Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF CLEANING HARMFUL METAL CONTAMINANT

METHOD OF CLEANING HARMFUL METAL CONTAMINANT meetings achieved

Patent code P100000161
File No. KUTLO-2009-001
Posted date Apr 17, 2009
Application number P2009-049287
Publication number P2010-201332A
Patent number P5164169
Date of filing Mar 3, 2009
Date of publication of application Sep 16, 2010
Date of registration Dec 28, 2012
Inventor
  • (In Japanese)長谷川 浩
  • (In Japanese)小林 学
  • (In Japanese)中野 正義
Applicant
  • Kanazawa University
Title METHOD OF CLEANING HARMFUL METAL CONTAMINANT meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of cleaning harmful metal contaminant, the method for reusing chelate washing liquid which is used for solubilizing and removing harmful metal from a contaminant and for collecting metal with a small amount of chemical agent.
SOLUTION: The method includes: removing harmful metal from the contaminant by washing the contaminant contaminated by the harmful metal with a chelating agent-containing washing liquid; bringing the washing waste liquid produced in the washing into contact with a solid phase adsorbent having a higher complex-forming force than the chelating agent; collecting the harmful metal from the chelating agent-containing washing liquid; and recycling the chelating agent-containing washing liquid.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、重金属等の有害金属にて汚染された土壌の修復が問題となっている。
また、産業廃棄物の最終処分場が枯渇する恐れが生じている。
汚染土壌の修復にはバイオレメディエーションによる浄化が提案されているが、長期に跨る問題がある。
溶融処理による減容化は重金属類の不溶化を目的とした技術であるが、高温処理が必要で消費エネルギーが多く、また、溶融固形物の有効利用が進んでいないのが実状である。



特許文献1には、キレート剤を利用して土壌中の汚染物質を水中に遊離させ、これを鉄粉に吸着、結合させた後に、土壌から鉄粉を磁選機を用いて分離する技術を開示する。
しかし、同公報に開示する方法では土壌の浄化率が必ずしも高くなく、また、キレート剤等が含有する廃液の排水処理も必要である。
特許文献2には、クラウンエーテルの空洞内に金属イオンを取り込むことを利用した汚染物から金属イオン等の除去方法を開示するが、溶媒として超臨界的流体を用いるものであり、必ずしも実用的でない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、有害金属に汚染された、汚染土壌、産業廃棄物、焼却灰及び下水汚泥等の汚染物の浄化方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
有害金属に汚染された汚染物を、キレート剤含有洗浄液にて洗浄することで前記汚染物から有害金属を除去し、
前記洗浄にて発生した有害金属を含む洗浄廃液を、前記キレート剤よりも錯生成力の高い固相吸着材に接触させ、前記キレート剤含有洗浄液から有害金属を回収することで、当該キレート剤含有洗浄液を再生する有害金属汚染物の浄化方法であって、
前記固相吸着材は、担体に環状分子を担持させ、当該環状分子にキレート配位子を修飾した配位結合及び水素結合による多点相互作用を有すると共に前記有害金属イオンを選択的に取り込むものであり、
前記固相吸着材に吸着した有害金属を用いて回収することで、当該固相吸着材を再生することを特徴とする有害金属汚染物の浄化方法。

【請求項2】
 
前記キレート剤は、生分解性キレート剤であることを特徴とする請求項1記載の有害金属汚染物の浄化方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009049287thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close