Top > Search of Japanese Patents > BIOCOMPATIBLE POLYMER SENSOR AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

BIOCOMPATIBLE POLYMER SENSOR AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME meetings

Patent code P110001438
File No. E092P15
Posted date Jan 11, 2011
Application number P2010-292988
Publication number P2012-141186A
Patent number P5704696
Date of filing Dec 28, 2010
Date of publication of application Jul 26, 2012
Date of registration Mar 6, 2015
Inventor
  • (In Japanese)濱田 浩幸
  • (In Japanese)蒋 永剛
  • (In Japanese)樋口 行平
  • (In Japanese)前中 一介
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)公立大学法人兵庫県立大学
Title BIOCOMPATIBLE POLYMER SENSOR AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a polymer substrate that is biocompatible and may be adhered to various types of adherend including a skin, and a method for manufacturing the same.
SOLUTION: A biocompatible polymer sensor 100 comprises: a substrate 10; a pair of lines 11 and 12 formed on the substrate 10; a piezoelectric member 13 formed on the substrate so as to cover part of the lines 11 and 12; and a film member 14 covering the piezoelectric member 13. The piezoelectric member 13 is a layer made of a piezoelectric material such as PVDF and has a thickness of approximately 0.5 μm to 3.0 μm. The film member 14 is made of a flexible resin such as PDMS and has a thickness of approximately 0.5 μm to 3.0 μm. The piezoelectric member 13 and the film member 14 may be formed by an inkjet printing method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から、下記特許文献1に開示されているように、生体内の蠕動運動を直接的に測定する際に適用可能とすることができる歪センサが公知となっている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、被貼付物に貼付することが可能な生体適合性ポリマーセンサ及びその製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
可撓性を有した基板と、
前記基板上に形成され、厚さがμmオーダーの第1の配線と、
前記基板上に形成されているとともに、前記第1の配線の少なくとも一部と電気的に接触するように形成され、厚さがμmオーダーの圧電部材と、
前記圧電部材に少なくとも一部が接触するように形成され、厚さがμmオーダーの第2の配線と、
前記圧電部材上に形成され、厚さがμmオーダーのポリジメチルシロキサンからなるフィルム状部材と、を備えていることを特徴とする生体適合性ポリマーセンサ。

【請求項2】
 
前記可撓性を有した基板が、厚さがμmオーダーのポリジメチルシロキサンからなるフィルム状部材であることを特徴とする請求項1に記載の生体適合性ポリマーセンサ。

【請求項3】
 
前記圧電部材が、圧電材料とポリウレタンとを含む複合材料からなるものであることを特徴とする請求項1又は2に記載の生体適合性ポリマーセンサ。

【請求項4】
 
前記圧電部材とフィルム状部材との間に、ポリウレタン層が形成されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の生体適合性ポリマーセンサ。

【請求項5】
 
請求項1に記載の生体適合性ポリマーセンサの製造方法であって、
ジメチルビニル末端ジメチルシロキサンと、テトラメチルテトラビニルシクロテトラシロキサンとを10:1~9:2で混合した後に、トルエン、ジエチルエーテル、テトラヒドロフラン、又は、酢酸エチルを加えて得た溶液を用いて、インクジェット方式の印刷によって、前記フィルム状部材を形成する工程を有していることを特徴とする生体適合性ポリマーセンサの製造方法。

【請求項6】
 
請求項1に記載の生体適合性ポリマーセンサの製造方法であって、
ポリフッ化ビニリデン、又は、ポリフッ化ビニリデンとポリウレタンとの混合物に、N,N-ジメチルホルムアミド、テトラヒドロフラン、又は、アセトンを加えて得た溶液を用いて、インクジェット方式の印刷によって、前記圧電部材を形成する工程を有していることを特徴とする生体適合性ポリマーセンサの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010292988thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO MAENAKA Human-Sensing Fusion AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close