Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS FOR MEASURING SHAPE OF INNER SURFACE OF PIPE

APPARATUS FOR MEASURING SHAPE OF INNER SURFACE OF PIPE

Patent code P100000179
File No. E-059
Posted date May 22, 2009
Application number P2009-070372
Publication number P2010-223710A
Patent number P5278878
Date of filing Mar 23, 2009
Date of publication of application Oct 7, 2010
Date of registration May 31, 2013
Inventor
  • (In Japanese)川末 紀功仁
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 宮崎大学
Title APPARATUS FOR MEASURING SHAPE OF INNER SURFACE OF PIPE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus for measuring the shape of the inner surface of a pipe and capable of accurately and speedily measuring the state of the inner surface of a small-diameter pipe by computing the three-dimensional shape of the inner surface of the small-diameter pipe.
SOLUTION: The apparatus 50 for measuring the shape of the inner surface of a pipe is constituted of a computing unit 11 and an imaging unit 12. The computing unit 11 includes a PC (computing means) for computing the distance of movement of a camera 5 on the basis of a value of the diameter of a laser ring 9 imaged by the camera 5 when the imaging unit 12 is moved in an axial direction inside the pipe and the amount of movement of a pattern; a laser driving circuit 3 for driving a laser provided for a laser projector 6; an image processor 4 for processing images acquired by photographing by the camera 5; and a monitor 2 for displaying results of the computation.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から、管内面形状測定を専用の測定装置により自動的に行う試みがなされており、例えば、特許文献1には、管内の形状を光により全方位に照射し、その撮像画像と管内の移動量に基づいて管内面の三次元形状を演算することにより、管内面の劣化状態を正確に且つ迅速に測定することが可能な管内面形状測定装置について開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、管内面形状測定装置に関し、さらに詳しくは、小径管の管内表面の形状をリアルタイムに三次元的に測定する管内面形状測定装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
管内面の表面形状を三次元的に測定する管内面形状測定装置であって、前記管内面の周方向に光を照射して該管内面の形状測定にも用いる光リングを生成する光照射手段と、前記光リング及び該光リングにより照明された文様を撮像する撮像手段と、前記撮像手段を管内の軸方向へ移動させたときの該撮像手段により撮像された前記光リングの径の値、及び前記文様の移動量に基づいて該撮像手段の移動距離を演算する演算手段と、を備えたことを特徴とする管内面形状測定装置。

【請求項2】
 
前記演算手段は、前記光リングにより照明された文様のうち、該光リングを挟んで互いに180度の位置に存在する2つの文様を検査領域文様として設定し、前記撮像手段が移動したときに前記検査領域文様間の距離の相対的な変化量と前記光リングの径の値に基づいて該撮像手段の移動距離を演算することを特徴とする請求項1に記載の管内面形状測定装置。

【請求項3】
 
前記演算手段は、前記検査領域文様を複数設定し、前記撮像手段が移動したときにおける夫々の前記検査領域文様間の距離の相対的な変化量と前記光リングの径の値に基づいて該撮像手段の移動距離を夫々演算し、該演算結果の平均値をもって該撮像手段の移動距離とすることを特徴とする請求項1又は2に記載の管内面形状測定装置。

【請求項4】
 
前記演算手段は、前記撮像手段が移動する前の該撮像手段の焦点から前記検査領域文様までの距離をD1、前記撮像手段が移動した後の該撮像手段の焦点から前記検査領域文様までの距離をD2、前記撮像手段の焦点距離をf、前記管径をφ、受像面上の前記検査領域文様同士の間隔をu1、前記撮像手段が移動した後の前記受像面上の前記検査領域文様同士の間隔をu2とし、前記撮像手段と前記管が平行である場合、前記撮像手段の前進距離を、


により求めることを特徴とする請求項1乃至3の何れか一項に記載の管内面形状測定装置。

【請求項5】
 
前記演算手段は、前記撮像手段と前記管の中心のなす角をθとした場合、前記撮像手段の前進距離Lを、
L=(D1-D2)1/cosθ
により求めることを特徴とする請求項4に記載の管内面形状測定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009070372thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close