Top > Search of Japanese Patents > FLUORESCENT MATERIAL AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

FLUORESCENT MATERIAL AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings

Patent code P100000829
Posted date Jul 23, 2010
Application number P2010-029573
Publication number P2011-162728A
Patent number P5431995
Date of filing Feb 13, 2010
Date of publication of application Aug 25, 2011
Date of registration Dec 13, 2013
Inventor
  • (In Japanese)米沢 晋
  • (In Japanese)高島 正之
  • (In Japanese)金 在虎
  • (In Japanese)横山 周平
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title FLUORESCENT MATERIAL AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fluorescent material which is obtained by effectively utilizing shells treated as wastes as a raw material and which is suitably usable, for example, as paint etc., and a method for producing the same.
SOLUTION: The fluorescent material contains extract as an effective component obtained by extracting baking powders of shells with water after baking the shells. The method for producing the fluorescent material includes: dispersing the baking powders of shells in water obtained by baking and pulverizing the shells; and removing the baking powders of shells from the dispersion obtained.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、ホタテガイなどの貝殻をそのまま産業廃棄物として処理するのではなく、その貝殻を有効活用するために種々の研究がされている。例えば、ホタテガイの貝殻を有効利用する方法として、100℃を超える温度でホタテガイの貝殻を焼成処理することによって蛍光体を製造する方法(例えば、特許文献1参照)、貝殻粉末とアルミナおよび/または水酸化アルミニウム粉末と賦活剤とを含有する原料を焼結することによって蓄光性蛍光体を製造する方法(例えば、特許文献2参照)、貝殻を焼成後に粉砕することによって得られた粉末をCa-α-サイアロン蛍光体の製造原料として用いる方法(例えば、特許文献3参照)などが知られている。



しかし、従来の貝殻を使用した蛍光体は、いずれも、水に不溶の固形の貝殻の粉末が使用されているため、例えば、塗料などに使用した場合、分散性および形成される塗膜の平滑性(レベリング性)に劣り、また塗料の流動性が低下するという欠点があることから、その用途展開に大きな制約がある。



したがって、近年、産業廃棄物として廃棄されている貝殻を有効利用し、水溶性に優れた機能性材料の開発が待ち望まれている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、水性蛍光塗料用蛍光材料およびその製造方法に関する。さらに詳しくは、例えば、蓄光性塗料、暗闇でも視認可能な蓄光性タイルなどの建材、避難誘導表示板などに有用である水性蛍光塗料用蛍光材料およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
貝殻を焼成してなる貝殻の焼成粉末を水で抽出した抽出液を有効成分として含有する蛍光材料であって、前記貝殻がホタテガイの貝殻、ムラサキイガイの貝殻およびサザエの貝殻からなる群より選ばれた少なくとも1種の貝殻であり、前記貝殻の焼成粉末が貝殻を150~400℃の温度で焼成してなる焼成粉末であり、前記抽出液が前記貝殻の焼成粉末を5~60℃の水中で抽出した抽出液であり、前記抽出液に含まれている焼成粉末が除去されていることを特徴とする水性蛍光塗料用蛍光材料

【請求項2】
 
請求項1に記載の抽出液を蒸発乾固してなる固形物を有効成分として含有する水性蛍光塗料用蛍光材料。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の水性蛍光塗料用蛍光材料が配合されてなる水性蛍光塗料。

【請求項4】
 
貝殻を焼成し、粉砕することによって得られた貝殻の焼成粉末を水中で分散させ、得られた分散液から当該貝殻の焼成粉末を除去する水性蛍光塗料用蛍光材料の製造方法であって、前記貝殻がホタテガイの貝殻、ムラサキイガイの貝殻およびサザエの貝殻からなる群より選ばれた少なくとも1種の貝殻であり、当該貝殻を150~400℃の温度で焼成し、当該貝殻を焼成することによって得られた焼成粉末を5~60℃の水で抽出し、得られた抽出液に含まれている焼成粉末を除去することを特徴とする水性蛍光塗料用蛍光材料の製造方法。

【請求項5】
 
貝殻を焼成した後に粉砕する請求項4に記載の水性蛍光塗料用蛍光材料の製造方法。

【請求項6】
 
さらに、前記貝殻の焼成粉末が除去された分散液を蒸発乾固する請求項4または5に記載の水性蛍光塗料用蛍光材料の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010029573thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close