Top > Search of Japanese Patents > COUNTERCURRENT EMULSION FLOW CONTINUOUS LIQUID-LIQUID EXTRACTION APPARATUS

COUNTERCURRENT EMULSION FLOW CONTINUOUS LIQUID-LIQUID EXTRACTION APPARATUS meetings

Patent code P10A015592
File No. 13209
Posted date Jul 23, 2010
Application number P2008-253779
Publication number P2010-082531A
Patent number P5305382
Date of filing Sep 30, 2008
Date of publication of application Apr 15, 2010
Date of registration Jul 5, 2013
Inventor
  • (In Japanese)長縄 弘親
  • (In Japanese)柳瀬 信之
  • (In Japanese)永野 哲志
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title COUNTERCURRENT EMULSION FLOW CONTINUOUS LIQUID-LIQUID EXTRACTION APPARATUS meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus capable of: (1) obtaining an extremely high extraction efficiency by generating an emulsion flow of excellent quality; (2) facilitating the upsizing of an apparatus by stably keeping the emulsion flow over a wide range; and (3) evading the hole a head part from being clogged by particle components in an aqueous solution.
SOLUTION: The countercurrent emulsion flow continuous liquid-liquid extraction apparatus comprises an apparatus body provided with a first head part jetting a water phase, a second head part disposed facingly to the first head part and jetting an extraction solvent phase, a column part generating an emulsion flow, an upper phase separation part set above the column part, and a lower phase separation part set under the column part; and a liquid feed pump. A countercurrent system is adopted with the water phase flow in countercurrent to the extraction solvent phase flow.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


水溶液に含まれる目的成分を、抽出剤を含む水と混じり合わない溶媒(有機溶媒など)に抽出する液液抽出法(溶媒抽出法)は、金属の精製、核燃料の再処理、廃水中の有害成分の除去、有価物質の分離・回収によるリサイクルなど、様々な産業において幅広く利用されている。水溶液中の成分を抽出する方法には、液液抽出法の他にも、樹脂などの固体をカラムなどに充填して用いる固体抽出法がある。液液抽出法は、固体抽出法と比べると簡便ではないと言われるが、抽出容量の大きさと迅速さでは固体抽出法に勝る。水溶液中の目的成分を効率的に液液抽出するためには、水相と抽出溶媒相をよく混合することによって液液界面の面積を大きくし、界面反応を促進させる必要がある。そこで、通常は、撹拌、振動(振とう)などを連続的に行って、エマルションの状態(水と有機溶媒などが混じりあって乳濁した状態)を十分な時間、維持させることにより、液液間の物質移行を平衡状態に達せしめる。



連続的に一定流量の水相と抽出溶媒相を導入しながら水相中の成分を抽出溶媒相に抽出する装置としては、撹拌機を利用するミキサセトラが広く普及している。また、パルス発生による振動を液滴分散に利用したパルスカラム、遠心力を利用して分散・相分離を行う遠心抽出機といった比較的新しい連続液液抽出装置(特許文献1参照)も、原子力などの分野で利用されている(あるいは、利用されつつある)。とくに、遠心抽出機は、2液相の接触効率、相分離効率に優れ、高性能でありながらコンパクトなので、使用済核燃料の再処理技術への適用が期待されている。
【特許文献1】
特開平09-085120号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、撹拌、振とうなどの機械的な外力を用いることなく連続的にエマルションの状態を発現させ、尚且つエマルション状態の流れ(エマルションフローと称する)を利用することで、水相と抽出溶媒相との効率的な接触を迅速に完了させる、エマルションフローによる2液相接触を利用した連続液液抽出装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
送液ポンプ、
前記送液ポンプによって送られて来る水相を噴出させる第1ヘッド部、
前記第1ヘッド部と対抗して配置され、前記送液ポンプによって循環される抽出溶媒相を微細化して水相に向けて噴出させる第2ヘッド部、
水相と抽出溶媒相のエマルションフローが発生するカラム部、
前記カラム部の上方に設置された上方相分離部、及び
前記カラム部の下方に設置された下方相分離部を備え、
前記上方相分離部には抽出溶媒相が集合し、前記下方相分離部では水相が集合し、前記上方相分離部の抽出溶媒相が、前記第2ヘッド部を通じて循環されることを特徴とする向流方式エマルションフロー連続液液抽出装置。

【請求項2】
 
請求項1記載の装置において、前記上方相分離部は、口の搾まった容器を前記カラム部の上方に挿入した構造を有し、前記下方相分離部は、前記カラム部よりも径が大きい容器をカラム部の下方に結合した構造を有していることを特徴とする向流方式エマルションフロー連続液液抽出装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008253779thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close