Top > Search of Japanese Patents > ANTENNA, ANTENNA DESIGNING APPARATUS, ANTENNA DESIGNING METHOD, AND ANTENNA PRODUCING METHOD

ANTENNA, ANTENNA DESIGNING APPARATUS, ANTENNA DESIGNING METHOD, AND ANTENNA PRODUCING METHOD

Patent code P10A015683
File No. QP070105
Posted date Aug 31, 2010
Application number P2007-293958
Publication number P2009-124285A
Patent number P4811807
Date of filing Nov 13, 2007
Date of publication of application Jun 4, 2009
Date of registration Sep 2, 2011
Inventor
  • (In Japanese)吉田 啓二
  • (In Japanese)金谷 晴一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州大学
Title ANTENNA, ANTENNA DESIGNING APPARATUS, ANTENNA DESIGNING METHOD, AND ANTENNA PRODUCING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new designed antenna such as a UWB (ultra wide band) antenna fit for wider frequency bands, its designing device, its designing method, and its manufacturing method.
SOLUTION: The antenna includes a pattern formed on a board. The antenna has a power feeding portion on its periphery. A slot is formed on each of both left and right ends of the power feeding portion so that the peripheral widths are different towards the power feeding portion. With this, at least either resonance frequency or impedance of at least one resonance point is adjusted. This adjustment can be implemented approximately independently of adjustment of resonance frequency and impedance of the other resonance point.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、急速な移動体通信の発展と通信情報量の増大により、高速で高性能な通信品質が求められ、マイクロ波デバイスのさらなる小型化、低消費電力化が求められる。



最近、無線PANなどにおいて、超広帯域(Ultra Wide Band:UWB)が注目を集めている(非特許文献1参照)。UWBは、最大数GHzにわたる非常に広い帯域に、弱い電波で、ごく短い時間のパルス状の信号を送ることで、短距離内での高速な無線データ通信(例えば、ホームサーバー、無線LAN、無線PANなど)が可能となる。UWBは、FFC(Federal Communication Commission)では、比帯域幅が中心周波数の20%以上で、帯域幅が500MHz以上と定義されている。



また、発明者らは、従来、微小アンテナの研究を行ってきた者である(非特許文献2など参照)。



【非特許文献1】
Z.N.Chen,外4名著,“Consideration for Source Pulses and Antennas in UWB Ratio System,”IEEE Trans.Antennas Propagat.,vol.52,no.7,pp.1739-1748,July 2004.
【非特許文献2】
k.Yoshida、外4名著,“Superconducting slot antenna with broadband impedance matching circuit”,IEEE Trans.Appl.Supercond.,vol.11,pp.103-106,March 2001.

Field of industrial application (In Japanese)


本願発明は、アンテナ、アンテナ設計装置、アンテナ設計方法及びアンテナを生産する方法に関し、特に外周上に給電部を有するアンテナ等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基板上に形成されたパターンによるアンテナの共振点を調整するアンテナ設計方法であって、
前記アンテナは、
スロット・アンテナを利用し、
外周上に給電部を有するものであり、
第1共振点、第2共振点及び第3共振点という3つの共振点が存在して、前記各共振点の共振周波数及びインピーダンスが調整されるものであり、
前記給電部において前記外周に対して垂直な方向のサイズには、前記給電部から前記スロットまでの長さ、アンテナスロット幅及び前記スロットから前記給電部とは異なる側の外周までの長さが含まれ、
前記給電部に向かっての外周の最大幅の変更により前記第1共振点の共振周波数を調整し、
前記給電部から前記スロットまでの長さの変更による前記第2共振点の共振周波数を調整し、
前記アンテナスロット幅の変更により前記第2共振点のインピーダンスを調整し、
前記スロットから前記給電部とは異なる側の外周までの長さの変更により前記第3共振点の共振周波数を調整し、
アンテナスロット長の変更により前記第3共振点のインピーダンスを調整するステップを含むアンテナ設計方法。

【請求項2】
 
基板上にパターンを形成してアンテナを生産する方法であって、
前記アンテナは、
スロット・アンテナを利用し、
外周上に給電部を有するものであり、
第1共振点、第2共振点及び第3共振点という3つの共振点が存在して、前記各共振点の共振周波数及びインピーダンスが調整されるものであり、
前記給電部において前記外周に対して垂直な方向のサイズには、前記給電部から前記スロットまでの長さ、アンテナスロット幅及び前記スロットから前記給電部とは異なる側の外周までの長さが含まれ、
前記給電部に向かっての外周の最大幅の変更により前記第1共振点の共振周波数を調整し、
前記給電部から前記スロットまでの長さの変更による前記第2共振点の共振周波数を調整し、
前記アンテナスロット幅の変更により前記第2共振点のインピーダンスを調整し、
前記スロットから前記給電部とは異なる側の外周までの長さの変更により前記第3共振点の共振周波数を調整し、
アンテナスロット長の変更により前記第3共振点のインピーダンスを調整して、前記アンテナの外周の形状を決定する形状決定ステップと、
前記形状決定ステップにおいて決定された前記アンテナの外周の形状に基づいてパターンを基板上に形成する形成ステップ、を含むアンテナを生産する方法。

【請求項3】
 
アンテナの共振点を調整するアンテナ設計装置であって、
前記アンテナは、
スロット・アンテナを利用し、
外周上に給電部を有するものであり、
第1共振点、第2共振点及び第3共振点という3つの共振点が存在して、前記各共振点の共振周波数及びインピーダンスが調整されるものであり、
前記給電部において前記外周に対して垂直な方向のサイズには、前記給電部から前記スロットまでの長さ、アンテナスロット幅及び前記スロットから前記給電部とは異なる側の外周までの長さが含まれ、
前記給電部に向かっての外周の幅が異なる部分の形成による前記第1共振点の共振周波数及びインピーダンスの少なくとも一つの調整、
前記給電部に向かっての外周の最大幅の変更による前記第1共振点の共振周波数の調整、
前記給電部から前記スロットまでの長さの変更による前記第2共振点の共振周波数の調整、
前記アンテナスロット幅の変更による前記第2共振点のインピーダンスの調整、
前記スロットから前記給電部とは異なる側の外周までの長さの変更による前記第3共振点の共振周波数の調整、及び、
アンテナスロット長の変更による前記第3共振点のインピーダンスの調整、
を行う形状変更手段を備えるアンテナ設計装置。

【請求項4】
 
スロット・アンテナを利用するアンテナであって、
3つの共振点である第1共振点、第2共振点及び第3共振点があり、
外周上に給電部を有し、前記給電部において前記外周に対して垂直な方向のサイズには、前記給電部からスロットまでの長さ、アンテナスロット幅及び前記スロットから前記給電部とは異なる側の外周までの長さが含まれ、
前記給電部に向かっての外周の幅が異なる部分の形成による前記第1共振点の共振周波数及びインピーダンスの少なくとも一つの調整、
前記給電部に向かっての外周の最大幅の変更による前記第1共振点の共振周波数の調整、
前記給電部から前記スロットまでの長さの変更による前記第2共振点の共振周波数の調整、
前記アンテナスロット幅の変更による前記第2共振点のインピーダンスの調整、
前記スロットから前記給電部とは異なる側の外周までの長さの変更による前記第3共振点の共振周波数の調整、及び、
アンテナスロット長の変更による前記第3共振点のインピーダンスの調整
行われたアンテナ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007293958thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close