Top > Search of Japanese Patents > THERMOELECTRIC CONVERSION MATERIAL

THERMOELECTRIC CONVERSION MATERIAL meetings

Patent code P10A015516
Posted date Jun 18, 2010
Application number P2008-201312
Publication number P2010-040724A
Patent number P5256555
Date of filing Aug 4, 2008
Date of publication of application Feb 18, 2010
Date of registration May 2, 2013
Inventor
  • (In Japanese)北川 裕之
  • (In Japanese)久保 衆伍
  • (In Japanese)山田 容士
  • (In Japanese)山田 裕
  • (In Japanese)松下 明行
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
  • (In Japanese)国立大学法人 新潟大学
  • (In Japanese)国立研究開発法人物質・材料研究機構
Title THERMOELECTRIC CONVERSION MATERIAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide materials which have a high Seebeck coefficient in a temperature range below room temperature.
SOLUTION: Disclosed is the thermoelectric conversion materials containing rutile type titanium oxide doped with boron. Especially, the rutile type titanium oxide doped with the boron has a Seebeck coefficient of ≥500 μV/K in a temperature range below 300 K. Those thermoelectric conversion element materials are doped with powder of titanium and boron oxide through plasma sintering.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、環境意識の高まりから熱電変換に関する研究も脚光を浴びてきており、廃熱として見過ごされていた熱を、電気として回収ないし再利用する研究が注目されている。具体的には、たとえば、産業用のコンプレッサーや抵抗器などで発生する熱を電気として回収する方法や、人工衛星の電源としての利用が挙げられる。



熱電変換材料としては、BiTe系が有名であり、この他、PbTe系、SiGe系材料が知られている。熱電変換材料の評価の一つとしてゼーベック係数があり、これが高いことが熱電変換に重要な役割を果たす。上記の熱電変換材料は、主として室温(300K)から500K、SiGe系にあっては1000K程度までにおける特性を利用するものである。実際、Bi2Te3は室温付近では高い熱電性能を有する。



【特許文献1】
特開2006-176360号
【特許文献2】
特開平11-279605号

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、熱電変換材料に関し、特に低温域におけるゼーベック係数が著しく高い熱電変換材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ホウ素をドープしたルチル型酸化チタンであって、100K~300Kの温度域におけるゼーベック係数が500μV/K以上である熱電変換材料。

【請求項2】
 
ホウ素のドープ量が5×1018cm-3~5×1019cm-3である特徴とする請求項1に記載の熱電変換材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008201312thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close