Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MANUFACTURING TYROSINASE ACTIVITY INHIBITOR

METHOD FOR MANUFACTURING TYROSINASE ACTIVITY INHIBITOR

Patent code P110001454
File No. PA21-019
Posted date Jan 17, 2011
Application number P2009-128842
Publication number P2010-273598A
Patent number P5463075
Date of filing May 28, 2009
Date of publication of application Dec 9, 2010
Date of registration Jan 24, 2014
Inventor
  • (In Japanese)尾関 健二
Applicant
  • (In Japanese)学校法人金沢工業大学
Title METHOD FOR MANUFACTURING TYROSINASE ACTIVITY INHIBITOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tyrosinase activity inhibitor and a melaninogenesis suppressing agent by using hemicellulose content materials such as rice bran and wheat bran.
SOLUTION: Hemicellulose high content plants or its sections are treated by using enzyme or β-glucosidase or xylanase high production aspergillus oryzae having hemicellulose decomposition activity, and the tyrosinase activity inhibitor is manufactured, and used as a melanogenesis inhibitor, a cosmetic for bleaching, and a food browning inhibitor.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



チロシナーゼは、アミノ酸であるチロシンの酸化酵素である。チロシンは、チロシナーゼにより、チロシン→ドーパ(L-DOPA)→ドーパキノンへと酸化される。ここで生成したドーパキノンは、化学的に反応性が高く、何段階かの自動酸化過程で、赤色色素であるドーパクロムを経て、黒褐色のポリマーであるメラニン色素となる。メラニンはシミ、ソバカスおよびアザの原因物質である沈着色素である。このため、チロシナーゼ反応を特異的に阻害することができれば、シミやソバカスの原因である、異常なメラニン産生を阻止することが可能と考えられる(非特許文献1)。また、チロシナーゼは果実や野菜などの食品の褐変現象の原因の1つでもある。したがって、チロシナーゼ反応を抑制することにより食品の褐変を抑制することが可能と考えられる。





一方、穀物などの食品を加工・製造した際、副産物として排出される、米ヌカ、小麦フスマは食物繊維質などの豊富な栄養成分を多く含んでいる。しかし、家畜等への飼料や土壌の改良剤などへの使用のみに留まっており、現状として十分な有効活用がなされていない(非特許文献2)。米ヌカ、小麦フスマの食物繊維は、主に植物細胞壁の構成成分であるセルロース、ヘミセルロース、リグニンの3つの成分から構成されている。なかでも、ヘミセルロースは、米ヌカ、小麦フスマ中の食物繊維の主要成分であり、セルロース以外の糖を総称する。これらの糖は多様な構成をしており、結合様式も複雑になっている。細胞壁の主要成分であるセルロースと水素結合、リグニンと共有結合などを形成しており、細胞壁を補強する働きをしている。骨格となる主鎖の糖に側鎖の糖などが結合した構造をしており、それを分解する酵素のヘミセルラーゼは種類が非常に多い。これまでに、ヘミセルラーゼにより分解されて生じたアラビノースとキシロースが血糖値を抑制する効果や抗酸化能を有することは知られていたが、チロシナーゼ活性の阻害に関与することは知られていない。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、ヘミセルロース含有材料を酵素または麹菌を用いて処理することを特徴とするチロシナーゼ活性阻害剤の製造方法、該方法により得ることができるチロシナーゼ活性阻害剤、それを含むメラニン色素生成抑制剤、美白用化粧料および食品の褐変防止剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ヘミセルロース含有材料をヘミセルラーゼ、ペクチナーゼおよびキシラナーゼから選択
される酵素または麹菌を用いて処理することを特徴とする、チロシナーゼ活性阻害剤の製
造方法。

【請求項2】
 
ヘミセルロース含有材料が小麦フスマまたは米ヌカである、請求項1記載の方法。

【請求項3】
 
ヘミセルロース含有材料が小麦フスマであり、酵素がキシラナーゼである、請求項2記
載の方法。

【請求項4】
 
ヘミセルロース含有材料が米ヌカであり、酵素がヘミセルラーゼおよびペクチナーゼか
ら選択される酵素である、請求項2記載の方法。

【請求項5】
 
麹菌がβ-グルコシダーゼまたはキシラナーゼ高生産麹菌である、請求項1または2記
載の方法。

【請求項6】
 
ヘミセルロース含有材料を酵素または麹菌を用いて処理する前に加熱処理するものであ
る、請求項1~5のいずれか1項記載の方法。

【請求項7】
 
加熱処理がマイクロ波を用いて行われる、請求項6記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close