Top > Search of Japanese Patents > GENUS GEOBACTER BACTERIUM DETOXIFYING 1,2-DICHLOROETHANE INTO ETHYLENE

GENUS GEOBACTER BACTERIUM DETOXIFYING 1,2-DICHLOROETHANE INTO ETHYLENE

Patent code P100001268
File No. NU-0379
Posted date Nov 29, 2010
Application number P2010-177483
Publication number P2012-034620A
Patent number P5764880
Date of filing Aug 6, 2010
Date of publication of application Feb 23, 2012
Date of registration Jun 26, 2015
Inventor
  • (In Japanese)吉田 奈央子
  • (In Japanese)朝日 教智
  • (In Japanese)片山 新太
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
  • (In Japanese)名古屋市
Title GENUS GEOBACTER BACTERIUM DETOXIFYING 1,2-DICHLOROETHANE INTO ETHYLENE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new microorganism for detoxifying 1,2-dichloroethane, to provide applications thereof, besides, to provide an enzyme for detoxifying 1,2-dichloroethane, to provide a gene encoding the enzyme, and to provide their applications.
SOLUTION: Genus Geobacter bacteria for degrading 1,2-dichloroethane into ethylene by anaerobic dechlorination reaction are provided. These bacteria can utilize the 1,2-dichloroethane as an electron receptor.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


1,2-ジクロロエタン(以下、「1,2-DCA」と略称する)は塩化ポリビニル製造の中間体であり、適切に処理されなかった産業廃棄物から漏洩し、地球上で最も含有量の多い地下水汚染C2化合物として問題になっている。広範囲にわたる土壌地下水を浄化する方法の一つとして1,2-DCAを無毒化する微生物を補填する方法がある。1,2-DCAを分解する微生物として、これまでにクロロフレキシ門のデハロコッコイデス・エテノジェネス(Dehalococcoides ehtenogenes)195株(非特許文献1)及びフェーミキューテス門のデサルフィトバクテリウム・ジクロロエリミナンス(Desulfitobacterium dichloroeliminans)DCA1株(非特許文献2)が分離されている。195株は還元的脱塩素化を介して1,2-DCAをエチレンへと無毒化できる能力を有する一方、副産物として毒性のある塩化ビニルを産生するため、1,2-DCA汚染環境を単独で浄化する目的には不向きである(非特許文献1)。DCA1株は1,2-DCAを脱塩素化反応によりエチレンに無毒化するため、副産物として塩化ビニル(VC)が生じない。そのため、既存微生物の内では最も1,2-DCA汚染浄化に適した株であり(非特許文献2)、微生物浄化資材として実用化されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は新規なジオバクター属細菌に関する。詳しくは、嫌気的脱塩素化反応によって1,2-ジクロロエタンをエチレンに無毒化するジオバクター属細菌及びその用途に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下の特性を備え、受託番号がFERM P-21949である、ジオバクター属細菌:
(1)嫌気的脱塩素化反応により1,2-ジクロロエタンをエチレンに分解する;
(2)1,2-ジクロロエタンを電子受容体として利用できる;

【請求項2】
 
以下の特性を更に備える、請求項1に記載のジオバクター属細菌:
(3)テトラクロロエチレン、1,1,2-トリクロロエタン、2,4,6-トリクロロフェノール及びヘキサクロロベンゼンを分解しない。

【請求項3】
 
16SリボソームRNA遺伝子の配列が、配列番号1に示す配列である、請求項1に記載のジオバクター属細菌。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか一項に記載のジオバクター属細菌を含有する、浄化剤。

【請求項5】
 
塩素化エチレンに対する脱塩素化能を有する細菌を更に含有する、請求項4に記載の浄化剤。

【請求項6】
 
前記細菌として、塩化ビニルに対する脱塩素化能を有する細菌が用いられる、請求項5に記載の浄化剤。

【請求項7】
 
前記細菌として、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン又はシス1,2-ジクロロエチレンに対する脱塩素化能を有する細菌と、塩化ビニルに対する脱塩素化能を有する細菌が併用される、請求項5に記載の浄化剤。

【請求項8】
 
1,2-ジクロロエタンを含有する汚染物に対して請求項1~3のいずれか一項に記載のジオバクター属細菌を作用させることを特徴とする、浄化方法。

【請求項9】
 
塩素化エチレンに対する脱塩素化能を有する細菌を併用することを特徴とする、請求項8に記載の浄化方法。

【請求項10】
 
前記細菌として、塩化ビニルに対する脱塩素化能を有する細菌が用いられる、請求項9に記載の浄化方法。

【請求項11】
 
前記細菌として、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン又はシス1,2-ジクロロエチレンに対する脱塩素化能を有する細菌と、塩化ビニルに対する脱塩素化能を有する細菌が併用される、請求項9に記載の浄化方法。

【請求項12】
 
以下のステップ(1)及び(2)を含んでなる、脱塩素化酵素の製造法:
(1)嫌気的脱塩素化反応によって1,2-ジクロロエタンをエチレンに無毒化する脱塩素化酵素を発現する、受託番号がFERM P-21949である、ジオバクター属細菌を培養するステップ;
(2)培養後の培養液及び/又は菌体より、脱塩素化酵素を回収するステップ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010177483thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close