Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PLATING ARTICLE WITH Fe-Pt ALLOY AND LIQUID FOR PLATING ARTICLE WITH Fe-Pt ALLOY

METHOD FOR PLATING ARTICLE WITH Fe-Pt ALLOY AND LIQUID FOR PLATING ARTICLE WITH Fe-Pt ALLOY

Patent code P100000598
File No. NI0900050
Posted date Mar 19, 2010
Application number P2009-214920
Publication number P2011-063842A
Patent number P5334118
Date of filing Sep 16, 2009
Date of publication of application Mar 31, 2011
Date of registration Aug 9, 2013
Inventor
  • (In Japanese)新井 進
  • (In Japanese)加茂 琢弥
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title METHOD FOR PLATING ARTICLE WITH Fe-Pt ALLOY AND LIQUID FOR PLATING ARTICLE WITH Fe-Pt ALLOY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for plating an article to be plated with an Fe-Pt alloy, which can provide a plated film of the Fe-Pt alloy superior in magnetic properties.
SOLUTION: The method for plating the article with the Fe-Pt alloy includes: a step of plating the article with the Fe-Pt alloy by using a liquid for plating the article with the Fe-Pt alloy, which contains a salt of trivalent Fe, a complexing agent of the trivalent Fe, a Pt salt and a conductivity salt; and a heat treatment step of heat-treating an article plated with the Fe-Pt alloy to convert the phase of the plated film of the Fe-Pt alloy to that of an L1 type Fe-Pt ordered alloy.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


Fe‐Pt合金膜は磁気特性に優れる(高い保持力および磁気異方性を有する)ため、次世代磁気記録媒体(垂直磁気記録媒体)の材料として期待されている。 Fe‐Pt合金膜の作製方法としては電気めっき法が有効であるが、めっき浴の安定性に問題があった。
従来のFe‐Pt合金めっき液では、酸化数が2価の鉄イオン(Fe2+)を用いていた(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、Fe‐Pt合金めっき方法およびFe‐Pt合金めっき液に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
3価のFe塩、該3価のFeの錯化剤、Pt塩、および伝導度塩を含むFe‐Pt合金めっき液を用いて被めっき物にFe‐Pt合金めっきを行う工程と、
該Fe‐Pt合金めっきが施された被めっき物に熱処理を行い、Fe‐Pt合金めっき膜をL10型Fe‐Pt規則合金に相変換させる熱処理工程とを含むことを特徴とするFe‐Pt合金めっき方法。

【請求項2】
 
前記Feの錯化剤がクエン酸もしくはその塩であり、めっき液中の前記クエン酸もしくはその塩の含有量を増加させるに従い、Fe‐Pt合金めっき膜中のFe含有量が低下することを特徴とする請求項1記載のFe‐Pt合金めっき方法。

【請求項3】
 
めっき液中の前記3価のFe塩を増加させるに従い、Fe‐Pt合金めっき膜中のFe含有量が増加することを特徴とする請求項1または2記載のFe‐Pt合金めっき方法。

【請求項4】
 
前記Fe‐Pt合金めっき液のpHが4~10であることを特徴とする請求項1~3いずれか1項記載のFe‐Pt合金めっき方法。

【請求項5】
 
前記熱処理工程において400℃~600℃の温度で熱処理を行うことを特徴とする請求項1~4いずれか1項記載のFe‐Pt合金めっき方法。

【請求項6】
 
請求項1~5いずれか1項記載のFe‐Pt合金めっき方法によって得られたFe‐Pt合金めっき膜。

【請求項7】
 
Feが20~80atm%含むことを特徴とする請求項6記載のFe‐Pt合金めっき膜。

【請求項8】
 
3価のFe塩0.7mM~7.0mM、該3価のFeの錯化剤12.3mM~98mM、Pt塩1mM~4mM、および伝導度塩を含み、pHが4~10であることを特徴とするFe‐Pt合金めっき液。

【請求項9】
 
3価のFe塩がFe2(SO43・nH2O、前記3価のFeの錯化剤が(NH43C6H5O7、Pt塩がPt(NO22(NH22であることを特徴とする請求項8記載のFe‐Pt合金めっき液。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009214920thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close