Top > Search of Japanese Patents > PLANT DISEASE CONTROL AGENT

PLANT DISEASE CONTROL AGENT commons meetings

Patent code P10A015499
File No. GI-H28-58
Posted date Jun 18, 2010
Application number P2007-059639
Publication number P2008-222579A
Patent number P5380648
Date of filing Mar 9, 2007
Date of publication of application Sep 25, 2008
Date of registration Oct 11, 2013
Inventor
  • (In Japanese)清水 将文
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title PLANT DISEASE CONTROL AGENT commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve problems that although a plant disease control agent containing an actinomycete has received attention, a plant disease control agent that has been proposed has a little control effect, has difficulty in use as a substitute for an agrochemical on a production site and formulation with keeping a disease damage control activity of actinomycete requires many hours and a huge cost.
SOLUTION: The plant disease control agent includes a newly separated Streptomyces sp. MBCN152-1 strain that has a higher control effect and is readily formulated.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、野菜や花卉植物の子苗は、ハウスや温室内で行うセル成型育苗や育苗箱栽培、ポット栽培など様々な方法を利用して生産されているが、育苗中に植物苗が病原菌に侵され商品価値を失う場合が少なくない。このような病害を防除するため様々な防除方法が講じられている。例えば、化学合成農薬の散布や種子消毒(温湯殺菌、殺菌剤粉衣)、育苗培土と育苗用資材の化学的(有毒ガスによる土壌燻蒸等)・物理的殺菌(高温殺菌、太陽熱殺菌)などである。



一方で、化学合成農薬の散布は、反復使用により耐性病原菌の出現を誘発する危険性が指摘されている。また、ハウスなどの密閉空間での農薬散布は作業従事者の健康に影響を及ぼす危険性が高く、野菜等では食品としての安全性が損なわれる。そこで、薬剤耐性菌が生じにくく、人体への害も少ないものとして、放線菌を有効成分とする植物病害防除剤が発明され、開示されている(特許文献1)。



しかし、これまでに提案された放線菌を含む植物病害防除剤は防除効果が乏しく、圃場レベルで化学農薬の代替物として使用することが困難であった。そこで、効果的に病害防除ができる新規な放線菌を用いた植物病害防除剤が求められている。



また、放線菌は製剤化することにより、製造現場、流通現場、圃場等での取り扱いが容易になるため、微生物を含む液体を微細な霧状にして熱風(30~50℃)中に噴出させ、瞬間的に粉状の乾燥物を得る噴霧乾燥法(スプレードライ)の開発が進められ、実用化が期待されている。しかし、一般に放線菌は熱に弱く、これまでに報告されている放線菌を該方法で処理すると、病害防除活性が低下する、菌自体が死滅する等の問題点がある。従って、該方法を適用するためには、病害防除能力が優れ、且つ耐熱性を有するという特徴を有する新規な放線菌が必要となる。



【特許文献1】
特開2004-143102号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ストレプトミセス(Streptomyces)sp. MBCN152-1株を含有する植物病害防除剤、及びそれを用いた植物病害防除方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ストレプトミセス(Streptomyces)sp. MBCN152-1株(NITE P-331)を含有してなる植物病害防除剤。

【請求項2】
 
ストレプトミセス(Streptomyces)sp. MBCN152-1株を(NITE P-331)含有する植物病害防除剤が水溶液であることを特徴とする請求項1記載の植物病害防除剤。

【請求項3】
 
請求項1及び2のいずれかに記載の植物病害防除剤を用いることを特徴とする植物病害防除方法。

【請求項4】
 
植物が苗及び種子のいずれかであることを特徴とする請求項3記載の植物病害防除方法。

【請求項5】
 
植物がアブラナ科に属するキャベツであることを特徴とする請求項3及び4のいずれかに記載の植物病害防除方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007059639thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close