Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE CYCLIC ETHER COMPOUND, AND CATALYST USED FOR THE SAME

METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE CYCLIC ETHER COMPOUND, AND CATALYST USED FOR THE SAME commons

Patent code P100000474
File No. NU-0290
Posted date Jan 12, 2010
Application number P2009-211609
Publication number P2011-057648A
Patent number P5544596
Date of filing Sep 14, 2009
Date of publication of application Mar 24, 2011
Date of registration May 23, 2014
Inventor
  • (In Japanese)石原 一彰
  • (In Japanese)ウヤヌク ムハメット
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE CYCLIC ETHER COMPOUND, AND CATALYST USED FOR THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To highly enantio-selectively synthesize a compound in which a carbonyl carbon bonds with an asymmetric carbon at the second position adjacent to an oxygen of a cyclic ether such as dihydrobenzofuran or chroman.
SOLUTION: By reacting a ketophenolic compound expressed by formula (I) [wherein, R1to R4are each independently H, alkyl, alkoxy or a halogen, or any two of adjacent ones of them bonds to form a ring mediated by 1 to 5 carbon atoms; (n) is 1 or 2; and Z is 1-aryl-pyrazo-2-yl, 1-aryl-imidazo-2-yl, 2-aryl-1,2,4-triazo-3-yl, 1-aryl-tetrazo-2-yl or a fused ring of them with an aryl ring] with hydroperoxide by using an N-spiro C2-axially asymmetric quaternary ammonium iodide or a P-spiro C2-axially asymmetric quaternary phosphonium iodide as a catalyst, this optically active cyclic ether compound having a dihydrobenzofuran corresponding to the ketophenolic compound is obtained in a good yield and a good enantiomeric excess ratio.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



2,3-ジヒドロベンゾフラン化合物は、数多くの生理活性化合物の基本骨格となっている。こうした2,3-ジヒドロベンゾフラン化合物の不斉合成について、既に多数報告されている。例えば、非特許文献1には、ip-boxaxというビナフチル誘導体をキラルリガンドとし、Pd触媒による4置換オレフィンのワッカー(Wacker)型酸化的環化反応を行い、非常に高いエナンチオ選択率で2,3-ジヒドロベンゾフラン化合物を合成した例が報告されている。また、非特許文献2には、シャープレス(Sharpless)の不斉エポキシ化反応を鍵反応として、多段階ではあるが、2,3-ジヒドロベンゾフランを高エナンチオ選択的に合成した例が報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、光学活性な環状エーテル化合物の製法及びそれに用いる触媒に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
N-スピロC2軸不斉四級アンモニウムヨージド又はP-スピロC2軸不斉四級ホスホニウムヨージドを触媒として、下記式(1)で表されるケトフェノール化合物とヒドロペルオキシドとを反応させることにより、前記ケトフェノール化合物に対応する下記式(2)で表されるジヒドロベンゾフラン骨格又はクロマン骨格を有する光学活性な環状エーテル化合物を製造する、
環状エーテル化合物の製造方法。
【化1】
 


(式(1)中、R1,R2,R3及びR4は、それぞれ独立して、水素原子、アルキル、アルコキシ若しくはハロゲンであるか又は隣接するいずれか2つが1~5個の炭素を介して結合して環を形成しており、nは1又は2であり、Zは1-アリール-ピラゾ-2-イル、1-アリール-イミダゾ-2-イル、2-アリール-1,2,4-トリアゾ-3-イル、1-アリール-テトラゾ-5-イル又はこれらとアリール環との縮合環である)
【化2】
 


(式(2)中、R1,R2,R3,R4,n及びZは式(1)と同じ)

【請求項2】
 
前記触媒は、下記式(3)~(8)のいずれかであって各式に示す不斉構造又はこれと鏡像関係にある不斉構造の塩である、
請求項1に記載の環状エーテル化合物の製造方法。
【化3】
 


(式(3)~(8)中、Qは窒素原子又はリン原子であり、R5は水素原子、フェニル基、アルキル基を有するフェニル基、ペルフルオロアルキル基を有するフェニル基、アルコキシ基を有するフェニル基又はアリール基を有するフェニル基である)

【請求項3】
 
前記触媒は、前記式(3)であり、Qは窒素原子であり、R5は下記式(9)又は(10)である、
請求項2に記載の環状エーテル化合物の製造方法。
【化4】
 



【請求項4】
 
反応溶媒として、炭化水素系溶媒、エステル系溶媒、エーテル系溶媒、ハロゲン置換炭化水素系溶媒又はこれらと水との混合溶媒を用いる、
請求項1~3のいずれか1項に記載の環状エーテル化合物の製造方法。

【請求項5】
 
前記触媒を1~10mol%使用する、
請求項1~4のいずれか1項に記載の環状エーテル化合物の製造方法。

【請求項6】
 
ケトフェノール化合物とヒドロペルオキシドから、前記ケトフェノール化合物に対応するジヒドロベンゾフラン骨格又はクロマン骨格を有する光学活性な環状エーテル化合物を合成する反応を促進する触媒であって、
下記式(3)~(8)のいずれかであって各式に示す不斉構造又はこれと鏡像関係にある不斉構造の塩である、環状エーテル化反応促進触媒。
【化5】
 


(式(3)~(8)中、Qは窒素原子又はリン原子であり、R5は水素原子、フェニル基、アルキル基を有するフェニル基、ペルフルオロアルキル基を有するフェニル基、アルコキシ基を有するフェニル基又はアリール基を有するフェニル基である)
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close