Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ジハロゲン化物、高分子化合物及びその製造方法

(In Japanese)ジハロゲン化物、高分子化合物及びその製造方法 commons foreign

Patent code P100001319
File No. 04T228P/JP
Posted date Dec 6, 2010
Application number P2005-518020
Patent number P4534044
Date of filing Feb 15, 2005
Date of registration Jun 25, 2010
International application number JP2005002272
International publication number WO2005078002
Date of international filing Feb 15, 2005
Date of international publication Aug 25, 2005
Priority data
  • P2004-041996 (Feb 18, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)山本 隆一
  • (In Japanese)福元 博基
  • (In Japanese)麻生 隆浩
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京工業大学
Title (In Japanese)ジハロゲン化物、高分子化合物及びその製造方法 commons foreign
Abstract (In Japanese)本発明の目的は、可溶性、耐熱性、電気化学的活性と蛍光生を有する機能材料としての用途が期待できる新規なπ共役高分子化合物と、その製造方法を提供することにある。
下記式で示されるジハロゲン化物。
【化1】
 



(式中、R1は、ハロゲンを示し、R2は、アルキル基、又は置換基を有するシリル基を示し、R3は、水素又はアルキル基を示す。)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、芳香族系高分子化合物 は耐熱性、電気化学的活性、蛍光を有する材料として注目されており、例えば蛍光材料への応用展開が進められている。例えば、ポリアニリンやポリチオフェン等が、その電気化学的レドックス反応の応用により電池活物質機能があることが期待されている(A.G.MacDiarmid等 PCT Int.Appl. 82-US299)(「ポリマーバッテリー」山本、松永著、共立出版(1990))。
また、ポリパラフェニレン系高分子については高い耐熱性が期待され、(ポリパラフェニレンのベンゼン環の間をエチレン基で結合したポリ(9,10-ジヒドロフェナントレン-2,7-ジイルも合成されてきた(polym. Bull. 30巻,285頁(1993)。
【非特許文献1】
A.G.MacDiarmid等 PCT Int.Appl. 82-US299(「ポリマーバッテリー」山本、松永著、共立出版(1990)
【非特許文献2】
polym. Bull. 30巻,285頁(1993)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ジハロゲン化物、高分子化合物、及びその製造方法に関し、特に、特定構造を主鎖内に有するジハロゲン化物、高分子化合物、及び当該ジハロゲン化物を出発原料として得る前記高分子化合物の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式で示されるジハロゲン化物。
【化1】
 


(式中、R1、R1'は、ハロゲンを示し、R2、R2'は、置換基を有するシリル基を示し、R3、R3'は、水素又はアルキル基を示す。)

【請求項2】
 
置換基を有するシリル基が、Si(CH3)3、Si(n-C4H9)3、Si(t-C4H9)3、Si(CH3)2(C6H5)、Si(CH3)2(n-C18H37)からなる群から選択される少なくとも1種である請求項1記載のジハロゲン化物。

【請求項3】
 
アルキル基が炭素数1~20の間のアルキル基である請求項1又は2項に記載のジハロゲン化物。

【請求項4】
 
下記式で示される構造を主鎖内に有する高分子化合物。
【化2】
 


(式中、R2、R2'は、置換基を有するシリル基を示し、R3、R3'は、水素又はアルキル基を示す。)

【請求項5】
 
下記式で示される請求項4記載の高分子化合物。
【化3】
 


(式中、R2、R2'は、置換基を有するシリル基を示し、R3、R3'は、水素又はアルキル基を示す。nは重合度を表し、5~1000である。)

【請求項6】
 
さらに、請求項4に記載の式で示される構造及びそれ以外の構造からなる共重合体からなる請求項4記載の高分子化合物。

【請求項7】
 
前記共重合体が、下記式、
【化4】
 


(R4、R4'及びR5、R5'は、アルキル基を示す。)
【化5】
 


(R6、R6'は、置換基を有するシリル基。R7、R7'はアルキル基を示す。)
【化6】
 


(R6、R6'は置換基を有するシリル基を示す。)
【化7】
 


(R6、R6'は、置換基を有するシリル基。R7、R7'はアルキル基を示す。)
【化8】
 


(R7、R7'、R8、R8'、R9、R9'はいずれもアルキル基を示す。)
からなる群から選択される少なくとも1種である請求項5記載の高分子化合物。

【請求項8】
 
アルキル基が炭素数1~20の間のアルキル基である請求項4~7項のいずれか1項に記載の高分子化合物。

【請求項9】
 
請求項4~8項のいずれか1項に記載の高分子化合物を、請求項1又は2項に記載のジハロゲン化物を脱ハロゲン化して重合することにより得ることを特徴とする高分子化合物の製造方法。

【請求項10】
 
脱ハロゲン化重合が、パラジウム化合物またはニッケル化合物の存在下で行なわれる請求項8記載の高分子化合物の製造方法。

【請求項11】
 
請求項4~8項のいずれか1項に記載の高分子化合物を用いて得られる薄膜。

【請求項12】
 
4,4'-ジブロモ-ビフェニル-2,2'-ジカルバルデヒドに、四塩化チタンと亜鉛を加えることを特徴とする2,7-ジブロモ-トランス-9,10-ジヒドロフェナントレン-9,10-ジオールの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close