Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR EVALUATION OF DISEASE OF THYROID BY ANTI-PENDRIN ANTIBODY

METHOD FOR EVALUATION OF DISEASE OF THYROID BY ANTI-PENDRIN ANTIBODY meetings

Patent code P100000815
File No. H21-017
Posted date Jul 9, 2010
Application number P2009-215272
Publication number P2011-064564A
Patent number P5537876
Date of filing Sep 17, 2009
Date of publication of application Mar 31, 2011
Date of registration May 9, 2014
Inventor
  • (In Japanese)吉田 明雄
  • (In Japanese)久留 一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鳥取大学
Title METHOD FOR EVALUATION OF DISEASE OF THYROID BY ANTI-PENDRIN ANTIBODY meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for evaluation of the disease of the thyroid in a target because an anti-TPO antibody or anti-TG antibody used as the biomarker of the disease of thyroid is measured in both of an autoimmune disease-of-thyroid patient group and an inflammatory disease-of-thyroid patient group and including the evaluation of the target having an autoimmune disease of the thyroid.
SOLUTION: An anti-pendrin antibody is almost measured only in the autoimmune disease-of-thyroid patient group and not measured in the inflammatory disease-of-thyroid patient group. Accordingly, the presence of the anti-pendrin antibody in the sample originating from the target is measured to evaluate that the disease of the thyroid is the autoimmune disease of the thyroid when the anti-pendrin antibody is present in the sample originating from the target.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



グレーブス病(バセドウ病とも称される)および橋本甲状腺炎(橋本病とも称される)は、最も一般的な甲状腺の自己免疫疾患である。これらの疾患は、甲状腺において特異的または主として発現される自己抗原(膜タンパク質、分泌蛋白質など)に対する自己抗体が産生され、当該自己抗体によって自己の臓器、すなわち甲状腺が攻撃されることを特徴とする。これまでに存在が確認されている甲状腺の自己抗原は、甲状腺ペルオキシダーゼ(TPO)、サイログロブリン(TG)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)レセプター、ナトリウムヨード共輸送体(NIS)である。





TGのような抗原は血中に分泌され、免疫細胞と容易に接触する。従って当該抗原レベルの上昇は、甲状腺炎またはがんにおいて見られるような、甲状腺濾胞損傷の有用な指標であり、抗TG抗体は甲状腺炎、自己免疫性甲状腺炎、炎症性甲状腺炎の有用な指標である。他の甲状腺抗原、例えばTPOは甲状腺の濾胞内膜において発現する膜貫通タンパク質であり、循環系の免疫細胞に容易に接触することができない。しかし、組織損傷が生じたとき、当該抗原は免疫系によって速やかに認識されるため、抗TPO抗体もまた、自己免疫性甲状腺炎、炎症性甲状腺炎の有用な指標である。現在、グレーブス病の診断のために、抗THSレセプター抗体が使用され、橋本甲状腺炎の診断のために、抗TPO抗体または抗TG抗体が使用されている。例えば、橋本甲状腺炎を有する患者群において約80%が抗TPO抗体または抗TG抗体陽性であるため、現在これらの抗体の測定を組合せて橋本甲状腺炎を診断している。





しかしながら、自己免疫性ではなく炎症性の甲状腺疾患、例えば無痛性甲状腺炎または亜急性甲状腺炎を有する患者においても、抗TPO抗体または抗TG抗体が陽性を示すことがあり(無痛性甲状腺炎(回復期を含む)では80%程度、亜急性甲状腺炎では20~30%が陽性)、また臨床的所見も自己免疫性甲状腺疾患と共通するところが多い。したがって、患者の甲状腺疾患が自己免疫性甲状腺疾患であるのか、炎症性甲状腺疾患であるのかを、既存の抗体によっては、確度よく鑑別することができなかった。





一方、ペンドリンは、甲状腺、内耳、子宮、胎盤、肺、腎臓に存在が確認されている、ヨード輸送蛋白である。甲状腺など限られた臓器に発現していることから、臓器特異的自己免疫疾患の抗原として認識されることが知られており、例えばグレーブス病患者の84%、橋本甲状腺炎患者の98%にペンドリンに対する自己抗体が存在する(非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、抗ペンドリン抗体による甲状腺疾患の評価方法に関する。具体的には、本発明は、対象由来のサンプルにおける抗ペンドリン抗体の有無を測定して、抗ペンドリン抗体が存在する場合には対象が自己免疫性甲状腺疾患を有すると評価する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
対象における甲状腺疾患を区別する方法であって、対象由来のサンプル中の抗ペンドリン抗体の有無を測定して、対象由来のサンプル中に抗ペンドリン抗体が存在するとき対象が自己免疫性甲状腺疾患を有する可能性があるとし、対象由来のサンプル中に抗ペンドリン抗体が存在しないとき対象が炎症性甲状腺疾患を有する可能性があるとすることを含む方法。

【請求項2】
 
対象がヒトである、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
サンプルが血清である、請求項1に記載の方法。

【請求項4】
 
対象由来のサンプル中の抗ペンドリン抗体の有無を、ウェスタンブロット法によって測定する、請求項1に記載の方法。

【請求項5】
 
ヒト対象における甲状腺疾患を区別する方法であって、ペンドリンを過剰発現させたCOS-7細胞から抽出した膜タンパク質を用いたウェスタンブロット法によってヒト血清中の抗ペンドリン抗体の有無を測定して、ヒト血清中に抗ペンドリン抗体が存在するとき対象が自己免疫性甲状腺疾患を有する可能性があるとし、対象由来のサンプル中に抗ペンドリン抗体が存在しないとき対象が炎症性甲状腺疾患を有する可能性があるとすることを含む方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009215272thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) (In Japanese) 抗ペンドリン抗体による甲状腺疾患の評価方法
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close