Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR SYNTHESIZING 2-THIOURIDINE ANALOG

METHOD FOR SYNTHESIZING 2-THIOURIDINE ANALOG commons

Patent code P100001294
File No. 01-007
Posted date Dec 6, 2010
Application number P2001-071331
Publication number P2002-265490A
Patent number P3982738
Date of filing Mar 14, 2001
Date of publication of application Sep 18, 2002
Date of registration Jul 13, 2007
Inventor
  • (In Japanese)関根 光雄
  • (In Japanese)清尾 康志
  • (In Japanese)庄田 耕一郎
  • (In Japanese)岡本 到
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京工業大学
Title METHOD FOR SYNTHESIZING 2-THIOURIDINE ANALOG commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for efficiently synthesizing a 2-thiouridine analog in large quantities from inexpensive compounds.
SOLUTION: This method for synthesizing a 2-thiouridine analog is characterized by comprising the respective protective steps 10, 11 and 12 of introducing respective protective groups onto the hydroxy group at the 3'-position, the hydroxy group at the 5'-position, and the carbonyl group at the 4-position of an uridine analog, the functional group substitution step 13 of converting the carbonyl group at the 2-position of the uridine analog into a thiocarbonyl group, and the respective deprotecting steps 14 and 8 of eliminating the protective groups introduced in the protective steps after the functional group substitution.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


2'-O-メチル-2-チオウリジンは、Edmondsらによって発見されたヌクレオシドで、好熱細菌のtRNAなどに含まれる(C.G.Edomonds et al., J. Chem. Soc. Chem. Commun., 1987, 909-910)。このヌクレオシドは、アデノシンと正確に塩基対を形成し、また、らせんを安定化させるという性質を持つことから(S.Yokoyama et al., Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 1985, 82, 4905)、チミジンの代わりに核酸に組み込めば、遺伝子診断用のプローブやアンチセンス核酸などとして非常に有用である。



2'-O-メチル-2-チオウリジンの合成法は、Edomondsらによって報告されているが(C.G.Edomonds wt al., J. Chem. Soc. Chem. Commun., 1987, 909-910)、この合成法では、ジアゾメタンを用いて2'位の水酸基にメチル基を導入するため、2'位の水酸基と3'位の水酸基に同時にメチル化反応が起こってしまうという欠点がある。



このようなEdomondsら合成法を改良し、より効率的な2'-O-メチル-2-チオウリジン合成を可能にするため、本発明者らは2-チオウラシルを原料物質とする合成方法を開発した(K.Shohda, I.Okamoto, T.Wada, K.Seio and M. Sekine, Bioorg. Med. Chem. Lett., 2000, 10, 1795-1798)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、廉価な化合物から2-チオウリジン類縁体を大量かつ効率的に合成する方法に関する。2'-O-メチル-2-チオウリジンなどの2-チオウリジン類縁体は、アンチセンス核酸、遺伝子診断用のプローブなどの構成ヌクレオシドとして有用な化合物である。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記の一般式(I):
【化1】
 


(式中、R1は水素又は水酸基を表し、R2は水素、ハロゲン、メチル基、又はアルキニル基を表す。)
で示されるウリジン類縁体から下記の一般式(II):
【化2】
 


(式中、R2は水素、ハロゲン、メチル基、又はアルキニル基を表し、R3は水素、水酸基、又はOR4〔但し、R4は置換基を有してよいアルキル基、アルケニル基、ベンジル基を表す。〕を表す。)
で示される2-チオウリジン類縁体を合成する方法であって、一般式(I)で示されるウリジン類縁体の3'位の水酸基、5'位の水酸基、及び4位のカルボニル基に保護基を導入する保護工程、保護基を導入した後に、一般式(I)で示されるウリジン類縁体の2位のカルボニル基をチオカルボニル基に変換する官能基置換工程、並びに官能基置換を行った後に、保護工程で導入した保護基を除去する脱保護工程を含むことを特徴とする2-チオウリジン類縁体の合成法。

【請求項2】
 
保護工程後官能基置換工程前に、ウリジン類縁体の2'位の水酸基を修飾する工程を含むことを特徴とする請求項1記載の2-チオウリジン類縁体の合成法。

【請求項3】
 
ウリジン類縁体が、ウリジンであることを特徴とする請求項1又は2記載の2-チオウリジン類縁体の合成法。

【請求項4】
 
2-チオウリジン類縁体が、2'-O-メチル-2-チオウリジンであることを特徴とする請求項3記載の2-チオウリジン類縁体の合成法。

【請求項5】
 
ウリジン類縁体が、デオキシチミジンであることを特徴とする請求項1記載の2-チオウリジン類縁体の合成法。

【請求項6】
 
2-チオウリジン類縁体が、2-チオデオキシチミジンであることを特徴とする請求項5記載の2-チオウリジン類縁体の合成法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001071331thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close