Top > Search of Japanese Patents > TWO-DIMENSIONAL BAR CODE, AND READING SYSTEM AND GENERATION SYSTEM THEREOF

TWO-DIMENSIONAL BAR CODE, AND READING SYSTEM AND GENERATION SYSTEM THEREOF UPDATE_EN meetings

Patent code P110001446
File No. 21‐1
Posted date Jan 17, 2011
Application number P2009-136882
Publication number P2010-282530A
Patent number P5392711
Date of filing Jun 8, 2009
Date of publication of application Dec 16, 2010
Date of registration Oct 25, 2013
Inventor
  • (In Japanese)六井 淳
Applicant
  • (In Japanese)静岡県公立大学法人
Title TWO-DIMENSIONAL BAR CODE, AND READING SYSTEM AND GENERATION SYSTEM THEREOF UPDATE_EN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To divert a part of an existing algorithm to reduce costs when a color two-dimensional bar code is used instead of an existing monochrome two-dimensional bar code.
SOLUTION: This two-dimensional bar code reading system is provided with: a loading means 13 for loading a two-dimensional bar code 1 in which each of a plurality of cells divided like a matrix is expressed in any of predetermined 2kcolors as loaded data when the two-dimensional bar code 1 is read; a restoration means 52 for restoring original information from the loaded data; and a storage means 4 in which various kinds of information are stored. The system is also provided with a multilayering means 6 for converting the two-dimensional bar code into multilayered two-dimensional bar code 3 having k layers of two-dimensional bar code 2 in which each of the plurality of cells divided like the matrix is expressed in any of two colors, based on the loaded data, and performs processing for restoring the original information to the plurality of two-dimensional bar code 2 constituting the multilayered two-dimensional bar code 3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

文字等の情報を光学的に読取り可能に表したものとして、物品の流通管理等に用いられる1次元バーコードが従来から一般に広く知られているが、近年の情報化社会の到来に伴い、マトリックス状に区画された複数のセルを有して記憶可能な情報量を増加させたマトリックス型の2次元バーコードの開発が進み、その幾つかが実用化されている。

この2次元バーコードを構成する複数の各セルは、通常、白黒の何れかの色によって表現されているが、さらに多くの情報を記憶可能にするために、複数の各セルを2のk乗色の何れかのカラーによって表すことによりカラー化された2次元カラーバーコードが公知になっている(例えば、特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、種々の情報を記憶可能な2次元カラーバーコードに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
マトリックス状に区画された複数のセルを有して各セルが予め定められた2のk乗色のカラーの何れかで表されるマトリックス型の2次元カラーバーコード(1)を読取るにあたり、該2次元カラーバーコード(1)を取込データとして取込む取込手段(13)と、該取込データから元情報を復元する復元手段(52)と、上記取込データ又は元情報が記憶される記憶手段(4)と、上記取込データに基づいて、マトリックス状に区画された複数の各セルが2色のカラーの何れかで表される2次元二値化バーコード(2)をk層有する多層化2次元バーコード(3)に変換する多層化手段(6)とを備え、該多層化2次元バーコード(3)を構成する複数の2次元二値化バーコード(2)のそれぞれに対して元情報を復元する処理を行うように復元手段(52)を構成した2次元バーコード読取システム(22)において読取り対象となるとともに4辺を有する方形状に形成されてなる2次元カラーバーコードであって、上記多層化2次元バーコード(3)を構成するk層の2次元二値化バーコード(2)が白と各層によって異なる所定色との2色によって塗り分けられ、該k色の所定色がk色の基準カラーになり、上記4辺沿う上辺部(41a)、下辺部(41b)、左辺部(41c)及び右辺部(41d)の4つの辺部(41a,41b,41c,41d)を有して該4辺を囲繞する方形枠状に形成された帯状領域(41)と、上記4辺の内側の領域である情報格納領域(43)とを備え、前記帯状領域(41)には、方向特定ができ且つ情報格納領域(43)と区別可能なように基準カラーを配色し、該k色の基準カラーを、上記4つの辺部(41a,41b,41c,41d)の何れに配色したかに関する情報である配色情報が上記記憶手段(4)に記憶され、上記方向特定では、該配色情報に基づいて、所定の基準カラーがどの辺部(41a,41b,41c,41d)に配色されているかを識別することにより、方向を特定し、kの値を4~10の間の何れかの整数に設定した2次元カラーバーコード。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009136882thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close