処理後に花芽分化した実生苗を落葉後に一定時間低温遭遇させる、請求項1又は2に記載の種子繁殖による早期開花方法。

【請求項4】
 
前記バラ科植物の中で核果類と称する群に属するものが、モモ、スモモ、アンズ、ニワウメ、ユスラウメ、フラワーアーモンド等である、請求項1~3のいずれかに記載の種子繁殖による早期開花方法。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれかに記載の種子繁殖による早期開花方法により開花させた苗木であって、幼若相領域と成熟相領域を有することを特徴とする種子繁殖苗木。

【請求項6】
 
前記苗木は、観賞形質別に選別された実生集団からなる苗木である、請求項5に記載の種子繁殖苗木。

【請求項7】
 
前記苗木は、モモ、スモモ、アンズ、ニワウメ、ユスラウメ、フラワーアーモンド等である、請求項5又は6に記載の種子繁殖苗木。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close