Top > Search of Japanese Patents > NEW COMPOUND AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

NEW COMPOUND AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings

Patent code P100000518
File No. 22925
Posted date Jan 22, 2010
Application number P2009-277344
Publication number P2011-116717A
Patent number P5649159
Date of filing Dec 7, 2009
Date of publication of application Jun 16, 2011
Date of registration Nov 21, 2014
Inventor
  • (In Japanese)内山 真伸
  • (In Japanese)村中 厚哉
  • (In Japanese)米原 光拡
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人理化学研究所
Title NEW COMPOUND AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new compound absorbing the light in a near infrared region, and to provide a method for producing the compound.
SOLUTION: There are provided the compound represented by general formula (1) (wherein, R1, R2 and R3 are each independently hydrogen, an aromatic ring group which may have a substituent, or a 0-20C nonaromatic ring substituent, with the proviso that R1 and R2 or R2 and R3 present on the same azulene ring may form a ring by being bonded to each other, and R1s, R2s and R3s each present on the different azulene rings may be each different from each other; M is two hydrogens or a divalent cationic atom; with the proviso that when the cationic atom has tri- or more valent, the molecule may have a ≤20C counter anion more), the isomer thereof, and the method for producing them.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


色素材料は、例えば、顔料、色素増感太陽電池、有機薄膜太陽電池、光線力学的治療、記録材料、又はイメージングへの応用等、幅広い分野で応用されている。中でも、近赤外領域の光の利用を進めることを目的の一つとして、当該光を吸収する特性を有する色素材料(近赤外色素材料とも称する)の開発が進められている。



例えば、フタロシアニンは金属と錯体を形成して、通常は青色から緑色を呈する色素材料として知られている。また、フタロシアニンのベンゼン環をナフタレン環に置き換えたナフタロシアニンと呼ばれる色素材料は近赤外領域(例えば、波長800nm付近)に比較的狭い主吸収帯を有し、発光する(特許文献1、及び非特許文献1を参照)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、アズレン環が縮合した新規化合物、及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(1)、(11)、(21)又は(31)、
【化1】
 


(一般式(1)、(11)、(21)及び(31)それぞれにおける、R1、R2、R3は互いに独立に、水素原子、置換基を有していてもよい芳香環基、又は炭素数0~20の非芳香環置換基を表し、同一のアズレン環に存在するR1及びR2、R2及びR3はそれぞれ結合して環を形成してもよい。
異なるアズレン環に存在するR1同士、R2同士、及びR3同士は互いに異なっていてもよい。
Mは、2個の水素原子、又は2価以上のカチオン原子を表す。ただし、当該カチオン原子が3価以上の場合には、炭素数20以下のカウンターアニオンをさらに有していてもよい。)
で表されることを特徴とする化合物。

【請求項2】
 
一般式(1)、(11)、(21)及び(31)それぞれにおける、R1、R2、R3は互いに独立に、水素原子;ニトロ基;シアノ基;塩素原子、臭素原子、フッ素原子、ヨウ素からなる群より選択されるハロゲン原子;置換基を有していてもよい炭素数20以下の鎖状アルキル基;置換基を有していてもよい炭素数20以下のシクロアルキル基;置換基を有していてもよい炭素数20以下のアルコキシ基又はアリールオキシ基;置換基を有していてもよい炭素数20以下のアルキルチオ基又はアリールチオ基;置換基を有していてもよいアシル基;置換基を有していてもよい炭素数20以下のアルコキシカルボニル基;、又は、複素環基;であることを特徴とする請求項1に記載の化合物。

【請求項3】
 
一般式(1)、(11)、(21)及び(31)それぞれにおける、Mは、Mg、Al、Si、Ti、V、Cr、Fe、Co、Ni、Cu、Zn、Ga、Ge、Y、Zr、Nb、Ru、Sb、Pd、及びPtからなる群より選択される何れか一種であることを特徴とする請求項1又は2に記載の化合物。

【請求項4】
 
請求項1~3の何れか一項に記載の化合物を含むことを特徴とする近赤外光吸収材。

【請求項5】
 
請求項1~3の何れか一項に記載の化合物を光吸収色素として含むことを特徴とする太陽電池素子。

【請求項6】
 
下記一般式(2)~(5)の何れか、
【化2】
 


(一般式(2)~(5)中における、R1、R2、R3は互いに独立に、水素原子、置換基を有していてもよい芳香環基、又は炭素数0~20の非芳香環置換基を表す。)
で表されることを特徴とする化合物。

【請求項7】
 
請求項1~3の何れか一項に記載の化合物を製造する方法であって、
【化3】
 


(一般式(2)~(5)中における、R1、R2、R3は互いに独立に、水素原子、置換基を有していてもよい芳香環基、又は炭素数0~20の非芳香環置換基を表す。)
上記一般式(2)で表される化合物から選択された少なくとも一種、上記一般式(3)で表される化合物から選択された少なくとも一種、上記一般式(4)で表される化合物から選択された少なくとも一種、又は上記一般式(5)で表される化合物から選択された少なくとも一種、を縮合する工程を含むことを特徴とする製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close