Top > Search of Japanese Patents > HIERARCHICAL OPTICAL PASS CROSS-CONNECT DEVICE OF OPTICAL PATH NETWORK

HIERARCHICAL OPTICAL PASS CROSS-CONNECT DEVICE OF OPTICAL PATH NETWORK

Patent code P100001098
File No. J1020-03
Posted date Oct 27, 2010
Application number P2010-184477
Publication number P2012-044485A
Patent number P5526389
Date of filing Aug 19, 2010
Date of publication of application Mar 1, 2012
Date of registration Apr 25, 2014
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 健一
  • (In Japanese)長谷川 浩
  • (In Japanese)平光 亮介
  • (In Japanese)石井 紀代
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title HIERARCHICAL OPTICAL PASS CROSS-CONNECT DEVICE OF OPTICAL PATH NETWORK
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hierarchical optical pass cross-connect device of an optical path network capable of making a size of a matrix switch further smaller.
SOLUTION: In a wavelength path cross-connect part WXC, a matrix switch for wavelength route switching WMS2 outputs one wavelength, which is input from an input side optical multiplexer/de-multiplexer AW1-AWyKM, selectively from output ports corresponding to output side optical fibers Fo1, Fo2, ... and FoK, and an output side optical multiplexer/de-multiplexer BW1-BWK outputs an add wavelength group obtained by multiplexing wavelengths output from the matrix switch for wavelength route switching WMS2, directly to the output side optical fibers Fo1, Fo2, ... and FoK without passing via a wavelength group path cross-connect part BXC. Since the matrix switch for wavelength route switching WMS2 is configured not to include an area which is not used, the hierarchical optical pass cross-connect device 10 becomes small-sized.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



階層化光パスネットワークでは、所定の通信波長帯のたとえば100GHz毎に分割された複数の波長チャネル(wave channel or light path)にそれぞれ対応する複数の波長の光が合波された波長分割多重(WDM:Wavelength Division Multiplexing)光すなわち波長群が、複数本のパス(光ファイバ)を介して複数並列に伝送される。上記光パスネットワークの各中継ノードでは、光ファイバなどにより伝送された上記波長群がそのまま所定の伝送方向の光ファイバへ切り換えられるとともに、その波長群に含まれる波長(チャネル)が必要に応じて分離され且つ再合波された波長群が、所定の伝送方向の光ファイバへ切り換えられる。特許文献1に示される光パスクロスコネクト装置はその一例である。





近年では、通信容量の増加により上記中継ノードを構成する光パスクロスコネクト装置において、入力側の複数の伝送路から入力された複数の波長群或いは波長を出力側の伝送路のうちの所定の伝送路へ直接的にルーティングする方路切換や、入力された複数の波長群或いは波長の一部をドロップさせて所定の方路の他の波長群へ加える(アド)のための切り換えに用いられるマトリックススイッチの規模が増大しており、装置の規模や価格の観点から、そのマトリックススイッチの規模を可及的に小さくすることが求められている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、光パスネットワークの中継ノードとして機能する階層化光パスクロスコネクト装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の入力側波長群パスを介してそれぞれ入力された複数の波長群を波長群単位でルーティングを行って複数の出力側波長群パスへ出力する波長群パスクロスコネクト部と、該複数の入力側波長群パスを介して伝送された複数組の波長群のうちの所定割合のドロップ波長群をそれぞれ構成する複数の波長を波長単位でルーティングを行って所定割合の加入波長群を構成する波長パスクロスコネクト部とを有する階層化光パスクロスコネクト装置であって、
前記波長パスクロスコネクト部は、
前記ドロップ波長群毎にそれを構成する波長に分波する複数の入力側波長分波器と、
該複数の入力側波長分波器によりそれぞれ分波される波長毎に設けられ、入力された1つの波長を前記複数の出力側波長群パスに対応する出力ポートから択一的にそれぞれ出力する複数群の波長方路切換用光スイッチと、
該複数群の波長方路切換用光スイッチに対応して複数設けられ、該複数群の波長方路切換用光スイッチのうちの1群の波長方路切換用光スイッチから出力される波長をそれぞれ合波したアド波長群を、前記波長群パスクロスコネクト部を経由しないで前記複数の出力側波長群パスへそれぞれ直接的に出力する出力側波長合波器と、
を、含むことを特徴とする光パスネットワークの階層化光パスクロスコネクト装置。

【請求項2】
 
前記複数の出力側波長群パスの入力側に複数の光カプラがそれぞれ設けられ、
前記複数の出力側波長合波器から出力されたアド波長群と前記波長群パスクロスコネクト部から出力された複数の波長群は、該複数の光カプラを介して前記複数の出力側波長群パスへそれぞれ入力されることを特徴とする請求項1の光パスネットワークの階層化光パスクロスコネクト装置。

【請求項3】
 
前記複数群の波長方路切換用光スイッチは、前記入力側波長分波器の複数の出力ポートに対応した複数の1×K光スイッチで1群を構成し、該1群の1×K光スイッチを該入力側波長分波器の数に対応した群数備えたものであり、
前記複数の入力側波長分波器と前記複数群の波長方路切換用光スイッチとの間には、ドロップ波長を電気レベルへドロップさせるためのドロップ波長用光スイッチと、該電気レベルから入力される信号を表わすアド波長を加入させるアド波長用光スイッチとが、それぞれ介挿されていることを特徴とする請求項1または2の光パスネットワークの階層化光パスクロスコネクト装置。

【請求項4】
 
前記複数組の波長群をそれぞれ構成する複数群の波長は、長さ順に連続配置された複数の波長から、長さが互いに連続する複数の波長で1群を構成するように順次選択された連続配置型波長群であることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1の光パスネットワークの階層化光パスクロスコネクト装置。

【請求項5】
 
前記複数組の波長群をそれぞれ構成する複数群の波長は、長さが不連続となるように配置された複数の波長から、互いに不連続な複数の波長で1群を構成するように順次選択された分散配置型波長群であることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1の光パスネットワークの階層化光パスクロスコネクト装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010184477thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close