Top > Search of Japanese Patents > FLAKE LIKE LAMINAR COMPOUND

FLAKE LIKE LAMINAR COMPOUND commons achieved

Patent code P100000820
File No. 521-973
Posted date Jul 16, 2010
Application number P2009-208349
Publication number P2011-056390A
Patent number P5470639
Date of filing Sep 9, 2009
Date of publication of application Mar 24, 2011
Date of registration Feb 14, 2014
Inventor
  • (In Japanese)中川 敬三
  • (In Japanese)杉山 茂
  • (In Japanese)外輪 健一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人神戸大学
Title FLAKE LIKE LAMINAR COMPOUND commons achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a flake like laminar compound excellent in optical absorption in a visible light area and adsorption to organic compounds and having a high photocatalytic activity, a photocatalyst containing the flake like laminar compound, and an adsorbent to the organic compounds.
SOLUTION: The flake like laminar compound, wherein a lamella structure composed of a titanate crystal layer and/or a niobate crystal layer and a surfactant layer is included and the surfactant is an aliphatic diamine having amino groups at both ends, is provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



従来、酸化チタンは比較的毒性が低い上に白色であり、また、特に紫外線により光触媒作用を示すことから、顔料や光触媒として用いられてきた。さらに最近では、酸化チタンからなる薄膜が、キャパシタなどに適用される電子機能性薄膜として開発されている。





かかる薄膜は、例えば特許文献1に示す様に、両親媒性化合物とアルコキシチタン化合物を反応させた上でガラス板に滴下し、乾燥させることにより得た複合膜から両親媒性化合物を抽出することにより得られる。





また、特許文献2には、層状チタン酸化物結晶とポリジメチルジアリルアンモニウムなどのポリマーからなる層が積層した多層薄膜が記載されている。特許文献3には、酸化チタン薄膜とジオクタデシルジメチルアンモニウムなどの有機アンモニウムの層が積層されている多層積層膜が開示されている。





さらに特許文献4および非特許文献1~4には、チタニウムイソプロポキシドとドデカンジアミンとトリエタノールアミンとの混合物を水熱反応に付すことにより多層化合物を得、さらにドデカンジアミンを除去することにより酸化チタンからなるナノチューブやナノプレートなどを製造する技術が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、層状構造を有する薄片様の化合物、並びに当該薄片様層状化合物を含む光触媒および有機化合物に対する吸着剤に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
チタン酸結晶層および/またはニオブ酸結晶層並びに界面活性剤層からなるラメラ構造を有し、界面活性剤が両端にアミノ基を有する脂肪族ジアミンであることを特徴とする薄片様層状化合物。

【請求項2】
 
チタン酸結晶層および/またはニオブ酸結晶層と、界面活性剤層とが、1層ずつ交互に形成されている請求項1に記載の薄片様層状化合物。

【請求項3】
 
含窒素ドープ剤を含む請求項1または2に記載の薄片様層状化合物。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれかに記載の薄片様層状化合物を含む光触媒。

【請求項5】
 
請求項1~3のいずれかに記載の薄片様層状化合物を含む、有機化合物に対する吸着剤。

【請求項6】
 
チタン酸結晶層および/またはニオブ酸結晶層並びに界面活性剤層からなるラメラ構造を有する薄片様層状化合物を製造するための方法であって、
溶媒に、チタンアルコキシド化合物および/またはニオブアルコキシド化合物と、両端にアミノ基を有する脂肪族ジアミンである界面活性剤を添加する原料混合工程、並びに、
上記原料混合工程で得られた反応混合液を、密閉容器中、100℃以上、250℃以下で水熱反応に付す水熱反応工程を含み、
上記原料混合工程において、界面活性剤に対するチタンアルコキシド化合物および/またはニオブアルコキシド化合物の使用量を、モル比率で0.1倍以上、2.5倍以下とすることを特徴とする製造方法。

【請求項7】
 
上記原料混合工程において、さらに窒素ドープ剤を添加する請求項6に記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

007738_1SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close