Top > Search of Japanese Patents > UTTERANCE DETECTOR AND VOICE COMMUNICATION SYSTEM

UTTERANCE DETECTOR AND VOICE COMMUNICATION SYSTEM

Patent code P100000649
File No. E092P01
Posted date Apr 23, 2010
Application number P2010-070881
Publication number P2011-188462A
Patent number P5555900
Date of filing Mar 4, 2010
Date of publication of application Sep 22, 2011
Date of registration Jun 13, 2014
Inventor
  • (In Japanese)才木 常正
  • (In Japanese)下岡 由佳子
  • (In Japanese)樋口 行平
  • (In Japanese)前中 一介
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title UTTERANCE DETECTOR AND VOICE COMMUNICATION SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an utterance detector which is smaller than a conventional one, can be attached to a body for a long time or always, and can detect the utterance information of an utterer, and to provide a voice communication system which uses the utterance detector.
SOLUTION: The voice communication system 100 includes a pair of the utterance detectors 10 and 20. The utterance detector 10 has an acceleration sensor 11 to detect air vibration excited by the utterance of the utterer, a radio transmitter 12 connected to the acceleration sensor 11, a radio receiver 13, a signal generator 14 connected to the radio receiver 13, and an oscillator 15 connected to the signal generator 14. The utterance detector 20 has an acceleration sensor 21, a radio transmitter 22 connected to the acceleration sensor 21, a radio receiver 23, a signal generator 24 connected to the radio receiver 23, and an oscillator 25 connected to the signal generator 24.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、発話者の発声によって励起された空気振動を検出することが可能な装置は公知となっており、例えば、下記特許文献1に示すような音声処理装置がある。該音声処理装置は、気導音マイクで発話者の発声により励起された空気振動を音声信号に変換して出力し、骨伝導音マイクで発声により生ずる身体振動を音声信号に変換して出力し、ノイズレベル判定回路で気導音マイクの出力中のノイズレベルを検知し、それに基づいてゲイン調整回路で気導音マイクの出力の音圧と骨伝導音マイクの出力の音圧を変えることにより、これらの2つの音声信号の音圧比を調整して出力し、音声認識装置でこれら出力された2つの音声信号を加算して音声認識装置に出力するものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、発話者の発声によって励起された空気振動を検出することが可能な発話検出装置、及び、該発話検出装置を含む音声通信システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
発話者の発声によって励起された空気振動を検出可能な加速度センサと、
前記加速度センサが固設され、前記発話者の身体に取り付け可能な長板状の取付部材と、を備え
前記取付部材が前記発話者の身体に取り付けられ、前記発話者の発声によって励起された空気振動を検出する際、前記空気振動が前記発話者の身体に衝突することによって間接振動が励起され、前記発話者の身体及び前記取付部材を介して前記加速度センサに伝導した前記間接振動を前記空気振動と合わせて検出することが可能な発話検出装置。

【請求項2】
 
発話者の発声によって励起された空気振動を検出可能な加速度センサと、
前記加速度センサが固設され、前記発話者の身体に取り付け可能な長板状の取付部材と、を備え、
前記取付部材が前記発話者の身体に取り付けられ、前記発話者の発声によって励起された空気振動を検出する際、前記空気振動が前記取付部材に直接衝突することによって間接振動が励起され、前記取付部材を介して前記加速度センサに伝導した前記間接振動を前記空気振動と合わせて検出することが可能な発話検出装置。

【請求項3】
 
前記取付部材が、可撓性を有した長板状部材であり、
前記加速度センサが前記長板状部材の一方側の面に貼設されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の発話検出装置。

【請求項4】
 
前記取付部材が、前記発話者の鼻腔部に取り付け可能な部材であり、
前記加速度センサが前記取付部材に固設されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の発話検出装置。

【請求項5】
 
前記取付部材が、前記発話者の下顎部位に取り付け可能な部材であり、
前記加速度センサが前記取付部材に固設されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の発話検出装置。

【請求項6】
 
請求項1~5のうちいずれか1項に記載の発話検出装置を2つ以上有し、
前記発話検出装置のそれぞれが、
各加速度センサで検出した情報を相互に送受信する送受信部と、
前記送受信部で受信した情報を音声に変換し発する音声発生部と、を備えていることを音声通信システム。

【請求項7】
 
請求項1~5のうちいずれか1項に記載の発話検出装置を2つ以上有し、
前記発話検出装置のそれぞれが、
各加速度センサで検出した情報を相互に送受信する送受信部と、
前記送受信部で受信した情報を音声振動に変換し発する音声振動発生部と、を備えていることを音声通信システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010070881thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO MAENAKA Human-Sensing Fusion AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close