Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR CONTINUOUSLY COLLECTING PARTICLE COMPONENT IN SOLUTION

METHOD FOR CONTINUOUSLY COLLECTING PARTICLE COMPONENT IN SOLUTION meetings

Patent code P10A015591
File No. 13212
Posted date Jul 23, 2010
Application number P2008-253778
Publication number P2010-082530A
Patent number P5733691
Date of filing Sep 30, 2008
Date of publication of application Apr 15, 2010
Date of registration Apr 24, 2015
Inventor
  • (In Japanese)長縄 弘親
  • (In Japanese)柳瀬 信之
  • (In Japanese)永野 哲志
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title METHOD FOR CONTINUOUSLY COLLECTING PARTICLE COMPONENT IN SOLUTION meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide: (1) a collecting method which adopts a new filterless process and can quickly, efficiently and inexpensively collect particle components in a solution; and (2) a method for simultaneously collecting the particle components and dissolved components in the solution.
SOLUTION: The particle components are collected using a phenomenon of coagulation of the particle components in a water phase to a liquid-liquid interface. The liquid-liquid extraction phenomenon of extracting the dissolved components in the water phase into a solvent phase through the liquid-liquid interface is used jointly to simultaneously collect the particle components and dissolved components in the water phase. Two-liquid mixing by an emulsion flow method, mechanical external force (agitation or vibration) applying method, or combination of both, promotes the coagulation phenomenon of the particle components to the liquid-liquid interface.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


溶液中の粒子成分の捕集には、通常、フィルタろ過法が用いられる。フィルタろ過法は簡単な操作で簡便に行うことができるというメリットはあるが、フィルタが目詰まりを起こすため、連続的に溶液を処理するには不向きである。また、フィルタは、通常、消耗品であることから、コスト面や廃棄物の発生という問題点もある。さらには、溶存成分の一部がフィルタに吸着されてしまう場合もあるため、粒子成分のみを分別的に回収したいというニーズにこたえられないことがある。



フィルタろ過法に代わる粒子成分の捕集法として、最近では、フィルタレスの手法である連続遠心分離法がよく利用されている(例えば、特許文献1を参照)。連続遠心分離法では、水溶液を連続的に処理して粒子成分を捕集することができる。ただし、連続遠心分離法を利用した装置は安価ではなく、処理時間が長くランニングコストも大きい、コンパクト・軽量ではない、処理能力が大きくないなどの欠点がある。
【特許文献1】
特開平09-085120号公報

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、目的物質である粒子成分が存在する水溶液(水相)と水と混じり合わない溶媒(溶媒相)とが成す液液界面に、水溶液中の粒子成分が凝集する現象を利用して、フィルタや遠心分離機を用いることなく、溶液中の粒子成分を連続して回収する方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
エマルションフローが発生するカラム部と、前記カラム部の上方及び下方に設置した相分離部を備えたエマルションフロー装置を用いて、溶液中粒子成分を連続回収する方法であって、
粒子成分を含む水溶液である水相を、前記カラム部内に噴出させ、前記水相の噴出と同時に、水と混じり合わない溶媒相を微細化した液滴を、前記水相の噴出と向い合うように前記カラム部内に噴出させることによって、前記カラム部内に前記水相と前記溶媒相の混合相から成るエマルションフローを発生させる段階、
前記エマルションフローが前記カラム部から前記相分離部に到達した際に前記エマルションフローの状態を解き、前記水相と前記溶媒相を相分離させる段階、及び
前記2つの段階を経ることで、前記水相と前記溶媒相の成す液液界面に凝集した前記水溶液中の粒子成分を、回収する段階から成ることを特徴とする溶液中粒子成分の連続回収方法。

【請求項2】
 
請求項1に記載の方法において、相分離した前記溶媒相を循環させながら、前記水相の噴出と向い合うように前記カラム内に噴出させることによって、前記水溶液中の粒子成分を回収することを特徴とする溶液中粒子成分の連続回収方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008253778thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close