Top > Search of Japanese Patents > BIOTISSUE STICKING DEVICE

BIOTISSUE STICKING DEVICE meetings foreign

Patent code P100001156
Posted date Nov 4, 2010
Application number P2006-055619
Publication number P2007-229270A
Patent number P5028607
Date of filing Mar 1, 2006
Date of publication of application Sep 13, 2007
Date of registration Jul 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)岸田 晶夫
  • (In Japanese)増澤 徹
  • (In Japanese)樋上 哲哉
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 東京医科歯科大学
  • (In Japanese)国立大学法人茨城大学
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
Title BIOTISSUE STICKING DEVICE meetings foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a device for sticking a biotissue to a biotissue or to a biotissue adhesive material.
SOLUTION: This device 1a for sticking adherends T1 and T2 is provided with a clamping section 2a for clamping the adherends T1 and T2 between members 21a and 22a, a pressurization section 3a pressurizing the member 22a in the direction of the member 21a, a pressurization control section 4a controlling the pressurization by the pressurization section 3a, a heating body 5a incorporated in the member 21a, a heating control section 6a controlling the heating by the heating body 5a, a vibration generating section 7a generating microvibration, and a vibration control section 8a controlling the microvibration generated by the vibration generating section 7a.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、生体組織同士を接着させるために、縫合糸、接着剤、自動吻合器、ステープラー、クリップ等が用いられてきた。しかしながら、縫合糸には、縫合に時間がかかる(特に微細な縫合部)、熟練が必要である等の問題点があり、接着剤(例えばフィブリン糊、シアノアクリレート等)には、接着力が低い、安全性が低い(例えばフィブリン糊は感染性、シアノアクリレートは発ガン性)等の問題点があり、自動吻合器には、微細な部分への適用が困難である等の問題点があり、ステープラー、クリップ等には、接着に長時間を要する等の問題点がある。



一方、超音波メス(振動モード)は、生体組織同士を凝固・接着できるが、超音波メスは、大きな振幅を得るためにホーン部が必要であり、装置の小型化が困難である。なお、超音波メスによる生体組織同士の接着は、メス刃が超音波振動して生じる摩擦熱により生体組織のコラーゲン組織が一部融解して生じると考えられている。高周波メスは、高周波により発熱(約100℃)し、生体組織同士を接着できるが、メス部が大きく、周辺にダメージを与える。電気メス(止血モード)は、高温(約300℃)で生体組織を焼き切ることにより止血できるが、生体組織同士の接着は困難である。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、生体組織と生体組織又は生体組織接着性材料とを接着させるための装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1の被着体である生体組織と、第2の被着体である生体組織又は生体組織接着性材料とを接着させるための装置であって、
生体組織接着性材料は、湿潤コラーゲン、ポリウレタン、ビニロン、ゼラチン又はこれらの複合材料であり、
第1及び第2の被着体が互いに接触するように、第1及び第2の被着体を挟持する挟持部と、
挟持部に挟持された第1及び第2の被着体に20000~60000N/m2の圧力が加えられるように、挟持部による挟持力を制御する挟持力制御部と、
挟持部に挟持された第1及び/又は第2の被着体を加熱する加熱部と、
挟持部に挟持された第1及び第2の被着体の温度が100~120℃となるように、加熱部による加熱を制御する加熱制御部と、
第1及び第2の被着体の接触面と平行な方向に振動させることにより、挟持部に挟持された第1及び/又は第2の被着体を振動させる振動部と、
挟持部に挟持された第1及び第2の被着体が周波数7~14.5kHzかつ振幅4~9μmで振動するように、振動部による振動を制御する振動制御部とを備え、
挟持部によって第1及び第2の被着体を互いに接触した状態で挟持し、加熱部によって互いに接触した状態の第1及び/又は第2の被着体を加熱すると共に、振動部によって互いに接触した状態の第1及び/又は第2の被着体を振動させ、20000~60000N/m2の圧力、100~120℃の温度及び周波数7~14.5kHzかつ振幅4~9μmの振動を10~240秒付加することにより、第1及び第2の被着体を接着させることを特徴とする前記装置。

【請求項2】
 
挟持部が、第1の被着体に接触する第1の接触部と、第2の被着体に接触する第2の接触部との間に第1及び第2の被着体を挟持し、
加熱部が、第1及び/又は第2の接触部を加熱することにより、挟持部に挟持された第1及び/又は第2の被着体を加熱し、
振動部が、第1及び/又は第2の接触部を振動させることにより、挟持部に挟持された第1及び/又は第2の被着体を振動させることを特徴とする請求項1記載の装置。

【請求項3】
 
互いに接触した状態にある第1及び第2の被着体の間に介在させることができる介在部を備え、
加熱部が、介在部を加熱することにより、挟持部に挟持された第1及び/又は第2の被着体を加熱し、
振動部が、介在部を振動させることにより、挟持部に挟持された第1及び/又は第2の被着体を振動させることを特徴とする請求項1記載の装置。

【請求項4】
 
第1の被着体である生体組織と、第2の被着体である生体組織又は生体組織接着性材料とを接着させるための装置であって、
生体組織接着性材料は、湿潤コラーゲン、ポリウレタン、ビニロン、ゼラチン又はこれらの複合材料であり、
第1及び第2の被着体が互いに接触するように、第1及び第2の被着体の一方を他方に対して加圧する加圧部と、
第1及び第2の被着体に20000~60000N/m2の圧力が加えられるように、加圧部による加圧を制御する加圧制御部と、
第1及び/又は第2の被着体を加熱する加熱部と、
第1及び第2の被着体の温度が100~120℃となるように、加熱部による加熱を制御する加熱制御部と、
第1及び第2の被着体の接触面と平行な方向に振動させることにより、第1及び/又は第2の被着体を振動させる振動部と、
第1及び第2の被着体が周波数7~14.5kHzかつ振幅4~9μmで振動するように、振動部による振動を制御する振動制御部とを備え、
加圧部によって第1及び第2の被着体を互いに接触した状態となるように第1及び第2の被着体の一方を他方に対して加圧し、加熱部によって互いに接触した状態の第1及び/又は第2の被着体を加熱すると共に、振動部によって互いに接触した状態の第1及び/又は第2の被着体を振動させ、20000~60000N/m2の圧力、100~120℃の温度及び周波数7~14.5kHzかつ振幅4~9μmの振動を10~240秒付加することにより、第1及び第2の被着体を接着させることを特徴とする前記装置。

【請求項5】
 
第1又は第2の被着体に接触する接触部を備え、
加熱部が、接触部を加熱することにより、第1又は第2の被着体を加熱し、
振動部が、接触部を振動させることにより、第1又は第2の被着体を振動させることを特徴とする請求項4記載の装置。

【請求項6】
 
加圧部が、接触部を第1及び第2の被着体の一方に対して加圧することにより、第1及び第2の被着体の一方を他方に対して加圧することを特徴とする請求項5記載の装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006055619thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close