Top > Search of Japanese Patents > POLYMER SUPPORTED TRANSITION METAL CLUSTER CATALYST

POLYMER SUPPORTED TRANSITION METAL CLUSTER CATALYST commons

Patent code P100000142
File No. E076P120
Posted date Mar 27, 2009
Application number P2009-059036
Publication number P2010-207764A
Patent number P4962988
Date of filing Mar 12, 2009
Date of publication of application Sep 24, 2010
Date of registration Apr 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)松原 亮介
  • (In Japanese)宮村 浩之
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title POLYMER SUPPORTED TRANSITION METAL CLUSTER CATALYST commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a polymer supported transition metal cluster catalyst capable of advancing various oxidation reactions under a relatively mild condition and having oxidation resistance.
SOLUTION: The oxidative resistance of the polymer supported transition metal cluster is improved by increasing the number of carbons of a carbon chain between a styrene ring and an alkylene oxide chain of a polymer ligand of a conventional polymer supported cluster catalyst. The various oxidation reactions are carried out using the catalyst.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


本発明者らは、液相の各種反応の触媒等として有用であり、且つ使用後の回収・再使用が容易である、遷移金属を微小のクラスターとして高分子に担持させた高分子担持遷移金属クラスター触媒を開発した(特許文献1)。
更に、発明者らは、高分子固定化白金クラスター触媒を用いてヒドロキノンをキノンヘ酸素酸化反応する方法を開発した(特許文献2、非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、遷移金属のクラスターがスチレン系高分子に担持された高分子担持遷移金属クラスター触媒及びこの触媒を用いて酸化反応を行なう方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
遷移金属から成るクラスターがスチレン系高分子に担持して成る触媒であって、該スチレン系高分子が、下式(化1)
【化1】
 


(式中、R1は水素原子又は炭素数が1~4のアルキル基、R2は単結合又は炭素数が12以下のアルキレン基を表し、m及びnはそれぞれ独立して2~8の整数を表し、oは1~6の整数を表し、pは0~5の整数を表し、x、y及びzは構成モノマーのモル比を表し、(x+y+z)に対して、y+zは10~100%であり、yは0%より大きく、zは0~50%、xは残部である。)で表される酸化反応用高分子担持遷移金属クラスター触媒。

【請求項2】
 
前記遷移金属が白金である請求項1に記載の触媒。

【請求項3】
 
(x+y+z)に対して、yが10~50%、zが20~50%である請求項1又は2に記載の触媒。

【請求項4】
 
(x+y+z)に対して、yが25~35%、zが25~35%である請求項1又は2に記載の触媒。

【請求項5】
 
遷移金属の各前駆体を前記スチレン系高分子の溶液中で、該スチレン系高分子に対する貧溶媒を加えて相分離させることにより、遷移金属をスチレン系高分子に担持させてなる請求項1~4のいずれか一項に記載の触媒。

【請求項6】
 
R1が水素原子であり、zが0%より大きく、前記スチレン系高分子が架橋した請求項1~5のいずれか一項に記載の触媒。

【請求項7】
 
請求項1~6のいずれか一項に記載の触媒を、酸化反応に使用する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO KOBAYASHI Highly Functionalized Reaction Environments AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close