Top > Search of Japanese Patents > SUBPHTHALOCYANINE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

SUBPHTHALOCYANINE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P100000460
Posted date Dec 11, 2009
Application number P2009-183022
Publication number P2011-032443A
Patent number P5584848
Date of filing Aug 6, 2009
Date of publication of application Feb 17, 2011
Date of registration Aug 1, 2014
Inventor
  • (In Japanese)柴田 哲男
  • (In Japanese)山本剛嗣
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title SUBPHTHALOCYANINE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a subphthalocyanine derivative with high solubility, and to provide a method for producing the same.
SOLUTION: The subphthalocyanine derivative is produced by making a phthalonitrile derivative and a boron compound react with each other, and is represented by general formula (1), wherein R1, R2, R3, R4, R5, R6, R7, R8, R9, R10, R11, and R12 each independently indicates an alkyl group, an alkenyl group, or an alkynyl group each including at least one fluorine atom, two adjacent groups of R1 to R12 may optionally be coupled together and form a five- to seven-membered ring optionally having substituents, and X represents a halogen atom, a hydroxy group, a silyloxy group, an alkoxy group, an aryloxy group optionally having substituents, or a carboxy group.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



フタロシアニンは青・緑色の顔料として利用されてきた。その優れた物理学的な性質から,電荷発生材,光磁気ディスク用色素として利用されている機能性色素である。さらに光線力学的治療の光増感剤,非線型光学材料等,さまざまな分野での応用が期待されている。フタロシアニン誘導体は一般的に有機溶媒への溶解性が悪いとの問題を抱える。また,フタロシアニン誘導体として,サブフタロシアニンがある。サブフタロシアニンはホウ素が配位したフタロシアニンの合成を試みた際に,紫色の化合物が生成されているのに気付き,存在が確認された化合物である。フタロシアニンは様々な機能性材料,光線力学的治療剤として注目され,様々な研究が為されており,サブフタロシアニンにも同等の機能を有することが知られている(非特許文献1)。しかし,フタロシアニン同様,その溶解性は非常に悪く,材料としての加工,薬剤としての投与の面で問題が残っている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、サブフタロシアニン誘導体及びその製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(1)で表されるサブフタロシアニン誘導体。
【化1】
 



(式中Xは塩素原子,又は、フェノキシド基を示す。)

【請求項2】
 
下式(2)に示す反応により、3,4,5,6-テトラキス(2,2,2-トリフルオロエトキシ)フタロニトリルと三塩化ホウ素を反応させることからなるボロン 1,2,3,4,8,9,10,11,15,16,17,18-ドデカキス(2,2,2-トリフルオロエトキシ)サブフタロシアニンクロリドを製造する方法。

【化2】
 



【請求項3】
 
下式(3)に示す反応により、ボロン 1,2,3,4,8,9,10,11,15,16,17,18-ドデカキス(2,2,2-トリフルオロエトキシ)サブフタロシアニンクロリドとフェノールを反応させることからなるボロン 1,2,3,4,8,9,10,11,15,16,17,18-ドデカキス(2,2,2-トリフルオロエトキシ)サブフタロシアニンフェノキシドを製造する方法。
【化3】
 


IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close