Top > Search of Japanese Patents > PRIMER FOR IDENTIFYING DIABETES TYPE 1-SENSITIVE GENE

PRIMER FOR IDENTIFYING DIABETES TYPE 1-SENSITIVE GENE

Patent code P10A015633
File No. QPN01007
Posted date Aug 31, 2010
Application number P2001-038621
Publication number P2002-238571A
Patent number P3551312
Date of filing Feb 15, 2001
Date of publication of application Aug 27, 2002
Date of registration May 14, 2004
Inventor
  • (In Japanese)井原 健二
  • (In Japanese)原 寿郎
Applicant
  • (In Japanese)九州大学長
Title PRIMER FOR IDENTIFYING DIABETES TYPE 1-SENSITIVE GENE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for identifying a gene involved in the onset of diabetes type 1.
SOLUTION: GT repeat polymorphism (polymorphism 1) in T-bet gene, CA repeat polymorphism (polymorphism 2) or base substitution polymorphism in the codon for 33rd amino acid histidine (polymorphism 3) permits the identification of a gene involved in diabetes type 1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


1型糖尿病の発症に関与する遺伝的背景因子の同定に関しては、その発生頻度の高いコーカサス人集団を中心に研究が進められており、これまでに証明された遺伝子座位はIDDM1-15のほかいくつかの染色体上の位置が報告されている。しかしながらそれぞれの座位における疾患感受性遺伝子についてはIDDM1(HLA遺伝子)とIDDM2のインスリン遺伝子を除きまだ証明されていない。



一方、1型糖尿病発症に関連する候補遺伝子疾患関連研究に関しては、これまで多くの遺伝子について報告がある。INF-γ、インターフェロン1受容体、CTLA-4、CD28、TNFα、ケモカイン受容体などの関連性の報告があるが、民族集団により結果の相違を見るケースもある。
Tリンパ球には、そのサブセットとしてTh1とTh2という異なった2つのタイプが存在することが証明されており、1型糖尿病や多発性硬化症などの疾患はTh1、アレルギーや全身性ルーブスエリテマトーデスなどはTh2優位の疾患であると考えられている。



T-bet遺伝子は、最近同定された転写因子でTh1系の細胞に特異的に発現し、かつTh2系細胞に強制的にT-bet遺伝子を発現させるとTh1の性質を持つようになることから、Th1系への分化に重要な働きを有することが示唆されている(O’Garra A., Nature. 404 : 719-720 ; Szabo SJ, Klm ST, Cos n GL, et al. ; Cell. 100 : 655-669)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、1型糖尿病感受性遺伝子又は1型糖尿病にかかりやすい個体の同定のためのプライマーに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配列番号:1に示す第600位の塩基から第671位の塩基までに存在する「gt」リピート領域より上流に存在するヌクレオチド配列中連続する15~30個のヌクレオチドオリゴヌクレオチド又はその相補体、と前記リピート領域より下流に存在するヌクレオチド配列中連続する15~30個のヌクレオチドオリゴヌクレオチドとからなる、1型糖尿病感受性遺伝子同定用プライマー対。

【請求項2】
 
次のヌクレオチド配列:
フォワードプライマー:5'-AAGTTTCCTTTCCGGTCTTA(配列番号:2)
リバーズプライマー:5'-CTACAAGCTTTACTGCACTAGC(配列番号:3)
を有する2個のオリゴヌクレオチドから成る、請求項1に記載のプライマー対。

【請求項3】
 
1型糖尿病にかかりやすい個体を同定するための請求項1又は2に記載のプライマー対。

【請求項4】
 
配列番号:4に示す第635位の塩基から第666位の塩基までに存在する「ca」リピート領域より上流に存在するヌクレオチド配列中連続する15~30個のヌクレオチドオリゴヌクレオチド又はその相補体、と前記リピート領域より下流に存在するヌクレオチド配列中連続する15~30個のヌクレオチドオリゴヌクレオチドとからなる、1型糖尿病感受性遺伝子同定用プライマー対。

【請求項5】
 
次のヌクレオチド配列:
フォワードプライマー:5'-AGGTGGGTTAGACAGAAATAG(配列番号:5)
リバーズプライマー:5'-GAGAGGTTTTGCTTGTCTT(配列番号:6)
を有する2個のオリゴヌクレオチドから成る、請求項3に記載のプライマー対。

【請求項6】
 
1型糖尿病にかかりやすい個体を同定するための請求項4又は5に記載のプライマー対。

【請求項7】
 
配列番号:7に示す33位のヒスチジンのコドンCAC(塩基番号1900~1902)より上流に存在するヌクレオチド配列中連続する15~30個の連続するヌクレオチドオリゴヌクレオチド又はその相補体と、前記ヒスチジンのコドンより下流に存在するヌクレオチド配列中15~30個の連続するヌクレオチドオリゴヌクレオチド又はその相補体とから成る、1型糖尿病感受性遺伝子同定用プライマー対。

【請求項8】
 
次のヌクレオチド配列:
フォワードプライマー:5'-CAGTCTATGGATGAGGCAC(配列番号:8)
リバーズプライマー:5'-AAACTTGGACCACAACAGGTG(配列番号:9)
を有する2個のオリゴヌクレオチドから成る、請求項5に記載のプライマー対。

【請求項9】
 
1型糖尿病にかかりやすい個体の同定のための請求項7又は8に記載のプライマー対。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close