Top > Search of Japanese Patents > ULTRASONIC PROBE, ULTRASONIC DIAGNOSTIC APPARATUS, AND ULTRASONIC DIAGNOSTIC METHOD

ULTRASONIC PROBE, ULTRASONIC DIAGNOSTIC APPARATUS, AND ULTRASONIC DIAGNOSTIC METHOD commons meetings

Patent code P10A015495
Posted date Jun 11, 2010
Application number P2008-281175
Publication number P2010-104656A
Patent number P5382685
Date of filing Oct 31, 2008
Date of publication of application May 13, 2010
Date of registration Oct 11, 2013
Inventor
  • (In Japanese)吉澤 昌純
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人首都大学東京
Title ULTRASONIC PROBE, ULTRASONIC DIAGNOSTIC APPARATUS, AND ULTRASONIC DIAGNOSTIC METHOD commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an ultrasonic probe for satisfying electric safety with respect to a human body, reducing a load on a patient, and obtaining high scanning precision, and to provide an ultrasonic diagnostic apparatus, and an ultrasonic diagnostic method.
SOLUTION: The ultrasonic probe 2 includes: a hollow needle body (first cylindrical part) where the distal end is formed in a needle shape; a tube part (second cylindrical part) which is interpolated, so as to be projectable/retractable in the direction of the center axis C of the needle body with respect to the distal end of the needle body; an ultrasonic conversion part for alternately converting an electric signal and ultrasonic wave; a rod (a transmission part) 15 which is formed to be elongated, inserted into the tube part, and irradiated with the ultrasonic wave transmitted in the direction of the center axis C from the distal end surface arranged close to the distal end of the tube part; a vibration source 16 for vibrating the rod 15 in at least one axial direction to be orthogonally crossed with the center axis C of the rod 15, independently from the ultrasonic wave, with respect to the tube part; and a support part 17 for turnably supporting the rod 15 to the tube part at the node N of a wave motion W to be transmitted to the rod 15 by the vibration source 16.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


臓器に発生した病変を診断する方法として、病変部の生体組織を採取し、この生体組織を鑑別して診断する方法が知られている。しかし、この診断方法では生体組織を体外に摘出し、さらに固定および染色してから検査を行う必要があるので、ただちに診断することができない。また、採取した生体組織が生体内の状態から変化してしまうという問題がある。



そこで、穿刺針に超音波変換器を取り付けて被検組織の病変部に直接刺入し、超音波を照射して被検対象である病変部の音響インピーダンスを計測することによって、組織性状を測定して周囲の生体組織を画像化する針状超音波プローブが提案されている(例えば、特許文献1,2参照。)。



特許文献1に記載の方法においては、100MHz程度の比較的高い周波数の超音波ビームを用い、直接体内に針状超音波プローブを挿入して診断する。そのため、超音波プローブそのものを針状に加工するため、生体内に挿入するには余りに針が太くなってしまい、超音波の無侵襲性を損ねてしまう。また、超音波を発生させるトランスデューサ(振動子)自身を生体内に挿入することになり、人体に対する厳格な電気的安全性が要求される。



そこで、トランスデューサが体外に配されるようにするとともに、石英やサファイアといったファイバを体内に挿入し、このファイバを介して超音波を体内に伝送する超音波プローブが提案されている(例えば、特許文献3参照。)。
【特許文献1】
特開平11-206759号公報
【特許文献2】
特開2000-221078号公報
【特許文献3】
再表2006/028249号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、超音波プローブ、超音波診断装置及び超音波診断方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一部が被検組織に挿入されて超音波を照射する超音波プローブであって、
先端が針状に形成されて少なくとも先端側の一部が前記被検組織に挿入される第一筒部と、
該第一筒部の先端に対して前記第一筒部の中心軸線方向に出没自在に内挿された第二筒部と、
電気信号と超音波とを交互に変換可能な超音波変換部と、
細長に形成されて前記第二筒部内に挿入され、中心軸線方向に伝達された前記超音波が前記第二筒部の先端近傍に配された先端面から照射される伝送部と、
前記第二筒部に対し、前記超音波とは別に少なくとも前記伝送部の中心軸線と直交する一つの軸線方向に前記伝送部を振動させる振動源と、
該振動源によって前記伝送部に伝達される波動の節にて、前記伝送部を前記第二筒部に回動自在に支持する支持部と、
を備えていることを特徴とする超音波プローブ。

【請求項2】
 
前記支持部が、前記一つの軸線方向と直交する軸線回りに前記伝送部を回動自在に支持することを特徴とする請求項1に記載の超音波プローブ。

【請求項3】
 
前記被検組織と接触するとともに前記超音波が透過する音響窓が前記第二筒部の先端に配され、
前記音響窓が、前記第二筒部の外側に凸状に、かつ内側に凹状に形成されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の超音波プローブ。

【請求項4】
 
前記音響窓の厚さが、該音響窓を伝播する際における前記超音波の波長のN/4倍(Nは自然数)であることを特徴とする請求項3に記載の超音波プローブ。

【請求項5】
 
前記音響窓の音響インピーダンスが、前記伝送部の音響インピーダンスと、前記被検組織の音響インピーダンスと、の積の平方根又はその近傍の値であることを特徴とする請求項3又は4に記載の超音波プローブ。

【請求項6】
 
前記伝送部の先端面が外部に対して凹状に形成されていることを特徴とする請求項1から5の何れか一つに記載の超音波プローブ。

【請求項7】
 
前記超音波変換部と前記振動源とが一体となっていることを特徴とする請求項1から6の何れか一つに記載の超音波プローブ。

【請求項8】
 
前記伝送部の少なくとも一部が石英又はサファイアから構成されていることを特徴とする請求項1から7の何れか一つに記載の超音波プローブ。

【請求項9】
 
請求項1から8の何れか一つに記載の超音波プローブを備えていることを特徴とする超音波診断装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008281175thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close