Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING COLORED TITANIUM DIOXIDE POWDER

METHOD FOR PRODUCING COLORED TITANIUM DIOXIDE POWDER meetings

Patent code P100000831
Posted date Jul 23, 2010
Application number P2010-073914
Publication number P2011-207628A
Patent number P5385190
Date of filing Mar 27, 2010
Date of publication of application Oct 20, 2011
Date of registration Oct 11, 2013
Inventor
  • (In Japanese)米沢 晋
  • (In Japanese)高島 正之
  • (In Japanese)金 在虎
  • (In Japanese)久保 俊昌
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title METHOD FOR PRODUCING COLORED TITANIUM DIOXIDE POWDER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide colored titanium dioxide powder having excellent photocatalytic activity and suitably usable not only as a photocatalyst but as a chromatic pigment or the like having catalytic activity.
SOLUTION: This method for producing the colored titanium dioxide powder comprises bringing titanium dioxide particles into contact with fluorine gas, mixing the resulting fluorinated titanium dioxide particles with a peroxide aqueous solution, and drying a solid component contained in the resulting mixture. Another method for producing the colored titanium dioxide powder comprises bringing titanium dioxide particles into contact with fluorine gas and heating the resulting fluorinated titanium dioxide particles at a temperature of 150-800°C.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般に二酸化チタンは、紫外線に対し優れた触媒活性を有することから、紫外線遮蔽材料、光触媒などとして化粧料、光電変換用薄膜、光触媒薄膜などに用いられている(例えば、特許文献1の段落の[0002]参照)。しかし、二酸化チタンを顔料として使用する場合、そのほとんどのものが白色を有するものであるため、その用途に制約がある。



着色された二酸化チタンの製造方法として、硫酸法によって二酸化チタンを調製し、得られた含水二酸化チタンを硫酸チタン溶液から沈殿させた後、か焼することにより、着色二酸化チタンを製造する方法が提案されている(例えば、特許文献2の段落の[0010]参照)。しかし、この方法によって得られた着色二酸化チタンは、その色彩が明らかにされておらず、さらにその触媒活性も明らかにされていない。



したがって、近年、優れた光触媒活性を有し、光触媒としてのみならず、触媒活性を有する有彩色の顔料などとして好適に使用することができる着色二酸化チタン粉末の開発が求められている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、着色二酸化チタン粉末の製造方法に関する。さらに詳しくは、光触媒活性を有する着色顔料、可視光応答型グレッチェル型湿式太陽電池材料、光電変換用薄膜、光触媒薄膜などに有用な着色二酸化チタンの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
二酸化チタン粒子をフッ素ガスと接触させた後、得られたフッ素化された二酸化チタン粒子と過酸化物水溶液とを混合し、得られた混合物に含まれている固形分を乾燥させることを特徴とする着色二酸化チタン粉末の製造方法。

【請求項2】
 
二酸化チタン粒子をフッ素ガスと接触させる際のフッ素ガスの圧力が0.5~200kPaである請求項1に記載の着色二酸化チタン粉末の製造方法。

【請求項3】
 
二酸化チタン粒子をフッ素ガスと接触させる際のフッ素ガスの温度が0~400℃である請求項1または2に記載の着色二酸化チタン粉末の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close