Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING TISSUE PLUG

METHOD FOR PRODUCING TISSUE PLUG

Patent code P10A015649
File No. QP100047
Posted date Aug 31, 2010
Application number P2003-393274
Publication number P2004-357694A
Patent number P4122280
Date of filing Nov 25, 2003
Date of publication of application Dec 24, 2004
Date of registration May 9, 2008
Priority data
  • P2003-136989 (May 15, 2003) JP
Inventor
  • (In Japanese)岩本 幸英
  • (In Japanese)田仲 和宏
  • (In Japanese)松田 秀一
  • (In Japanese)中山 功一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州大学
Title METHOD FOR PRODUCING TISSUE PLUG
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing a tissue plug, capable of preparing tissue having an arbitrary shape by only using cells, without using a carrier.
SOLUTION: This method for producing the tissue plug comprises placing a cell aggregation comprising cells derived from the tissue which is collected from an animal to be examined or a patient in a chamber having micropores through which a culture solution passes, making the culture solution contained in the chamber in such an amount as to be approximately equal to that in which a part of the cell aggregation is contacted with a gas phase, and culturing the cell aggregation in the culture solution in an amount more excessive than that of the culture solution in the chamber.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、欠損した耳介や指の再生方法に関する研究が発表され、大きな注目を集めた。これらの方法は、あらかじめ耳や指の形に成型したポリマーなどの担体の上に、患者の細胞を付着させ、その上でヌードマウスの皮下に移植する方法である。マウスの皮下に移植する理由は、マウスから供給される栄養を用いて、移植した細胞の成熟、すなわちコラーゲンなどのマトリックスの産生を促し、移植組織の形状を得るためである。ヌードマウスは免疫系が欠損したマウスであり、患者の細胞を増殖させ、患者本人に再移植しても、拒絶反応がないというのがこの方法の特徴である。



しかし、マウスの大きさには限界があり、この手法で作成可能な組織の大きさはマウスの大きさに限定されてしまう。また、この手法には宗教上又は動物愛護の問題が生じる恐れがあり、しかも動物に対する拒否感、狂牛病に代表される未知なる異種の動物に存在する感染症のリスクなどを常に考慮しなければならない。さらに、豚など、マウスより大型の動物の免疫能を欠除させ、再生医療に応用しようとする試みも考えられるが、他種動物の体内を経た組織をヒトに移植する行為に対する嫌悪感や未知の感染症のリスクに対しては何ら解決されていない。



一方、担体としてポリマーでなく、牛由来のコラーゲンを使用する方法もあるが、この方法も狂牛病等のリスクを考慮する必要がある。また、担体となるポリマーは生体内で吸収されるのではなく、加水分解されるだけであるため、関節など体重がかかる部分において、理想通りに吸収・消滅するか否かは不明である。



これらのことから、動物を介さずに細胞懸濁液だけを用いて、厚みをもった軟骨細胞だけからなる円板状の構造体を作製する方法が開発されている(米国特許第6242247号:特許文献1)。この方法は、円筒の中に軟骨細胞懸濁液を注入し、長期間培養することで、マトリックスが豊富な円盤状の構造体を作製するというものである。



しかし、この方法では、個々の細胞が浮遊しやすいため、細胞を底面に自然沈殿させるか、遠心器で沈降させるしかないため、構造体の上面はほぼ平坦であり、曲面などの任意の形状に成型することが困難である。また、一定の厚みを得るためには、長期間培養が必要であり、その結果マトリックスの産生が過剰になり、移植部と健常部の親和性に悪い影響をもたらす可能性が否定できない。
【特許文献1】
米国特許第6242247号

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は組織プラグの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
培養液が通過できる微細孔を有するチャンバー内に、被検動物又は患者から採取した組織由来細胞の細胞塊を入れ、前記細胞塊の一部が気相に接する程度の量の培養液が前記チャンバー内に含まれるようにして、前記チャンバー内の培養液よりも過剰量の培養液中で前記細胞塊を培養することを特徴とする細胞塊の培養方法。

【請求項2】
 
培養液が通過できる微細孔を有するチャンバー内に、被検動物又は患者から採取した組織由来細胞の細胞塊を入れ、前記細胞塊の一部が気相に接する程度の量の培養液が前記チャンバー内に含まれるようにして、前記チャンバー内の培養液よりも過剰量の培養液中で前記細胞塊を培養することを特徴とする組織プラグの製造方法。

【請求項3】
 
組織由来細胞が幹細胞又はその分化細胞である請求項1又は2記載の方法。

【請求項4】
 
チャンバーが撥水性又は細胞非接着性のものである請求項1又は2記載の方法。

【請求項5】
 
組織プラグが軟骨プラグ、骨プラグ又は脂肪プラグである請求項2記載の方法。

【請求項6】
 
幹細胞が胚性幹細胞、臍帯血由来細胞又は間葉系幹細胞である請求項3記載の方法。

【請求項7】
 
間葉系幹細胞が骨髄、皮膚又は皮下脂肪由来のものである請求項6記載の方法。

【請求項8】
 
請求項2~7のいずれか1項に記載の方法により製造された組織プラグ。


IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003393274thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close