Top > Search of Japanese Patents > CONTROL METHOD OF PORE SIZE IN CRAZE REGION

CONTROL METHOD OF PORE SIZE IN CRAZE REGION meetings

Patent code P100000435
File No. GI-H21-4
Posted date Dec 4, 2009
Application number P2009-255062
Publication number P2011-099053A
Patent number P5626699
Date of filing Nov 6, 2009
Date of publication of application May 19, 2011
Date of registration Oct 10, 2014
Inventor
  • (In Japanese)武野 明義
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title CONTROL METHOD OF PORE SIZE IN CRAZE REGION meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for properly controlling a pore size of pores in a craze region of a synthetic resin film/synthetic fiber, wherein the pores in the craze region are filled with a filler, useful for obtaining a functional composite film/fiber capable of preventing easy desorption of the filler charged in the pores in the craze region formed in the synthetic resin film/synthetic fiber, sufficiently exhibiting functions of the filler charged in the pores if necessary, and effectively exhibiting the functions of desorbed filler by regulating desorption speed of the filler from the pores.
SOLUTION: In the method for controlling a pore size of the pores in the craze region of the synthetic resin film/synthetic filer wherein the pores in the craze region are filled with the filler, the synthetic resin film/synthetic fiber is treated with at least one treatment among heat treatment and plasma treatment.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



高分子材料の初期破壊現象の一つであるクレーズ現象を利用して、フィルムに周期的なクレーズ領域を積極的に形成させると、視野選択性(視界制御性ともいう。)、気体透過性等の機能性を有するフィルムが得られる。





図10は、合成樹脂フィルム2にクレーズ領域1を周期的(縞状)に形成させた状態を示す。クレーズ領域1は、合成樹脂フィルム2の表面に現れる表面クレーズと内部に発生する内部クレーズを含むものであって、微細なひび状の模様を有する領域をさす。

クレーズ領域1は、図11に示すように、一般に、分子束(フィブリル)3と微細孔であるボイド4とから構成され、全体がスポンジに似たナノ多孔質構造となっている。図11において、矢印d方向がクレーズ領域の幅方向を、矢印L方向がクレーズ領域の長さ方向を意味する。





光透過性の合成樹脂フィルムの表から裏まで貫通したクレーズ領域が周期的に形成された視野選択性フィルムについて説明するに、クレーズ領域は光を散乱させることから、図12(a)に示すように、略平行な光がフィルム2に略垂直に入射した時、クレーズ領域1の間を光が透過し、フィルムの裏側に置いた文字、図形等のパターンが表側から確認できるが、(b)に示すように、フィルム2に斜めに入射した時は、光はクレーズ領域1で主に散乱され、フィルム2は不透明となって、文字、図形等のパターンが表側から確認できなくなる。

クレーズ領域を有する視野選択制フィルムは、例えば、携帯電話用の覗き見防止フィルムとして実用化されている。





合成樹脂フィルムにクレーズ領域が形成された視野選択性フィルム等については、特許文献1、特許文献2、特許文献3、特許文献4、特許文献5を例示することができる。

Field of industrial application (In Japanese)



この発明は、クレーズ領域の孔径サイズを制御する方法に関するものである。さらに詳しくは、この発明は、クレーズ領域の微細孔に充填剤が充填された合成樹脂フィルムまたは合成繊維のクレーズ領域の微細孔の孔径サイズを制御する方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
合成繊維の繊維軸に略直交して形成されたクレーズ領域の微細孔に充填された染料が微細孔から排出、脱離したりしない繊維を得るためのクレーズ領域の前記微細孔の孔径サイズを制御する方法であって、
記合成繊維に、熱処理またはプラズマ処理の少なくとも一方の処理を施して、
前記染料が充填されたクレーズ領域の微細孔の孔径サイズを、前記処理前より収縮させることで、0.15~0.06μmの孔径サイズとすることを特徴とするクレーズ領域の孔径サイズの制御方法。

【請求項2】
 
記合成繊維が、結晶性の熱可塑性合成樹脂からなり、前記熱処理が結晶緩和温度近傍の温度でなされることを特徴とする請求項1記載のクレーズ領域の孔径サイズの制御方法。

【請求項3】
 
前記合成繊維が、ポリプロピレン繊維であり、前記熱処理が60~150℃でなされることを特徴とする請求項1または2記載のクレーズ領域の孔径サイズの制御方法。

【請求項4】
 
前記合成繊維が、MFR60のアイソタクチックポリプロピレンフィラメントであり、前記熱処理が60~150℃でなされることを特徴とする請求項1または2記載のクレーズ領域の孔径サイズの制御方法。

【請求項5】
 
記合成繊維が、非晶性の熱可塑性合成樹脂からなり、前記熱処理がガラス転移温度以上、熱分解温度以下の温度でなされることを特徴とする請求項1記載のクレーズ領域の孔径サイズの制御方法。

【請求項6】
 
前記クレーズ領域の微細孔への染料の充填が、クレーズ領域の微細孔内にアルコールを導入した後、前記合成繊維を染料水溶液中に浸漬することでなされることを特徴とする請求項1乃至5いずれかに記載のクレーズ領域の孔径サイズの制御方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close