Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR RAISING OF SEEDLING OF SWEET POTATO BY SMALL PIECE OF ROOT TUBER

METHOD FOR RAISING OF SEEDLING OF SWEET POTATO BY SMALL PIECE OF ROOT TUBER

Patent code P100000967
Posted date Sep 30, 2010
Application number P2001-028621
Publication number P2002-233236A
Patent number P3554817
Date of filing Feb 5, 2001
Date of publication of application Aug 20, 2002
Date of registration May 21, 2004
Inventor
  • (In Japanese)山下 正隆
  • (In Japanese)山川 理
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR RAISING OF SEEDLING OF SWEET POTATO BY SMALL PIECE OF ROOT TUBER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for raising of seedling of sweet potato by small sections of root tuber, with which sweet potato to be effectively increased, to be excellently grown and to have improved yield and quality of sweet potato to be harvested is provided and a seedling is can be applied to transplantation using a machine.
SOLUTION: This method for producing the seedling of sweet potato comprises (a) a process for immersing a sweet potato in a round sweet potato as it is in water at a temperature suitable for growth of sweet potato, (b) a process for peeling the sweet potato and dividing into sections, (c) a process for washing the sections with water immediately after the process (b), (d) a process for curing the sections, (e) a process for arranging the sections on a medium, culturing the sections under conditions not to dry the sections at 28°C to 32°C so as to form adventitious buds and (f) a process for culturing the sections having formed the adventitious buds in a container filled with a medium under conditions not to dry the sections at a temperature suitable for the growth of sweet potato so as to grow the seedlings of sweet potato.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



甘しょの栽培は、丸イモから発生させた蔓を用いて苗を調製し、手作業で土中に移植することによって行われてきた。

この方法における苗の調製段階では、通常、甘しょ塊根からの発芽部位はイモ全体ではなく、その上部のしょ梗に近い部分に限定される。従って、このような方法では、新芽数が少なく、十分な量の苗の確保には多数のイモと蔓の多回刈りが必要となるため、多くの種イモと労力が要求される。

また、従来の蔓苗は柔らかく、着葉状態であるため、機械による移植が困難である。従って、蔓苗の移植は手作業に頼らざるを得ず、その移植作業には多大なる労力と時間を要する。





一方、農作業従事者の高齢化に対応するため、及び国際的な競争力を向上させるためには、労力の低減及び生産コストの低減を図る必要があり、そのために機械化に対応できる移植技術が望まれている。

機械化されている甘しょの移植技術としては直播技術があるが、これは丸イモ又は2~4分割したイモを機械移植に適用するものであり、蔓苗を用いる方法に比べると、甘しょイモの収量及び品質が低くなる。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、甘しょの新規育苗方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 以下の工程:
(a)甘しょイモを丸イモのまま、甘しょの生育に適した温度の水に浸漬する工程;
(b)該甘しょイモを皮付き切片に分割する工程;
(c)該切片を、工程(b)の直後に水洗する工程;
(d)該切片をキュアリング処理する工程;及び
(e)該切片を、培地上に配置して、該切片を乾燥させない条件下、28℃~32℃で培養し、これにより不定芽を形成させる工程;
を含む、甘しょの不定芽を形成する方法。
【請求項2】
 前記工程(a)における甘しょの生育に適した温度が20℃~30℃である請求項1記載の方法。
【請求項3】
 前記工程(a)における浸漬の期間が2~4日間である請求項1記載の方法。
【請求項4】
 前記工程(b)において、甘しょイモを5g~20gの皮付き切片に分割する請求項1記載の方法。
【請求項5】
 前記工程(e)における培地が、水分を含ませた保湿性培地である請求項1記載の方法。
【請求項6】
 以下の工程:
(a)甘しょイモを丸イモのまま、甘しょの生育に適した温度の水に浸漬する工程;
(b)該甘しょイモを皮付き切片に分割する工程;
(c)該切片を、工程(b)の直後に水洗する工程;
(d)該切片をキュアリング処理する工程;
(e)該切片を、培地上に配置して、該切片を乾燥させない条件下、28℃~32℃で培養し、これにより不定芽を形成させる工程;及び
(f)工程(e)により不定芽を形成した切片を、培地を充填した容器中において、該切片を乾燥させない条件下、甘しょの生育に適した温度で培養し、これにより甘しょの苗を生育させる工程;
を含む、甘しょの苗を生産する方法。
【請求項7】
 前記工程(a)における甘しょの生育に適した温度が20℃~30℃である請求項6記載の方法。
【請求項8】
 前記工程(a)における浸漬の期間が2~4日間である請求項6記載の方法。
【請求項9】
 前記工程(b)において、甘しょイモを5g~20gの皮付き切片に分割する請求項6記載の方法。
【請求項10】
 前記工程(e)及び(f)における培地が、水分を含ませた保湿性培地である請求項6記載の方法。
【請求項11】
 前記工程(f)における甘しょの生育に適した温度が20℃~30℃である請求項6記載の方法。
【請求項12】
 前記工程(f)における培養の期間が10日間以上である請求項6記載の方法。
【請求項13】
 請求項6~12のいずれか一項に記載の方法によって得られる甘しょの苗。
【請求項14】
 前記苗の芽長が3cm~22cmであり、節数が5~15節である請求項13記載の苗。
【請求項15】
 請求項6~12のいずれか一項に記載の方法によって得られる甘しょの苗を用いることを特徴とする甘しょの栽培方法。
【請求項16】
 前記苗の芽長が3cm~22cmであり、節数が5~15節である請求項15記載の栽培方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close