Top > Search of Japanese Patents > HETERO TYPE 5-MER RECOMBINANT VACCINE

HETERO TYPE 5-MER RECOMBINANT VACCINE foreign

Patent code P10A015520
Posted date Jun 18, 2010
Application number P2003-412053
Publication number P2005-052135A
Patent number P4623625
Date of filing Dec 10, 2003
Date of publication of application Mar 3, 2005
Date of registration Nov 12, 2010
Priority data
  • P2003-279156 (Jul 24, 2003) JP
Inventor
  • (In Japanese)新川 武
  • (In Japanese)喜久川 政直
  • (In Japanese)島袋 勲
  • (In Japanese)只野 昌之
  • (In Japanese)松本 安喜
  • (In Japanese)辻 尚利
  • (In Japanese)佐藤 良也
Applicant
  • (In Japanese)株式会社AMBiS
  • (In Japanese)国立大学法人 琉球大学
Title HETERO TYPE 5-MER RECOMBINANT VACCINE foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vaccine capable of being produced in an industrial level by improving its production level and purification efficiency, and a component vaccine of Japanese encephalitis.
SOLUTION: This hetero type 5-mer is constituted of a fused monomer 32 consisting of a fused protein of an amino acid sequence having an immunogenic property with an amino acid sequence of a monomer of a mucous membrane-binding protein, and a non-fused monomer 20 consisting of the amino acid sequence of monomer of the mucous membrane-binding protein. The homo type 5-mer is constituted of a fused protein of an antigen derived from a border protein of the Japanese encephalitis virus with the amino acid sequence of monomer of the mucous membrane-binding protein. These hetero type 5-mer or homo type 5-mer can be used as vaccines.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


これまでのワクチン生産は、その殆どがウィルスや細菌の弱毒化や不活化によって行われてきた。しかし、近年の遺伝子組換操作技術の発達により、特定の病原体由来遺伝子のみを利用した組換えコンポーネントワクチンの可能性が示唆されてきた。現にB型肝炎ウィルスに対するワクチンは組換え技術によってつくられたものである。



しかしながら、粘膜組織に対する親和性の無いコンポーネントワクチン抗原を、直接粘膜面から投与しても、抗体産生等の抗原特異的免疫応答を誘導することは困難であった。そこで、粘膜親和性のあるコレラ毒素B鎖タンパク質(CTB)等の粘膜結合性タンパク質とワクチン抗原とを融合することにより、ワクチン抗原に対する鼻腔や腸管等での粘膜親和性を格段に向上させることが試みられている(例えば、特許文献1)。しかし、そのような融合タンパク質には、抗原によっては製造が困難であったり、ワクチンとしての機能を有効に発揮し得ないものもあった。



また、これまで、消化管粘膜結合性タンパク質と日本脳炎由来の抗原を結合させた融合タンパク質であって、日本脳炎のコンポーネントワクチンとして使用可能な抗体産生が確認できた融合タンパク質は知られていなかった。



【特許文献1】
特開平6-206900

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、融合タンパク質を含むヘテロ型5量体を用いた組換えワクチン、特に腸溶性経口ワクチンに関する。また、本発明は、日本脳炎ワクチンに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
免疫原性のあるアミノ酸配列と、粘膜結合性タンパク質のモノマーのアミノ酸配列との融合タンパク質からなる融合モノマーと、粘膜結合性タンパク質のモノマーのアミノ酸配列からなる非融合モノマーと、から構成されるヘテロ型5量体。

【請求項2】
 
前記免疫原性のあるアミノ酸配列と、前記粘膜結合性タンパク質のアミノ酸配列とが、リンカー部分を介して結合している請求項1記載のヘテロ型5量体。

【請求項3】
 
前記粘膜結合性タンパク質が、エンテロトキシンBサブユニット又はコレラ毒素Bサブユニットである請求項1又は2記載のヘテロ型5量体。

【請求項4】
 
前記免疫原性のあるアミノ酸配列が日本脳炎ウイルス外郭タンパク質由来抗原である請求項1~3のいずれかに記載のヘテロ型5量体。

【請求項5】
 
前記融合モノマーが、(1)配列番号1のアミノ酸配列;又は(2)前記アミノ酸配列に対して1又は数個のアミノ酸の欠失、置換、挿入及び/又は付加を有しかつ日本脳炎ウイルス抗原性及び粘膜結合性を有するアミノ酸配列からなる請求項4に記載のヘテロ型5量体。

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれかに記載の融合モノマーと非融合モノマーをコードするか、又は前記融合モノマーと非融合モノマーのコード配列と相補的な核酸分子。

【請求項7】
 
前記融合モノマーをコードするか、又は前記融合モノマーのコード配列と相補的な核酸分子が配列番号2で示される請求項6に記載の核酸分子。

【請求項8】
 
請求項6又は7記載の核酸分子を含み、形質転換宿主中において前記融合モノマーと前記非融合モノマーを発現できるベクター。

【請求項9】
 
請求項8に記載のベクターで形質転換された宿主。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003412053thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close