Top > Search of Japanese Patents > GOLD (I) COMPLEX SALT, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, METHOD FOR IDENTIFYING SOLVENT AND LUMINOUS LIQUID

GOLD (I) COMPLEX SALT, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, METHOD FOR IDENTIFYING SOLVENT AND LUMINOUS LIQUID

Patent code P110001504
File No. 13301
Posted date Jan 28, 2011
Application number P2009-116985
Publication number P2010-265204A
Patent number P5522352
Date of filing May 13, 2009
Date of publication of application Nov 25, 2010
Date of registration Apr 18, 2014
Inventor
  • (In Japanese)青柳 登
  • (In Japanese)下条 晃司郎
  • (In Japanese)長縄 弘親
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title GOLD (I) COMPLEX SALT, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, METHOD FOR IDENTIFYING SOLVENT AND LUMINOUS LIQUID
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a gold (I) complex salt that has high luminous efficiency, is liquid at a room temperature and has preservation stability, a method for producing the same, a method for identifying a solvent and a luminous liquid.
SOLUTION: The gold (I) complex salt comprises a substituted imidazolium cation and a dithiocyanato gold (I) anion. Preferably the substituted imidazolium cation is a 1-alkyl-3-methylimidazolium cation.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



発光デバイスや揮発性有機分子の検出への応用が期待されている金(I)錯体において特に注目されているのがAuI-AuI間における金原子間相互作用(aurophilic interaction)を利用した錯体合成である(非特許文献1~5参照)。その相互作用と発光現象は密接に関連しており、AuI-AuI間距離が3.6Å以内に近づくと発光すると報告されている。この金原子間相互作用は水素結合に匹敵する強さを持ち、容易に自己組織化する。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、金(I)錯塩とその製造方法および溶媒の識別方法ならびに発光性液体に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
1-アルキル基の炭素数が1~10の1-アルキル-3-メチルイミダゾリウムカチオンとジチオシアナト金(I)アニオンとからなる、室温(25℃)で液状の金(I)錯塩。

【請求項2】
 
請求項1に記載の金(I)錯塩の製造方法であって、ジチオシアナト金(I)の金属塩を溶媒に溶解した溶液と、1-アルキル基の炭素数が1~10の1-アルキル-3-メチルイミダゾリウムハロゲン化物を溶媒に溶解した溶液とを混合し、生成した金属ハロゲン化物を除去し、溶媒を除去することにより、1-アルキル-3-メチルイミダゾリウムカチオンとジチオシアナト金(I)アニオンとからなる金(I)錯塩を得ることを特徴とする金(I)錯塩の製造方法。

【請求項3】
 
請求項1に記載の金(I)錯塩を識別対象の溶媒に溶解させ、凍結させた後、溶媒に光源からの紫外光を照射し、その発光色により溶媒を識別することを特徴とする溶媒の識別方法。

【請求項4】
 
1-アルキル基の炭素数が1~10の1-アルキル-3-メチルイミダゾリウムカチオン、下記一般式(3):
【化1】
 


(式中、R12~R15は炭素数1~12のアルキル基を示す。)で表わされる置換アンモニウムカチオン、および下記一般式(4):
【化2】
 


(式中、R16~R19は炭素数1~12のアルキル基を示す。)で表わされる置換ホスホニウムカチオンから選ばれるいずれかのカチオン種とアニオン種[SCN]-との塩であるイオン液体にハロゲン化金(I)を溶解してなる、室温(25℃)で液状の発光性液体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close