Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITE PLATED COATING FILM AND METHOD OF FORMING THE SAME, AND ELECTROPLATING LIQUID

COMPOSITE PLATED COATING FILM AND METHOD OF FORMING THE SAME, AND ELECTROPLATING LIQUID

Patent code P100000420
File No. NI0800104
Posted date Nov 20, 2009
Application number P2009-048226
Publication number P2010-202918A
Patent number P5544527
Date of filing Mar 2, 2009
Date of publication of application Sep 16, 2010
Date of registration May 23, 2014
Inventor
  • (In Japanese)新井 進
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title COMPOSITE PLATED COATING FILM AND METHOD OF FORMING THE SAME, AND ELECTROPLATING LIQUID
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a manufacturing method which does not require a carbon nanotube growth device for allowing the carbon nanotubes to stand together in large numbers on the surface of a substrate, as a method of manufacturing a sliding member in which the carbon nanotubes are used as solid lubricant material.
SOLUTION: In the method of manufacturing the sliding member, a cathode made of a metal member serving as a base of the sliding member and an anode made of cobalt are immersed into an electroplating liquid in which the carbon nanofibers are dispersedly compounded and polyacrylic acid is added as a dispersant, a DC current is applied between the cathode and the anode and, thereby, a composite plated coating film which contains the carbon nanofibers in the inner part and on the surface is formed on the surface of the metal member.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



カーボンナノチューブを固体潤滑材として利用した摺動部材については、例えば下記特許文献1に記載されている。この特許文献1に記載されている摺動部材は、鉄、ニッケル、コバルトから選ばれた1種又は2種以上から成る金属又はその酸化物によって形成された基体表面上に、化学気相成長法によってカーボンナノチューブを林立させたものである。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は複合めっき皮膜及びその形成方法並びに電解めっき液に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
金属部材の表面に形成したコバルトから成る電解めっき皮膜層の内部及び表面に、カーボンナノファイバーが配合され
前記電解めっき皮膜層の表面を形成するカーボンナノファイバーが、前記表面に対して横向きに配され、
前記電解めっき皮膜層の表面に配合されたカーボンナノファイバーには、前記電解めっき皮膜層の表面から露出する露出部分が存在し、
前記電解めっき皮膜層から露出するカーボンナノファイバーの露出部分には、電解めっき皮膜が形成されておらず、前記カーボンナノファイバーの表面が露出していることを特徴とする複合めっき皮膜。

【請求項2】
 
金属部材の表面に電解コバルトめっきを施して、前記金属部材の表面にコバルトから成る電解めっき皮膜層を形成する際に、
前記金属部材から成る陰極とコバルトから成る陽極とを、カーボンナノファイバーを分散した電解めっき液内に浸漬し、
次いで、前記陰極と陽極との間に直流電流を印加して、前記金属部材の表面にカーボンナノファイバーを内部及び表面に含有する複合めっき皮膜の形成方法であって、
カーボンナノファイバーの分散剤として、ポリアクリル酸を添加し、かつ、カーボンナノファイバーの電解めっき液中の配合量を、0.1~5.0g/リットルとした電解めっき液を用い、
電解めっき中の電流密度を、0.2~10A/dm2として電解めっきを行い、請求項1に記載の複合めっき皮膜を得ることを特徴とする複合めっき皮膜の形成方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009048226thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close