Top > Search of Japanese Patents > PROCESS FOR MANUFACTURING BIO-DIESEL FUEL

PROCESS FOR MANUFACTURING BIO-DIESEL FUEL commons meetings

Patent code P100001335
File No. P09-005
Posted date Dec 13, 2010
Application number P2009-187118
Publication number P2011-037997A
Patent number P5230562
Date of filing Aug 12, 2009
Date of publication of application Feb 24, 2011
Date of registration Mar 29, 2013
Inventor
  • (In Japanese)倉山 文男
  • (In Japanese)鈴木 昇
  • (In Japanese)佐藤 正秀
  • (In Japanese)古澤 毅
  • (In Japanese)吉川 朋美
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
Title PROCESS FOR MANUFACTURING BIO-DIESEL FUEL commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a process for manufacturing a bio-diesel fuel which is easy to commercialize (industrially produce) while enhancing the activity of a catalyst, a bio-diesel fuel manufactured by this manufacturing process, a capsulated catalyst, and a process for producing this capsulated catalyst.
SOLUTION: In manufacturing the bio-diesel fuel by the transesterification of raw materials of fats and oils with a lower alcohol, a catalyst existing in a capsule is used and the bio-diesel fuel is manufactured by using the manufacturing process. The capsulated catalyst having at least one kind selected from the group consisting of alginic acids and the like as a capsular wall and at least one catalyst selected from the group consisting of an alkali solid catalyst and the like existing in a capsule is used in manufacturing the bio-diesel fuel. Furthermore, the capsulated catalyst is produced by the double-pipe nozzle method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


バイオディーゼル燃料(Biodiesel Fuel)は、植物油脂や動物油脂又はその廃油であるバイオマス資源を原料とするため、カーボンニュートラルな燃料として近年注目されている。



バイオディーゼル燃料は、様々な製造方法によって製造することができる。こうした製造方法の一つに、植物油脂とメタノールとのエステル交換反応によってバイオディーゼル燃料の主成分となる脂肪酸メチルエステル(FAME)を合成する方法がある。この製造方法では触媒を利用することから、脂肪酸メチルエステルを効率よく生産するための触媒開発が行われている。



こうした触媒として、酸化カルシウム(CaO)等のアルカリ固体触媒の利用が検討されている。酸化カルシウムは、安価で入手が容易である。しかしながら、例えば、酸化カルシウムは活性が低いという性質があり、その改良が検討されている。



特許文献1には、固体塩基触媒として、15以上の塩基強度(H_)を有し、かつ、0.1mmol/g以上の塩基量を有した酸化カルシウムからなることを特徴とするバイオディーゼル油製造用固体塩基触媒が記載されている。そして、このバイオディーゼル油製造用固体塩基触媒が、生石灰、炭酸カルシウム、酢酸カルシウム及び消石灰からなるグループより選ばれた原料を、水と炭酸ガスを実質的に含まない気体の雰囲気下にて300℃以上の温度で焼成することにより得られたものであることを特徴としている。そして、この固体塩基触媒を用いた場合には、極めて高い反応効率を達成することができる旨記載されている。



非特許文献1では、植物油脂とメタノールのエステル交換反応によるバイオディーゼル油の製造に用いる効果的な不均一触媒を開発するためにCaOの触媒活性を高める研究が紹介されている。具体的には、同文献では、CaOをメタノールで前処理してエステル交換反応に用いる旨が記載されている。



特許文献2には、原料油脂とアルコールとのエステル交換反応によってバイオディーゼル油を製造する際に使用される固体触媒であって、この触媒が、塩基強度(H_)9.3以上の酸化カルシウム、又はこの酸化カルシウムを水和して得られた水酸化カルシウムのいずれか一方を原料とし、この原料をグリセリンのメタノール溶液と加熱還流下で反応させることによって得られたカルシウムジグリセロキシドであることを特徴とするバイオディーゼル油製造用固体触媒、が記載されている。同文献によれば、高活性な酸化カルシウムを使用した時と遜色ない反応実績をあげながら、無機分の残存量がより少ない高品質なバイオディーゼル油が得られる、とのことである。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、バイオディーゼル燃料の製造方法、バイオディーゼル燃料、カプセル化触媒、及びこのカプセル化触媒の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
原料油脂及び低級アルコールをエステル交換反応によりバイオディーゼル燃料を製造するに際し、原料油脂に分散させたアルカリ固体触媒を芯物質とし、二価カチオンで硬化させたアルギン酸類を壁材とするカプセルを用いることを特徴とするバイオディーゼル燃料の製造方法。

【請求項2】
 
前記アルカリ固体触媒がCaO又はCa(OH)2である、請求項1に記載のバイオディーゼル燃料の製造方法。

【請求項3】
 
請求項1又は2に記載のバイオディーゼル燃料の製造方法を用いて製造されることを特徴とするバイオディーゼル燃料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009187118thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close