Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)セレノリン酸塩化物及びその製造方法

(In Japanese)セレノリン酸塩化物及びその製造方法 achieved

Patent code P10S000423
File No. GI-H15-21
Posted date Aug 13, 2010
Application number P2005-517906
Patent number P4538638
Date of filing Dec 9, 2004
Date of registration Jul 2, 2010
International application number JP2004018380
International publication number WO2005077961
Date of international filing Dec 9, 2004
Date of international publication Aug 25, 2005
Priority data
  • P2004-039043 (Feb 16, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)村井 利昭
  • (In Japanese)木村 力
  • (In Japanese)森下 健
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title (In Japanese)セレノリン酸塩化物及びその製造方法 achieved
Abstract (In Japanese)本発明のセレノホスフィン酸アミドは下記一般式(1)で示される構造を有している。セレノリン酸アミドは下記一般式(4)で示される構造を有している。セレノリン酸塩化物は下記一般式(7)で示される構造を有し、(R)体又は(S)体である。下記式中、Phはフェニル基を示し、R1及びR2はアルキル基を示し、R3は水素原子又はアルキル基を示し、R2及びR3から選ばれる少なくとも一方がキラルなアルキル基を示す。R4及びR8は水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、アリール基、アルコキシ基又はシリル基を示し、R5は-NR6R7又はアルキルピペリジル基を示す。R6は水素原子又はアルキル基を示し、R7はアルキル基を示す。
【化1】
 



【化2】
 



【化3】
 


Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、リン原子にセレン原子が結合しているセレノホスフィン酸及びセレノリン酸では、セレン原子以外にも水素原子、フェニル基等のアリール基、メチル基等のアルキル基、又はメトキシ基等のアルコキシ基がリン原子に結合しており、例えばハロゲン化銀写真感光材料の分光感度を高めるためのセレン増感剤として用いられている(例えば、特許文献1~7参照。)。
【特許文献1】
特開平5-40324号公報
【特許文献2】
特開平5-224332号公報
【特許文献3】
特開平5-224333号公報
【特許文献4】
特開平6-43576号公報
【特許文献5】
特開平11-24195号公報
【特許文献6】
特開2002-214736号公報
【特許文献7】
特開平6-258758号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、新規なセレノホスフィン酸アミド、セレノリン酸アミド、セレノリン酸塩化物及びそれらの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(7)で示される構造を有し、(R)体又は(S)体であるセレノリン酸塩化物。
【化6】
 


(式中、R8は水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、アリール基、アルコキシ基又はシリル基を示す。)

【請求項2】
 
請求項1に記載のセレノリン酸塩化物の製造方法であって、三塩化リン、トリエチルアミン、下記一般式(8)で示される構造を有し(R)体又は(S)体であるビナフトール誘導体、及びセレンを相互に反応させることを特徴とするセレノリン酸塩化物の製造方法。
【化7】
 


(式中、R8は水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、アリール基、アルコキシ基又はシリル基を示す。)
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

26286_58SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close