Top > Search of Japanese Patents > OPTICALLY ACTIVE PHENYL BIS-IMIDAZOLINE-TRANSITION METAL COMPLEX CATALYST

OPTICALLY ACTIVE PHENYL BIS-IMIDAZOLINE-TRANSITION METAL COMPLEX CATALYST meetings

Patent code P100000184
Posted date May 29, 2009
Application number P2009-034366
Publication number P2010-188267A
Patent number P5334252
Date of filing Feb 17, 2009
Date of publication of application Sep 2, 2010
Date of registration Aug 9, 2013
Inventor
  • (In Japanese)中村 修一
  • (In Japanese)柴田 哲男
  • (In Japanese)辻 幸太郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title OPTICALLY ACTIVE PHENYL BIS-IMIDAZOLINE-TRANSITION METAL COMPLEX CATALYST meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To create a new catalyst capable of formulating the detailed environment, increasing the catalytic reactivity, and improving the stereoselectivity, in a catalyst molecule.
SOLUTION: The optically active phenyl bis-imidazoline-transition metal complex catalyst is expressed by chemical formula 1, wherein M=Pd, Ni, Rh, Ru, Ir, Pt, R=R1CO, R2SO2, alkyl, aryl, and R1, R2 are an alkyl group or aryl group, and X=Cl, Br, I, OTf, CF3CO2, CH3CO2, H2O, SbF5, BF4, ClO4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年の工業的な合成プロセスは、環境に配慮した方法で行なうことが重要である。特に、医農薬品を含むファインケミカル類の合成においては、分子内に不斉炭素を有する場合が多く、これらの立体制御を行ないながら合成反応を行なおうとすると、環境に配慮した合成法からかけ離れてしまう場合も多い。このような観点から、近年の合成化学においては効率的な不斉合成触媒の開発が重要視されている。特に普遍的な合成反応に適用可能な触媒化合物として、ビスオキサゾリン-遷移金属錯体触媒が広く研究に用いられている(非特許文献1)。しかしながら、この触媒の配位子部分であるビスオキサゾリンを構成するオキサゾリン環は窒素と酸素を含む環状化合物であるため、その電子的・立体的な詳細な調整は限定される。このための解決法の一つとして、イミダゾリン環を含む不斉触媒が検討されてきた(非特許文献2、特許文献1)ものの、その電子的・立体的チューニング、立体選択性の発現、触媒量低減等の問題のすべての解決には至っていない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光学活性フェニルビスイミダゾリン-遷移金属錯体触媒に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ベンジルニトリルとイミン類の反応において高エナンチオ選択的に生成物を与える触媒として用いられる、下記化学式1で示される光学活性フェニルビスイミダゾリン-遷移金属錯体触媒。
【化1】
 



ただし、
M = Pd, Ni, Rh, Ru, Ir, Pt
R = R1CO, R2SO2, alkyl, aryl R1,R2はalkyl基またはaryl基
X = Cl, Br, I, OTf, CF3CO2, CH3CO2, H2O, SbF5, BF4, ClO4である。

【請求項2】
 
請求項1に記載の光学活性フェニルビスイミダゾリン-遷移金属錯体触媒を用いて、ベンジルニトリルとイミン類の反応において高エナンチオ選択的に生成物を得る方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close