Top > Search of Japanese Patents > BIOELECTRIC SIGNAL MEASURING SENSOR, AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

BIOELECTRIC SIGNAL MEASURING SENSOR, AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME meetings

Patent code P100000318
Posted date Aug 7, 2009
Application number P2009-098098
Publication number P2010-246678A
Patent number P5306886
Date of filing Apr 14, 2009
Date of publication of application Nov 4, 2010
Date of registration Jul 5, 2013
Inventor
  • (In Japanese)川本 昂
  • (In Japanese)北井 隆平
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人国立高等専門学校機構
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title BIOELECTRIC SIGNAL MEASURING SENSOR, AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an inexpensive and disposable bioelectric signal measuring sensor capable of obtaining a clear image without including an artifact even if the image is captured by X-ray CT or MRI at the same time as brain wave measurement, and applying fewer physical burdens to a subject.
SOLUTION: The sensor has an electrode element for detecting electric signals output from the living body. The electrode element is made of a resin composition with carbon nano-tubes scattered in matrix resin.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


脳外科手術においては、手術の安全性及び適切な手術計画の遂行のために、脳の形態的な情報と機能的な情報とを常にモニターしながら手術を行うことが望ましい。脳の形態的な情報は、X線CTやMRI等により撮像された画像により得ることができ、脳の機能的な情報は、脳波用電極を用いて、脳の神経細胞の活動に伴って発生する電気変動(脳波)を測定することにより得ることができる。



従来、脳波用電極としては銀皿電極が使用されているが、銀はX線や磁気を乱す性質を有するので、銀皿電極を使用した脳波測定と並行してX線CTやMRIによる撮像を行うと、CT画像やMRI画像にアーチファクト(偽像)が写りこんでしまう。例えば、X線CTによる撮像の場合、銀皿電極を装着した周囲はX線透過率が低下し、図7に示すように、銀皿電極の影になった部分が放射状に白く写り、観察が不可能となる(特許文献1)。このため、従来の銀皿電極はX線CT装置やMRI装置との併用が禁止されている。



また、銀皿電極は固いため、長時間頭部に装着すると頭皮が物理的刺激を受けて炎症が起こることがある。



更に、脳外科手術では銀皿電極が多数使用されるが、これらは高価なため、1回の使用で廃棄されず複数の患者に使い回されることもあり、感染症の危険が懸念されている。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、脳波測定時等に好適に用いることができる生体電気信号測定用センサに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
脳外科手術時に被験者の頭部に装着して脳波を測定するためのセンサであって、
カーボンナノチューブがマトリックス樹脂中に分散されてなる樹脂組成物からなり、脳波を検出するための電極素子を備えており、
前記カーボンナノチューブは、超音波振動によって切断されることにより粒子状になったものであり、
前記マトリックス樹脂は、アクリル樹脂又はポリビニルカルバゾールであることを特徴とする生体電気信号測定用センサ。

【請求項2】
 
前記カーボンナノチューブが、多層カーボンナノチューブである請求項1記載の生体電気信号測定用センサ。

【請求項3】
 
前記粒子状のカーボンナノチューブは、複数積層した積層体を形成している請求項1又は2記載の生体電気信号測定用センサ。

【請求項4】
 
前記アクリル樹脂は、ポリメタクリル酸メチルである請求項1、2又は3記載の生体電気信号測定用センサ。

【請求項5】
 
前記粒子状のカーボンナノチューブの平均粒径は、536~584nmである請求項1、2、3又は4記載の生体電気信号測定用センサ。

【請求項6】
 
前記樹脂組成物が、シート状に成形されている請求項1、2、3、4又は5記載の生体電気信号測定用センサ。

【請求項7】
 
前記樹脂組成物からなり、前記電極素子に電気的に接続しているリード線を備えている請求項1、2、3、4、5又は6記載の生体電気信号測定用センサ。

【請求項8】
 
請求項1、2、3、4、5、6又は7記載の生体電気信号測定用センサを製造する方法であって、
前記マトリックス樹脂にカーボンナノチューブを添加し、超音波振動を加えて前記カーボンナノチューブを粒子状に切断する工程を有することを特徴とする生体電気信号測定用センサの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 4C127LL02
  • 4C127LL22
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009098098thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close