Top > Search of Japanese Patents > GOLD FINE PARTICLE MODIFIED WITH METAL COMPLEX

GOLD FINE PARTICLE MODIFIED WITH METAL COMPLEX commons

Patent code P10P006817
File No. AF11P005
Posted date Jul 16, 2010
Application number P2008-332092
Publication number P2010-150629A
Patent number P5129110
Date of filing Dec 26, 2008
Date of publication of application Jul 8, 2010
Date of registration Nov 9, 2012
Inventor
  • (In Japanese)北川 宏
  • (In Japanese)金井塚 勝彦
Applicant
  • Japan Science and Technology Agency
Title GOLD FINE PARTICLE MODIFIED WITH METAL COMPLEX commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide new gold fine particles modified with a metal complex.
SOLUTION: The fine particles (gold fine particles modified with a metal complex) includes: a plurality of imidasol-4-dithiocarboxylic acids 12 disposed on gold fine particles and the surface 11 of gold fine particles; and a plurality of porphyrin metal complexes 13 coordinately bonded to the plurality of imidazole-4-dithiocarboxylic acids 12. The porphyrin metal complex 13 is at least one kind selected from a porphyrin cobalt(II) complex and a porphyrin zinc (II) complex. A metal complex 20 having a three-dimensional structure may be formed on the porphyrin metal complex 13. The metal complex 20 is composed of: metal ions 15; and an organic compound 14 having a plurality of parts coordinately bonded to the metal ions 15.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


金属微粒子は、触媒や微小電極としての利用価値が高いため、従来から様々な研究が進められてきた(たとえば特許文献1)。たとえば、金微粒子の製造方法が提案されている(特許文献2)。



一方、配位高分子や金属錯体は、光学的、磁気的、電気化学的に興味深い特性を示すため、従来から研究されている。たとえば、金属錯体や配位高分子からなる構造体が提案されている(特許文献3および4)。



【特許文献1】
特開2006-183092号公報
【特許文献2】
特開2003-342622号公報
【特許文献3】
特開2005-255651号公報
【特許文献4】
特開2007-63448号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、金属錯体で修飾された金微粒子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
金微粒子と、
前記金微粒子の表面に配置された複数のイミダゾール-4-ジチオカルボン酸と、
前記複数のイミダゾール-4-ジチオカルボン酸に配位結合している複数のポルフィリン金属錯体と備え、
前記ポルフィリン金属錯体は、ポルフィリンコバルト(II)錯体およびポルフィリン亜鉛(II)錯体から選ばれる少なくとも1種である、金属錯体で修飾された金微粒子。

【請求項2】
 
前記複数のポルフィリン金属錯体上に構築された、3次元構造を有する金属錯体をさらに備え、
前記金属錯体は、金属イオンと、前記金属イオンに配位結合する複数の部位を備える有機化合物とによって構成されている、請求項1に記載の、金属錯体で修飾された金微粒子。

【請求項3】
 
前記有機化合物が4,4’-アゾピリジンである、請求項2に記載の、金属錯体で修飾された金微粒子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008332092thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Development of the Foundation for Nano-Interface Technology AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close