Top > Search of Japanese Patents > SPECIFIC BLOOD PRESSURE INFORMATION GENERATOR

SPECIFIC BLOOD PRESSURE INFORMATION GENERATOR meetings

Patent code P100001329
File No. P08-029
Posted date Dec 13, 2010
Application number P2009-137725
Publication number P2010-279654A
Patent number P5130590
Date of filing Jun 8, 2009
Date of publication of application Dec 16, 2010
Date of registration Nov 16, 2012
Inventor
  • (In Japanese)嶋脇 聡
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
Title SPECIFIC BLOOD PRESSURE INFORMATION GENERATOR meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a device that more securely generates the information of blood pressures including venous ones.
SOLUTION: The generator uses a first pressure period of time when a pressure beyond the systolic period blood pressure is applied to a pressured region of a living body, and a second pressure period of time when the pressure applied in the first pressure period of time is gradually reduced. In the second pressure period of time, near-infrared ray is irradiated to an inspection region of the living body distally located from the pressured region to photograph an image of the near-infrared ray transmitting the inspection part. The data including the luminance of each photographed image and the pressure when this image is obtained corresponds to each other are stored and arranged in chronological order to form a luminance transition curve. On the luminance transition curve, several points appear where the luminance makes characteristic changes. Some of these points are the points where the applied pressure corresponds to the systolic period blood pressure or venous blood pressure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


血圧測定を行うには、通常、カフ(Cuff)で局部を圧迫して動脈、静脈を閉塞させた後のカフ圧の微速減圧過程でコロトコフ音を検出する。このようにして測定される血圧は動脈の血圧のことであり、収縮期血圧(最高血圧)及び拡張期血圧(最低血圧)として知られている。これに対して、静脈の血圧はコロトコフ音を検出することにより測定することができないため、従来、カテーテルを用いて観血的(侵襲的)に静脈血圧は測定されていた(例えば、特許文献1)。観血的な血圧の測定は、資格保有者が行う必要があり、誰もが日常的にできるものではない。また、観血的な血圧の測定は、被験者に対する負担やリスクがある等の問題点があるため、静脈血圧は血圧測定に重要な影響を与える要素であることが理解されながら、ほとんど測定されることがなかった。



そこで特許文献2は、非侵襲的に、誰もが簡単に末梢静脈血圧を測定する手法を提案している。この提案は、腕帯を上腕に装着して、加圧後の微速減圧過程で腕帯圧を測定するとともに、腕帯装着部よりも末梢側に末梢静脈血圧センサを装着して、腕帯圧変化に対応して、末梢静脈血圧(相対値)を順次求め、さらにこの末梢静脈血圧(相対値)のピーク点を求め、ピーク点に対応する腕帯圧を最大末梢静脈血圧とするというものである。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、血圧を特定するのに有用な血圧情報を非侵襲的に生成できる装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体の圧迫部位に収縮期血圧を超える圧迫力を付与する第1圧迫期間と、前記第1圧迫期間の後に前記圧迫力を漸減させる第2圧迫期間とを与える圧迫部と、
前記第2圧迫期間において、前記圧迫部位より遠位に位置する前記生体の検査部位に近赤外光を照射する光源と、前記検査部位を透過した光により形成される透過画像を撮影するカメラとを備える撮影部と、
撮影された前記透過画像の輝度を求めるとともに、求められた輝度を時系列的に繋いで輝度変移曲線を生成する制御部と、を備え
前記制御部は、
前記第2圧迫期間において、
前記輝度変移曲線において前記輝度が急減した時の圧迫力を収縮期血圧と判断し、かつ、
前記輝度が急減した後に、前記輝度が上昇に転じた時の圧迫力を静脈血圧と判断する、
ことを特徴とする血圧特定情報生成装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009137725thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close