Top > Search of Japanese Patents > CARBONYL REDUCTASE, CARBONYL REDUCTASE GENE AND METHOD FOR PRODUCING ALCOHOL

CARBONYL REDUCTASE, CARBONYL REDUCTASE GENE AND METHOD FOR PRODUCING ALCOHOL commons meetings

Patent code P100000025
File No. ShIP-6126N-WT02
Posted date May 25, 2007
Application number P2007-087505
Publication number P2008-245528A
Patent number P4945761
Date of filing Mar 29, 2007
Date of publication of application Oct 16, 2008
Date of registration Mar 16, 2012
Inventor
  • (In Japanese)渡辺 修治
  • (In Japanese)原 正和
  • (In Japanese)道羅 英夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title CARBONYL REDUCTASE, CARBONYL REDUCTASE GENE AND METHOD FOR PRODUCING ALCOHOL commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a carbonyl reductase that efficiently catalyzes reduction reactions of various carbonyl compounds and produces corresponding alcohols.
SOLUTION: The two kinds of carbonyl reductases are derived from petals of Rosa 'Hoh-Jun' and have specific amino acid sequences and their homologs. The gene encodes the amino acid sequence. The carbonyl reductase produced by Escherichia coli transformed with a plasmid containing the gene catalyzes reduction reactions using various carbonyl compounds as substrates in the presence of NADH.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般に、アルコールはカルボニル化合物を還元することによって合成できる。カルボニル化合物の還元には、金属触媒を用いた水素化反応や、金属水素化化合物による水素化反応が用いられるが、このような化学合成による方法は環境への負荷が大きい。これに対して、微生物に由来する酸化還元酵素を用いてカルボニル化合物を還元してアルコールを製造する方法が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開2005-95022号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、カルボニル還元酵素、カルボニル還元酵素遺伝子及びアルコールの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配列番号1のアミノ酸配列からなるカルボニル還元酵素。

【請求項2】
 
配列番号1のアミノ酸配列において1若しくは2以上のアミノ酸が置換、欠失、挿入及び/又は付加したアミノ酸配列からなるカルボニル還元酵素。

【請求項3】
 
配列番号2のアミノ酸配列からなるカルボニル還元酵素。

【請求項4】
 
配列番号2のアミノ酸配列において1若しくは2以上のアミノ酸が置換、欠失、挿入及び/又は付加したアミノ酸配列からなるカルボニル還元酵素。

【請求項5】
 
配列番号3の塩基配列からなるカルボニル還元酵素遺伝子。

【請求項6】
 
配列番号4の塩基配列からなるカルボニル還元酵素遺伝子。

【請求項7】
 
請求項1~請求項4のいずれか1項に記載のカルボニル還元酵素とカルボニル化合物とを接触させる工程を含むアルコールの製造方法。

IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close