Top > Search of Japanese Patents > USER HEALTH MAINTENANCE ACTIVATION SUPPORT AND WATCHING SYSTEM

USER HEALTH MAINTENANCE ACTIVATION SUPPORT AND WATCHING SYSTEM commons meetings

Patent code P10P007136
Posted date Jul 2, 2010
Application number P2008-313793
Publication number P2010-140119A
Patent number P5327668
Date of filing Dec 9, 2008
Date of publication of application Jun 24, 2010
Date of registration Aug 2, 2013
Inventor
  • (In Japanese)山口 亨
  • (In Japanese)藤本 泰成
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人首都大学東京
Title USER HEALTH MAINTENANCE ACTIVATION SUPPORT AND WATCHING SYSTEM commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a user health maintenance activation support and watching system for enabling a user to achieve a preventive care by independently performing the maintenance of a motion function or the activation of mental and physical actions, and to make a quick report when an accident in residence occurs.
SOLUTION: The user health maintenance activation support and watching system includes: a user information input part 2 for acquiring the physical information of a user; a user recognition part 10 for analyzing the intention or condition of the user from the obtained physical information; an authorization part 11 for discriminating the intention or condition of the user; a comprehensive control part 15 having a server side operation part 13 for determining an operation pattern corresponding to the grasped intention or condition of the user; and a robot (expression part) 5 for expressing an operation based on the determined operation pattern to the user through movement. The user information input part 2 includes a camera 6 for acquiring the image of the user, and the user recognition part 10 includes a gesture recognition part 16 for calculating the direction of the face and the pointing direction of the user from the image.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、高齢者を中心とした要介護者の増大に伴い、様々な施策が提案されている。そのような状況下、介護を要する状態を引き起こさないために、また,介護を要する状態の進展を防ぎその軽減を図るために自助努力を基軸としつつ、保険・医療・福祉等の視点からなされる多面的なアプローチである介護予防という考え方が広がりつつある。



介護予防の流れとして,(1)健康増進・生活習慣改善,(2)生活習慣病予防・健康診断(検診),(3)疾病の早期発見・早期医療,(4)早期リハビリ・自助自立,そして、(5)廃用症候予防・寝たきり予防,という順に行われるという見方がある。これによれば、介護予防のためには、正しい生活リズムの維持、自分自身の健康状態に対する自覚、運動機能を維持するリハビリテーションとその持続が必要になる.そして,転倒などの事故を生じたときには、迅速な対応が図られるよう、見守りが必要になる。



こうした介護予防や見守りをできるだけ人手を介さずに実現するため、様々な方法が提案されている。例えば、特許文献1に示すように、音声認識ならびに音声合成可能なロボットを介してユーザの在宅健康管理を行うことが提案されている。
【特許文献1】
特開2004-337556号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ユーザの身体情報を取得するユーザ情報入力部と、
取得した前記身体情報からユーザの意思又は状態を分析するユーザ認識部、
前記意思又は状態を判別する認定部、
把握したユーザの前記意思又は状態に対して対応すべき動作パターンを決定する動作処理部を有する総合制御部と、
決定された前記動作パターンをユーザに認識させて実行させるために該動作パターンと同じ動作をユーザに実演して見せる表現部と、
を備え、
前記ユーザ情報入力部が、ユーザの画像を取得するカメラ、ユーザの生体情報を取得する生体情報測定部及び個人を特定する情報を取得する個人データ取得部を備え、
前記身体情報は、前記カメラから得られるユーザの顔の向き及び指さし方向に関する情報、前記生体情報測定部から得られるユーザの生体情報、並びに個人データ取得部から得られる個人を特定する情報であり、
前記ユーザ認識部が、前記画像からユーザの顔の向き、指差し方向を算出するジェスチャ認識部を備えていることを特徴とするユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステム。

【請求項2】
 
前記ユーザ情報入力部が、ユーザの住居内の移動の有無及び住居内制御機器のオンオフ状態を検出するセンサ部を備えていることを特徴とする請求項1に記載のユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステム。


【請求項3】
 
前記総合制御部が、
予め入力された基準に対して把握した前記意思又は状態が正常又は異常であるかを判定する判定部と、
異常と判定した場合、予め許可された第三者にその旨を連絡する通知部と、
を備えていることを特徴とする請求項2に記載のユーザ健康維持活性化支援及び見守りシステム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008313793thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close