Top > Search of Japanese Patents > ELECTRET, ELECTROSTATIC INDUCTION-TYPE CONVERSION ELEMENT, AND METHOD FOR CHARGING ELECTRET

ELECTRET, ELECTROSTATIC INDUCTION-TYPE CONVERSION ELEMENT, AND METHOD FOR CHARGING ELECTRET

Patent code P100000648
File No. E092P03
Posted date Apr 23, 2010
Application number P2010-070880
Publication number P2011-188725A
Patent number P5521159
Date of filing Mar 4, 2010
Date of publication of application Sep 22, 2011
Date of registration Apr 18, 2014
Inventor
  • (In Japanese)藤田 孝之
  • (In Japanese)中出 圭亮
  • (In Japanese)豊永 智彦
  • (In Japanese)前中 一介
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)兵庫県
Title ELECTRET, ELECTROSTATIC INDUCTION-TYPE CONVERSION ELEMENT, AND METHOD FOR CHARGING ELECTRET
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain an electret which can restrain charge dissipation more than before in spite of a simpler configuration and easier manufacturing, as well as a method for charging the electret that ensures easy charging of the electret.
SOLUTION: An electrostatic induction-type conversion element 100 includes an electret 10 having a substrate 11 made of insulating materials, a plurality of grid connection electrodes 12, a plurality of base electrodes 13, and an insulating material layer 14; a movable part 20 disposed facing the electret 10; and a resistor 30 in connection with the electret 10 and the movable part 20. All the base electrodes 13 on the electret 10 are connected with an earth and a needle electrode 41, and a grid 40 is connected with the grid connection electrodes 12 on the electret 10. Subsequently, a given voltage is applied across the needle electrode 41 and the base electrodes 13 to charge the insulating material layer 14.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、エレクトレットは公知となっており、例えば、下記特許文献1の図3に示すようなものがある。下記特許文献1の図3に示したものは、絶縁材料の表面付近に電荷を注入して形成されているエレクトレットを有しており、該エレクトレットは、2つの導体の間に配置されて、該エレクトレットに対向する少なくとも一方の導体に対して相対的に運動して電気エネルギと運動エネルギとの変換を行うように構成されているものである。また、該エレクトレットの表面は防湿膜によって覆われており、電荷の消失を防止できるようになっている。



また、エレクトレットの荷電方法の一つとして、例えば、下記特許文献2の図1に示されている装置を用いたコロナ荷電が公知となっている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、蓄積された電荷が経時的に減少することを抑制できるエレクトレット、静電誘導型変換素子及びエレクトレットの荷電方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アースに接続可能なベース電極と、グリッドに接続可能なグリッド接続用電極とが、交互に絶縁配列されている電極層と、
前記電極層の一方側の面に設けられている絶縁材料層と、を備えていることを特徴とするエレクトレット。

【請求項2】
 
前記ベース電極と前記グリッド接続用電極との間に、所定幅を有した離間部が設けられていることを特徴とする請求項1に記載のエレクトレット。

【請求項3】
 
前記ベース電極と前記グリッド接続用電極との間に、絶縁材料部が設けられていることを特徴とする請求項1に記載のエレクトレット。

【請求項4】
 
前記絶縁材料層と前記絶縁材料部とが一体形成されていることを特徴とする請求項3に記載のエレクトレット。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか1項に記載のエレクトレットを備えていることを特徴とする静電誘導型変換素子。

【請求項6】
 
請求項1~4のいずれか1項に記載のエレクトレットにおける前記絶縁材料層側に、グリッドを配設するグリッド配設工程と、
前記グリッドの前記絶縁材料層側と反対側に、ニードル電極を配設するニードル電極配設工程と、
前記エレクトレットにおける前記ベース電極に、アースと前記ニードル電極とを接続する第1接続工程と、
前記グリッドと、前記エレクトレットにおけるグリッド接続用電極とを接続する第2接続工程と、
前記第1接続工程及び前記第2接続工程の後に、前記ニードル電極と前記ベース電極との間に所定電圧を印加して、前記エレクトレットにおける前記絶縁材料層に荷電する荷電工程と、
前記第1接続工程及び前記第2接続工程の後に、前記グリッドに所定電圧を印加する電圧印加工程と、を有していることを特徴とするエレクトレットの荷電方法。
Industrial division
  • (In Japanese)発電、電動
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010070880thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO MAENAKA Human-Sensing Fusion AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close