Top > Search of Japanese Patents > POLYANILINE COMPOSITE WITH CONTROLLED ORIENTATION

POLYANILINE COMPOSITE WITH CONTROLLED ORIENTATION

Patent code P10A015661
File No. QP060018
Posted date Aug 31, 2010
Application number P2006-246483
Publication number P2008-069192A
Patent number P4355812
Date of filing Sep 12, 2006
Date of publication of application Mar 27, 2008
Date of registration Aug 14, 2009
Inventor
  • (In Japanese)竹内 正之
  • (In Japanese)忰山 高大
  • (In Japanese)新海 征治
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州大学
Title POLYANILINE COMPOSITE WITH CONTROLLED ORIENTATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new material derived from a polyaniline with controlled molecular orientation of the polyaniline.
SOLUTION: A polyaniline composite is composed of a sheet structure as follows. Molecules of the polyaniline or a polyaniline derivative (preferably an emeraldine base type polyaniline) are cross-linked with a cross-linking molecule containing a specific nitrogen-containing heterocyclic ring in a molar ratio of the polyaniline or polyaniline derivative:cross-linking molecule of 2:1 and the molecules of the polyaniline or polyaniline derivative are mutually oriented parallel.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


共役系高分子は、そのπ電子により優れた光および電気的特性を示すことから、実用化を視野に入れた研究が盛んに行われている。なかでもポリアニリンは、安定した導電性等の特性により多くの分野における応用が期待され、その性能向上を図る努力が続けられている。



ポリアニリンの性能を向上させるために従来より主として採られてきた手法は、ドーパントに関するものであり、例えば、特殊なドーパントを使用することにより導電性などの特性の向上が図られてきた〔例えば、特許第2536458号公報(特許文献1)、特許第3127819号公報(特許文献2)など〕。



ポリアニリンなどの共役系高分子の分子の配列そのものを制御することができれば、当該高分子の優れた機能を最大限引き出した新しい材料が得られるものと期待されるが、それを達成し得るような確立された技術は見当たらない。
【特許文献1】
特許第2536458号公報
【特許文献2】
特許第3127819号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ナノテクノロジーの技術分野に属し、特に分子の配列方向が制御されたポリアニリンに由来する新規な複合材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ポリアニリンまたはポリアニリン誘導体の分子が、下記の式(I-1)で表される架橋分子により、ポリアニリンまたはポリアニリン誘導体:架橋分子のモル比2:1の割合で架橋され、ポリアニリンまたはポリアニリン誘導体の分子が互いに平行に配列されているシート構造から成ることを特徴とするポリアニリン複合体。
【化1】
 


〔式(I-1)中、Xは、下記に示すX群から選ばれる原子団の一つを表し、式(I-1)中、Yは、下記に示すY群から選ばれる原子団の一つを表し、式(I-1)中、Zは、ポリアニリンまたはポリアニリン誘導体のアミノ基に配位結合する金属錯体部位を構成する原子団であって、下記の式(Z)で示される原子団を表す。〕
【化2】
 


【化3】
 


【化4】
 


(MはPtまたはPdを表し、R2は炭素数4~8のアルキル基またはアルケン基を表す。)

【請求項2】
 
架橋分子が次の式(II)で表されるものであることを特徴とする請求項1のポリアニリン誘導体。
【化5】
 



【請求項3】
 
ポリアニリンがエメラルジン塩基であることを特徴とする請求項1または請求項2のポリアニリン誘導体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006246483thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close