Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR ASSAYING HEMATOPOIETIC ORGAN TUMOR

METHOD FOR ASSAYING HEMATOPOIETIC ORGAN TUMOR

Patent code P10A015642
File No. QP03011
Posted date Aug 31, 2010
Application number P2003-136409
Publication number P2004-337050A
Patent number P4441680
Date of filing May 14, 2003
Date of publication of application Dec 2, 2004
Date of registration Jan 22, 2010
Inventor
  • (In Japanese)石川 文彦
  • (In Japanese)原田 実根
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州大学
Title METHOD FOR ASSAYING HEMATOPOIETIC ORGAN TUMOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a model animal having pathologic features derived from a patient of hematopoietic organ tumor.
SOLUTION: The neonatal immunodeficient mammal (except human) having pathologic features derived from a patient of hematopoietic organ tumor is transplanted with tumor cells collected from the patient of hematopoietic organ tumor into a neonatal mammal. The method for producing the mammal is provided. The method for evaluating a medicine comprises administering the medicine to the mammal and evaluating the pharmacodynamic effect.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


白血病に代表される造血器腫瘍は、末梢血や骨髄において芽球の増殖を特徴とする疾患である。この白血病の臨床的特徴は、芽球の増殖のタイプ(骨髄性又はリンパ性)及び臨床的進行度(急性又は慢性)に基づいて分類されている。そして、多くの場合はこの分類結果によって、寛解を誘導するための1次治療法が決定される。



しかしながら、そのような造血器腫瘍を治療するために、今日まで多くの努力が払われ、めざましい進歩をたどってきたにもかかわらず、ある白血病は化学療法に対する抵抗性が維持されており、未だに効果的な化学療法剤を見出すことができない。しかも、そのような白血病は再発に対する高い危険性を有している。このような白血病に対し有効な医薬を開発するには、患者の臨床状態に類似する動物モデルを用いて、その医薬をin vivoにおいて評価することが必要である。



固形腫瘍に対しては、免疫能のないげっ歯動物に腫瘍細胞を皮下又は腹腔内移植することでin vivoアッセイを行うことが可能であったため、白血病に対しても、従来、白血病細胞をヌードマウスなどに植える試みがされていた。



しかし、マウスの臨床症状が期待する症状と一致しないモデルが多く、さらに、白血病細胞が生着しないという問題、あるいは白血病細胞が白血病の文字通りの特徴である白血化(末梢血に出現する状態)を起こさず、非造血組織を中心に増殖してしまうという問題が生じていたため、in vivoでのアッセイを行うことが困難であった。



【非特許文献1】
Lapidot T, Sirard C, Vormoor J, Murdoch B, Hoang T, Caceres-Cortes J, Minden M, Paterson B, Caligiuri MA, Dick JE. A cell initiating human acute myeloid leukaemia after transplantation into SCID mice. Nature. 1994;367:p.645-648



【非特許文献2】
Lapidot T, Grunberger T, Vormoor J, Estrov Z, Kollet O, Bunin N, Zaizov R, Williams DE, Freedman MH. Identification of human juvenile chronic myelogenous leukemia stem cells capable of initiating the disease in primary and secondary SCID mice. Blood. 1996;88: p.2655-2664



【非特許文献3】
Guan Y, Gerhard B, Hogge DE. Detection, isolation, and stimulation of quiescent primitive leukemic progenitor cells from patients with acute myeloid leukemia (AML). Blood. 2003 ;101: p.3142-3149

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、患者由来の造血器腫瘍病型を有するモデル動物、及び該動物を用いた薬物の評価方法又はスクリーニング方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  造血器腫瘍患者から採取した腫瘍細胞が移植された、当該造血器腫瘍患者由来の病的特徴を有する新生児免疫不全哺乳動物(ヒトを除く)。
【請求項2】
  請求項1記載の新生児免疫不全哺乳動物(ヒトを除く)を飼育してなる免疫不全哺乳動物。
【請求項3】
  造血器腫瘍が白血病、リンパ腫、形質細胞性腫瘍、骨髄異形成症候群又は骨髄繊維症である請求項1又は2記載の動物。
【請求項4】
  白血病が、成人T細胞性白血病、急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病又は慢性リンパ性白血病である請求項3記載の動物。
【請求項5】
  免疫不全哺乳動物が免疫不全マウスである請求項1~4のいずれか1項に記載の動物。
【請求項6】
  造血器腫瘍患者由来の腫瘍細胞を新生児免疫不全哺乳動物(ヒトを除く)に移植することを特徴とする、当該造血器腫瘍患者由来の病的特徴を有する動物の作製方法。
【請求項7】
  造血器腫瘍が白血病、リンパ腫、形質細胞性腫瘍、骨髄異形成症候群又は骨髄繊維症である請求項6記載の方法。
【請求項8】
  白血病が、成人T細胞性白血病、急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病又は慢性リンパ性白血病である請求項7記載の方法。
【請求項9】
  免疫不全哺乳動物が免疫不全マウスである請求項6~8のいずれか1項に記載の方法。
【請求項10】
  請求項1~5のいずれか1項に記載の動物に薬物を投与し、薬効を評価することを特徴とする薬物の評価方法。
【請求項11】
  請求項1~5のいずれか1項に記載の動物に腫瘍を治療するための候補薬物を投与し、薬効を評価することを特徴とする薬物のスクリーニング方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003136409thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close