Top > Search of Japanese Patents > EXTRUDER FOR EVALUATING RESIN MATERIAL

EXTRUDER FOR EVALUATING RESIN MATERIAL meetings

Patent code P100000688
Posted date May 21, 2010
Application number P2009-108358
Publication number P2010-253853A
Patent number P5598835
Date of filing Apr 27, 2009
Date of publication of application Nov 11, 2010
Date of registration Aug 22, 2014
Inventor
  • (In Japanese)小山 清人
  • (In Japanese)谷口 貴志
  • (In Japanese)杉本 昌隆
  • (In Japanese)植松 英之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山形大学
Title EXTRUDER FOR EVALUATING RESIN MATERIAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an extruder for evaluating a resin material, capable of extruding a fixed quantity using a small amount of the resin material, and capable of evaluating the fluidity of the resin material and extrusion characteristics of a film, a sheet, a tube and the like simultaneously with precision using a small amount of a sample.
SOLUTION: The extruder for evaluating the resin material, equipped with a feed opening 2, a heating and kneading part, a pressurizing part and a discharge opening, contains a gear pump 4 mounted between the tip of the pressurizing part feeding the resin material and the discharge opening, a resin return passage 7 returning the molten resin material from the pressurizing part through the gear pump to the heating and kneading part of the extruder, a flow passage-switching part mounted on the downstream side of the gear pump to make the molten resin material flow to the discharge opening through which the resin material is extruded to a mold at the tip of the extruder or to make the resin material return to the resin return passage, and at least two pressure sensors 3, 5, 8 and 9 mounted in the resin return passage.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



近年、樹脂材料の高付加価値化に伴い、所望の物性や機能を有する材料を目指した開発が盛んに行われている。研究開発初期のスクリーニング段階では、樹脂材料は数グラム~数100グラム単位で重合するのが一般的である。特許文献1には、少量で混練するための装置としてスクリュー部で溶融された材料をバレル先端からバイパス流路を設けて循環する装置が記載されている。この装置は少量で樹脂材料の混練性は評価できるが、定量的な押出成形性を評価するに至っていない。非特許文献1には、特許文献1と同様にバイパス流路を設けることで少量材料を混練する装置が記載されており、この装置によれば、バイパス流路に圧力センサーを設置することによって、粘度を同時に測定できる。しかし、この装置には、定量性を保障する機構は付いておらず、近似的に粘度を測定しているのと同時に、押出成形を定量的に行うことは難しいという問題がある。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、少量のサンプル量で成形性や粘度などの押出特性を評価できる樹脂材料評価用押出機に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
スクリュー部又はプランジャー部と、ギアポンプを有して、吐出口又は樹脂還流路へ選択的に樹脂を押出し可能な樹脂押出機であって、
ギアポンプはスクリュー部又はプランジャー部と吐出口の間に設けられ、
樹脂還流路はギアポンプと吐出口の間に設けた流路切換え部とスクリュー部又はプランジャー部を連通するように設けられると共に、少なくとも2つの圧力センサーが設けられ、押出機の内部容量が100cc以下であって、ギアポンプの1つの溝の体積が1~60mm3であることを特徴とする樹脂押出機。

【請求項2】
 
ギアポンプの上流側もしくは下流側の少なくとも一方に圧力センサーが設けられたことを特徴とする請求項1に記載の樹脂押出機。

【請求項3】
 
樹脂材料評価用に使用されることを特徴とする請求項1又は2に記載の樹脂押出機。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009108358thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は,下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close