Top > Search of Japanese Patents > PROMOTER

PROMOTER foreign

Patent code P100000745
File No. ShIP-9057N-AK01
Posted date Jun 11, 2010
Application number P2010-064274
Publication number P2011-193801A
Patent number P5594683
Date of filing Mar 19, 2010
Date of publication of application Oct 6, 2011
Date of registration Aug 15, 2014
Inventor
  • (In Japanese)木嵜 暁子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title PROMOTER foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new promoter increasing a synthetic amount of plant oils and fats by gene manipulation.
SOLUTION: The promotor comprises a first nucleic acid and a second nucleic acid combined with each other, wherein the first nucleic acid has a ≥500b continuous sequence out of 1,000b upstream from the translation initiation site of one gene selected from the group consisting of FAE1 and FAD3, and the second nucleic acid at least includes one WRI1 binding sequence and has a ≥100b continuous sequence out of the 5' upstream untranslated region of a gene selected from the group consisting of BCCP1, BCCP2, CTα and BC.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



菜種や大豆などの植物による貯蔵油脂は食用のみならず、バイオディーゼルの原料としても利用され得る大変有用な農産物である。植物油脂の合成に関わる遺伝子として、脂肪酸合成関連酵素遺伝子、及びトリアシルグリセロール(TAG)合成関連酵素遺伝子が知られている。前者は登熟初期から発現して、開花後10日目以降は発現量が低下する。一方、後者は登熟10日目前後から発現して、登熟後期までその発現量が比較的に高いレベルで持続する(非特許文献1)。





脂肪酸合成関連酵素遺伝子として、アブラナ科アセチルCoAカルボキシラーゼ(ACCase)遺伝子が知られており、ACCaseはBCCP、BC、CTα及びCTβの4つのサブユニットからなり、そのうち、CTβ以外の遺伝子は核にコードされており、CTβはプラスチドにコードされている。また、シロイヌナズナのBCCP遺伝子はBCCP1と、BCCP2との2つがある。TAG合成関連酵素遺伝子、さらに脂肪酸修飾に関わる遺伝子としては、FAE1(Fatty Acid Elongase 1)、及び、FAD3(Fatty Acid Desaturase 3)が知られている。





また、AP2型転写活性化因子WRINKLED1(WRI1)は、登熟期において炭素源の貯蔵油脂の合成への流れを制御するとの報告もある(非特許文献2)。WRI1結合配列は脂肪酸合成酵素関連遺伝子の上流領域に存在する。





しかし、脂肪酸合成関連酵素遺伝子及びTAG合成関連酵素遺伝子の発現の制御に関わる発現プロモーターについてはまだ決定されていない。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、プロモーター、特に植物での遺伝子発現に有用なプロモーターに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
FAE1及びFAD3からなる群より選択される1つの遺伝子の翻訳開始上流1,000bのうちの500b以上の連続的配列を有する、第1の核酸と、
BCCP1、BCCP2、CTα及びBCからなる群より選択される1つの遺伝子の5’上流非翻訳領域のうちの、少なくとも1つのWRI1結合配列を含み、かつ、100b以上の連続的配列を有する、第2の核酸と
が連結してなる、プロモーター。

【請求項2】
 
前記第2の核酸が、BCCP1、BCCP2、CTα及びBCからなる群より選択される1つの遺伝子の、
(1)5’上流非翻訳領域のうちの、少なくとも1つのWRI1結合配列を含み、かつ、100b以上の連続的配列、及び
(2)転写開始上流200b以上の配列
を有する、請求項1に記載のプロモーター。

【請求項3】
 
配列番号1に記載の塩基配列を有する核酸と、配列番号2に記載の塩基配列を有する核酸とが連結してなる、プロモーター。

【請求項4】
 
配列番号3に記載の塩基配列を有する、プロモーター。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか一項に記載のプロモーターを含む、植物形質転換用ベクター。

【請求項6】
 
請求項5に記載の植物形質転換用ベクターが導入される、種子。

【請求項7】
 
請求項6に記載の種子を育成して得られる、植物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close